ホメるが勝ち! (講談社文庫)

  • 118人登録
  • 3.18評価
    • (3)
    • (9)
    • (38)
    • (5)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 酒井順子
  • 講談社 (2001年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062732710

ホメるが勝ち! (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 疲れたというか、感心させられたというか、そんな気分です。

    読み終えて、みんな、こんなにたいへんなことやってるんだなあ、とひとしきり感慨に耽りました。もちろん自分も少しくらいはやってるわけですが。

    世間でおこなわれている「ホメ」を、ひたすら書き連ねたエッセイです。OLどうしのホメ合いから始まって、相手のファッションをホメる、嫁が姑をホメる、友人の彼氏や夫をホメる、料理をホメる、得意先や上司へのおべっか、メディアに氾濫するさまざまな賞賛の声、といった例について、事細かに語られています。

    ゲームか何かだと思って、積極的にホメてみようと思いました。

  • 読みながら何度も笑ってしまいました。もう5年以上前の本なのに、やっぱり人間の根底に流れるものは不変なんでしょうかねぇ。これを読んで、褒められて有頂天になる自分も再確認できたし、人の彼氏の愚痴に同意しない、とかオンナのちっちゃな常識も身に付いたので良かった良かった。もっと早く読むべきでした。

  • 著者のほかの本とかぶってるの内容も多々ありましたが、楽しめました。
    ためになります(笑)
    実践可だと思いますが、あまり調子にのってやりすぎると確実に嫌味になってしまうので 要注意です。
    人の彼氏・人の子供・・ ホメるとこがないときの対処法が がっつり書かれてて、かなーーーーーり当てはまります。
    リアルで誉められても こうゆう場合はこうなんだよな~~~とか裏をかいてしまうと、こいつ嫌味行ってんじゃねーかー!と 素直に喜べなくなるので、、、、
    今 現在自称素直だと思ってる方は読まないほうがいいです。
    自称根性悪ですな方は 根性悪に磨きかかると思われます。

  • 「褒める」ことに関するエッセイ。
    「天然ボケという女性は、この世に存在しない」というのは、人それぞれの感じ方・考え方だからなんともいえないが、適度な「ホメ」は生きる上で必要だと思った。

    解説の読後感の悪さは、どうなんだろう。
    ああいうのは解説とは言わない気がするんだけどなぁ。

  • いろいろなホメ話。なるほどなーと納得したり、アルアルーと思うのもあれば、「私はそこまで深く考えていないし、腹黒くない」と思えるのもあって、酒井さんと比較して、私はまだ純真なのだ、と思えたりもするし、あーやっぱこういう事考える女の人って私だけじゃないのね、と安心したり。ちょっと、ながい。

  • なんて、面白くて、ある意味ヤバいエッセイなんでしょう・・・
    笑顔の裏で、こんなことを思っているというのが赤裸々に暴露されていて、ある意味発禁ものです~
    日本でしかこういう形のホメ文化って無い気がします。実はすっごく高度なテクニックですよね・・ツラが割れそうになるもの(笑)

  • 私はこんなに色々考えながら暮らしてないので、
    もっと気を遣って生きるべきなのか?と考えてしまった。

    共感したのは、
    ・本人ではなくその友人等に褒め言葉を伝えて、本人に伝えてくれることを願うホメ
    ・こんなの初めて!のホメ

    くらいかな。

    一番面白かったのは、

    「天然ボケ」という女性は、実はこの世に一人もいません。

    と断言しちゃってること 笑
    少しくらいは実在する気がするんだけど、私も騙されてるのかなー 笑

  • 男はおだてとけばいいのよ。

    この人のエッセイ?はとても好きである。



    しかし、この解説ものすごく失礼なんだけど。
    いっそ載せないほうがいいと思ふ。
    わざわざ載せるなんて文壇での権力者なのかなぁ。
    文章へた、所詮お嬢ちゃんエッセイストとか書くなよ。

  • タイトルがすべて。別に1冊の本にするほどじゃない。

  • 臨機応変にホメる!!っていうのは人間関係を円滑にする大切なものっていうことを面白おかしくかいてあって笑いながら読んでしまった。

全12件中 1 - 12件を表示

ホメるが勝ち! (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ホメるが勝ち! (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ホメるが勝ち! (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ホメるが勝ち! (講談社文庫)はこんな本です

ホメるが勝ち! (講談社文庫)のKindle版

ホメるが勝ち! (講談社文庫)の単行本

ツイートする