有限と微小のパン (講談社文庫)

  • 4926人登録
  • 3.72評価
    • (481)
    • (598)
    • (986)
    • (36)
    • (4)
  • 428レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2001年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (870ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062732949

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

有限と微小のパン (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • いつも通りの読んでる間のすいすいすい感そしていつも通りの読み終わったあとの残尿感。
    S&Mシリーズって、犀川先生と萌絵ちゃんじゃなくて犀川先生と真賀田博士のお話やったのね。と思った。まさかこんな終わり方というか、こんな気持ちにさせられる終わり方が待っていたとは。最後萌絵ちゃんの圏外感が凄かったな。
    数奇にして模型とか他の巻もそうやったけど、こんなに分厚くても、読み終わってみてこんなに分厚いお話を読んだっていうような感じはしない。ふしぎー
    森博嗣氏の他の本も読んでみたいなーとは思い中。
    しっくり来させる終わり方って難しいやんなって思うけど、この人の場合はそこに敢えて感を出してこられてる気がしてしまうからまあ何とも。

    あとはまあどうでもいいことやけど、塙博士の最初の見た目の描かれ方が確か「おでこが広めのロン毛」やったと思うんやけどそれで私の中でどうにも落武者みたいなイメージが出来上がってしまって、どう頑張ってもイケメンには直せなかった。
    あと、専門の人に聞きたいのは、ここに描かれている(多分)当時の近未来的な技術って、いまと照らし合わせたらどんなもんなのかっていうところ。森博嗣氏の予測通りに世の中の技術は進歩したのか否か。それ以上なのか以下なのか。ど素人なりの勝手なイメージではそれ以上やったんかなーって思っている。

  • とりあえず分厚い文庫だった。
    でも、読み始めたらあっという間。

    犀川先生と萌絵ちゃんのシリーズ。真賀田四季博士が出てきます。対決…ではないか。争ってはいないから。対面というか、真賀田博士の遊びに入り込んだかんじ。

    現実と虚構の世界が入り交じっていて、現実に属すると思っていたものが虚構だったり…。やがて、その境目や違いの定義すら分からなくなっていった。その感覚はなんだか心地よくって、すっかり真賀田博士の創った世界に私も取り込まれてしまったよう。

    ともあれ、犀川先生がいつになく優しくて、萌絵ちゃんの手を引いて、ユーロパークのアトラクションから抜け出すとことか、いゃあ、良かった。

  • 圧倒的なボリウムがあるのだけど、一気に読める。動機ではなく、人の命を奪うという行為の表象をえがくとこうなるのだと。Fになるからここまできちんと軸が通っている。ラストも爽快感がある。

  • 現実と虚構をテーマにしたのは面白かったが、ミステリーとしての面白さとは違うかな。

    「人間の能力とは、現象を把握することだ。現象と現象の関係を結ぶことだよ。それはつまり、問題を組み立てる、何が問題なのかを明らかにすることだ。」(459頁)

  • 3
    S&M最終作。長崎のソフトメーカーナノクラフトで起こるVRを扱った殺人事件の話。真賀田四季が登場。株主の萌絵のための狂言に絡めた話への導入があっさりだし事件の動機とかは詳細に語られず事件の話よりも真賀田四季と犀川、萌絵との絡みが主題な感じ。
    君が親の夢は子供に嫌われる。道具等の比較で人間の価値は研ぎ澄まされた思考。生と死、現実と虚構の境界は、煙草が吸えるか否か程度らしい。VRとの絡みで現実との境の曖昧さやAI社会への導入が感じられる。四季との話はまだまだ続きそうな感じ。

  • 2009.11.13読了。

    「半分怒って、半分嬉しいのならば、プラスマイナス・ゼロになる、わけではない。両者のベクトルは一直線上にはない。」
    「こういうとき、当たり前のことを言うのが彼女らしい。とても優しい証拠だ。」
    「西之園君、それ以上、しゃべらない方が良い。しゃべると、自分の言葉で増幅されて、よけい腹が立つよ」
    「『正確な位置を確認したくて、ここにいるわけじゃない』と犀川が淡々と言う。『普通の生活で、街を歩いていても同じこと』位置を確認するために存在しているのではない。価値を確認するために生きているのではない。」
    「今日は考えるのはよそう、などと考えているときには、しかし、必ず考えてしまうものだ。音楽を聴きながら、やがて音楽を聴かなくなる。生きていると、やがて生きていることを忘れるように。」
    「そんな僅かなものに、我々は怯え、そんな微小なものに、我々は生と死を分ける。有限の生と、微小の死を。」

  • こ、これで終わり?と思わず残念に思いました。
    舞台は長崎のテーマパーク。
    ゼミの旅行のため、株主特権で優待旅行をそこに決めたのは萌絵でしたが、萌絵の行くところ当然のように次々と事件が。
    真賀田四季で始まったシリーズでしたが、締めも真賀田四季。
    何だかいいようにけむに巻かれ、全く予想もできないままに終了。
    その最後はずるいです。
    そのせいで二人がくっつくかくっつかないか、もうどうでもよくなったところが不思議。
    天才と秀才の思考回路はわかりません。

  • 読了。

    有限と微小のパン / 森博嗣

    「すべてがFになる」から始まるS&Mシリーズ最終巻
    満を持して真賀田四季登場。
    ネタバレになるのかしら...
    って序盤から存在が早く出てくるけど。

    哲学的で相変わらず難しい、そして分厚い。

    普通に犀川先生とかと接してたらたぶんついていけない。
    常人には理解できない境地にいる感じですかね。
    萌絵と犀川の今後はどうなるのか
    続けていこうと思えばいける終わり方でしょうかね。

    真賀田四季の題材にした
    四季シリーズ春夏秋冬でも今度見てみるかな。

    真賀田四季で始まり真賀田四季で終わる。良いと思います。
    面白かったです。

  • これでS&Mシリーズ完結。冒頭からいきなり登場で内心「おおっ」と思いました。そこからの、流れは緊張感抜群で800ページ超えの分量は気になりませんでした(かなり、重いのには閉口しましたが)。トリックはネタばらしされれば、なーんだって感じ、動機がいまいち不明なのもこのシリーズらしいけど、面白かった。っていうか、終わってないじゃん!こうやって、人は森沼にずぶずぶと嵌っていくのですね……気分も新たにVシリーズへと突入しようと思います。

  • シリーズ最終巻。長崎のテーマーパークで死体が発見される。警察が駆けつけた時には死体は無く、腕だけが残っていた。次々におこる不可解な事件の陰にはあの天才の影が垣間見える。本作の大本のトリックは単純だが、細かいトリックは見抜くのが難しいと感じる。謎を解く鍵は「西尾維新」、「幾何的に空間を捉える」、そして「天才にしか思いつかない大胆な発想」だろうか。この作品で、西尾維新がペンネームを決めたのではないかと感じる。これこそが最大のヒントだろう。本作とすべてがFになるの副題は逆になっているが、内側と外側にも着眼して頂きたい。

  • はぇ~すっごい長い……。 
    なんかもう真賀田四季のせいで精神不安定で情緒不安定だ。 
    私は平凡に暮らしていたい。

  • 集大成という言葉がぴったり。


    S&Mシリーズが終わってしまった。
    この後、短編や他シリーズで犀川と萌絵が登場することを知っているからこそ、二人の関係の描写が不完全燃焼なところは飲み込める、知らなかったらすっごいモヤモヤしそう。

    それにしても、真賀田四季の存在感はシリーズ全編を通しても圧倒的過ぎる。登場するだけで、物語に緊張感が増す。

    学生時代に、「どんなに理系の方が文系より頭の回転が早く、頭が良く、文系よりすごいと言われたとしても、結局国を動かすのは文系なんだよね」っていう話にすごい共感したのだけど、
    このシリーズを読んでいると、実は文系は理系の手の平で転がされ、踊らされているだけでしたっていうのが現実なんじゃないか?って思ってしまう。

    そういえば、事件が解決した後に、「もうこりごり?」「・・・俺に」と聞いた犀川先生にキュンとしました♡

  • 誰の物語だったのだろうか
     長崎のテーマパークを訪れた西之園萌絵。彼女の目の前で次々と起こる殺人事件には、真賀田四季の存在が見え隠れします。VRを通じた接触、そこは未知なる世界。現実と虚構の区別がつかなくなり、自分は誰だと自問自答する。相手は天才、通じ合えるのはもう1人の天才。
     本シリーズも最終巻ですが、相変わらずストレートな変化球で楽しませてくれます。独特で詩的な表現が事件のヒントになっていたり、時にはただの意味なしジョークであったり、作中全体で自由に遊んでいる様子が浮かびます。
     犀川(S)と萌絵(M)のイニシャルから、S&Mシリーズと呼ばれていますが、最後の最後で分からなくなってしまいました。さすが&森博嗣、といったところでしょう。

  • シリーズ完結。ボリュームがありますが、その分少し冗長な感じです。VRは今の時代、タイムリー。想像力たくましく読み進めました。犯罪の結末は賛否ありでしょうね。動機に焦点が置かれずに進めていけるキャラクター力はすごいです。

  • 最初から最終巻を想定して執筆している壮大さに驚いた

  • これは単なるミステリーとしてのトリックや動機云々よりも、シリーズ最終巻としての真賀田四季に焦点を当てた一冊のように思われました。
    シリーズ全10作とても読み応えありました。

  • この一冊単体としてはちょっと物足りなさがあるけど、シリーズとして面白かった。
    犀川と萌絵のコンビには楽しませてもらったし、真賀田四季はやはりボスとしてのオーラがあって物語に緊張感が出る。

  • -読了 2016.09.08
    -
    終わってしまった。「すべてがFになる」からはじまって、10冊。途中あきるかなと思ったけど、最後まで楽しく読めた。最後の二冊はぶあつく、最終巻にあたり本作「有限とび微小のパン」は860ページもあったけどあっという間だった。
    -
    間賀田博士の登場に驚くところから始まり、彼女が登場するだけでミステリーにも人間関係にも緊張感が生まれた。
    現実と虚構を行ったり来たりし、なにをもって現実とするのか時々不安になった。
    -
    でも間賀田博士は、犀川先生の言う「もっとも人間らしい」とは違い、普通の意味で人間らしい気持を持っている女性だと感じられた。
    -
    「すべてがFになる」に何度も挫折した過去があるのに、読み始めたらはまってしまった。
    短編、Vシリーズ、四季シリーズも読んでいきたい。
    -

  • S&Mを読んできたよかったな、と思うご褒美のような作品。文章のなかに、過去の断片がちりばめられていてぞくぞくする。

  • さすがに、真賀田四季博士が関わっているというだけで、作品の事件に緊張感が出るし、単純なトリックではありえないという先入観を持って読み進めてしまう。

    一連の事件のトリックも最終巻にふさわしく発想の転換を必要とするものでした。

    ただ、犀川先生と西之園萌絵はどうなるのか、真賀田四季は結局何なのか、もう少しはっきりした答えがほしかったので、少し消化不良という感は否めませんでした。

  • これがS&Mシリーズの最終作なの!?
    きっと、女性ファンは多少なりとも落胆するだろう・・・。
    あぁ、もう一歩の進展を期待してしまった。。。

    相変わらず物語への引き込まれ方は半端ない。
    犀川先生の魅力も、今回は女性陣の魅力も満載でこの長い話も飽きさせないでのめり込ませる。
    ストーリーの割に若干冗長であるかなぁ?とは思ったが、
    文章も、セリフも一々魅力的。

  • ああ……そういうことか……!
    殺人事件の謎解きは、なんちゅーか、それってありなのか?と首をかしげる感じやけど(もちろんまんまと騙された)この最終巻はそこには重点を置いてないからいい気がする(笑)

    じゃあ何が中心なのかといえば、もう間違いなく真賀田博士だよね。
    シリーズ一作目の真賀田四季を最終巻でもう一度。このシリーズのラストにふさわしいキャスティングではないかと。
    犀川先生と絡むときの真賀田博士がかわいいなぁ、と思ったり。でも、そうなると萌絵ちゃんがなんとも切ないなぁ、と思ったり。

    とりあえず、S&Mシリーズ読了したので次はVシリーズに移行します。
    森ミステリーの中毒性と高さにビクビクしながら(笑)四季シリーズまでは読む予定。

  • ううううううううううむ
    という感じ
    犀川先生くらいの歳になってからまた読んでみたい。

  • 安定した面白さ。ところどころにある真賀田四季の暗示。現実と虚構の間での殺人トリック。実写映画化できるだろうか。多分無理だろう。殺人事件が仮想現実内のゲームとは誰も思わない。散りばめられた伏線。結局、真犯人の動機は明確に語られていなかったのが残念。

  •  人間的な欲望に突き動かされる物語ではなく、あくまで精神の充足を求める人同士の問いと応答の応酬を描いた物語だった。そしてこの物語は、何らかの形で描かれ続ける、という期待が持てる終わり方でした。

     冒頭から終盤までは、パラシュートを背負わず空に放り出されたような緊張感があったのに、地上が近づくにつれ急激に重力が弱くなり、緩やかに地上に降り立った。物語の中から夜明けの光を浴びて滑らかに目覚めたような、今まで読んだどの小説とも違う爽やかな読後感でした。

     全十巻の大作をどのように完結させるか?それはとても難しいことですし、正直それほど期待していませんでしたが、森先生は、想像していた方法とは全く違うやり方で物語を収束させたのです。そうです森先生は、概念の狭間にあって、両極に同時に存在することが可能なのです。

     それにしても、今回のどんでん返しは、まるで道尾秀介さんの『カラスの親指』並みにすごかったですす。もう、私は、萌絵が犀川先生を慕う以上に、森先生を慕っています(^^; 犀川先生に接近するあの方の気持ちを追って、次は、Vシリーズ、その次は、いよいよ四季シリーズ、更にGシリーズへとダンジョンを進みたいと思います。

全428件中 1 - 25件を表示

有限と微小のパン (講談社文庫)に関連する談話室の質問

有限と微小のパン (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

有限と微小のパン (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

有限と微小のパン (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

有限と微小のパン (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

有限と微小のパン (講談社文庫)の作品紹介

日本最大のソフトメーカが経営するテーマパークを訪れた西之園萌絵と友人・牧野洋子、反町愛。パークでは過去に「シードラゴン事件」と呼ばれる死体消失事件があったという。萌絵たちを待ち受ける新たな事件、そして謎。核心に存在する、偉大な知性の正体は…。S&Mシリーズの金字塔となる傑作長編。

有限と微小のパン (講談社文庫)の新書

有限と微小のパン (講談社文庫)のKindle版

ツイートする