アルペジオ―彼女の拳銃 彼のクラリネット (講談社文庫)

  • 27人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 新津きよみ
  • 講談社 (2001年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (540ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062733342

アルペジオ―彼女の拳銃 彼のクラリネット (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【2006.07.28.Fri】
    夫の暴力に耐え切れず、由布子は家を出る。手にあるのは偶然手に入れた拳銃。逃避行にはジムのインストラクター逸美が同行することになる。2人はそれぞれ心の奥底にうごめく衝動を抱え、拳銃の力に魅せられる。また学生時代由布子と付き合っていた良介。かれは警察音楽隊に属していた。人の心にはどうしてもぬぐえない矛盾が少なからず存在しているのであろう。恨みや後悔、そして今の自分。口で説明することは出来ても、果たしてそれが真実なのか。そんな人の暗い深層心理を描き出しつつも、時に流れてくるクラリネットの音色。この小説は音楽で人々を優しく包んでくれる。音楽に触れたとき感じるものは、ただそれだけで真摯なものになり得る。そういうことだろう。

  • うーん・・・なんだったのだろう??彼女か赤の他人の為に手を汚したのは・・・。
    ちょっと、切ないなぁ〜でもラストはホッっとしたな〜。

全2件中 1 - 2件を表示

アルペジオ―彼女の拳銃 彼のクラリネット (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アルペジオ―彼女の拳銃 彼のクラリネット (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アルペジオ―彼女の拳銃 彼のクラリネット (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アルペジオ―彼女の拳銃 彼のクラリネット (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする