ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)

  • 1784人登録
  • 3.29評価
    • (63)
    • (150)
    • (559)
    • (30)
    • (5)
  • 146レビュー
著者 : 有栖川有栖
  • 講談社 (2002年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062734509

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
有栖川 有栖
有栖川 有栖
有効な右矢印 無効な右矢印

ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 有栖川有栖の作家アリスシリーズ『ペルシャ猫の謎』を読了。短篇7つを収録した、国名シリーズ第5弾(短篇集としては4作目)。

    本作は少し異色。火村とアリスが全く出ないものや、読者の意見が別れそうな真相のもの(もちろん別れるのは当然だが、もっとはっきりした理由で)などがあり特徴的。

    火村たちが出ない『赤い帽子』という短篇。なんとこれは、大阪府警に勤務する方に向けて作られた社内雑誌にて連載されたものだという。大阪府警の警務部教養課から、「うちの雑誌で推理小説の連載を」と依頼されたとのこと。そんな訳で、以前から活躍させたかったという森下警部が主役になっている。火村たちが出なくても、安定の面白さだった。

    表題作『ペルシャ猫の謎』は、意見が別れそうだと前述した短篇。これは全く予想外すぎた。「ある事」を知っている人なら自力で謎が解けるだろう。そして作中のペルシャ猫の描写も可愛い。個人的に雑種の猫が好みなのだが、読了後には表紙のペルシャ猫も可愛く見えてしまった。

    また、ミステリとは言えないようなものもあった。これは単にオレがそう感じただけであり、読者によっては違和感はないかもしれない。それは各々の持つ、ミステリというものの解釈次第であろう。

    全体的に意欲的で、評価に値する一冊だった。

  • 看板女優の身代金を要求するビデオが届くー切り裂きジャックを待ちながら
    悪いことをするときはいつでも月がみているーわらう月
    火村のうかない顔は、ある事件現場にちらばった不可解なものにあったー暗号を撒く男
    森下刑事が殺人事件を追うー赤い帽子の男
    火村ゼミの学生のレポートに書かれた助教授の一言ー悲劇的
    ある男が自宅で頭を殴打される。男は犯人が双子の弟だったと主張するがーペルシャ猫の謎
    火村と猫ー猫と雨と助教授と
    以上7本の短編を収録。

    いつもスラっと読んでしまって謎解きが後回しになるので、今度こそ作者の挑戦に勝ってみせると意気込んでいたせいか、違和感。
    作品集としては趣の違うものがズラリと並び飽きないつくりだが、謎解きモノでない作品も3本ほどあったので、ミステリというよりも、謎解きモノも含んだ短編集というのが正しいか。
    そういう目で見れば面白かった。

  • 今回は有栖と火村先生がそんなに出てくるわけでも、軽妙な掛け合いがあるわけでもなかったけれど、森下刑事主役の「赤い帽子」のワンシーンが「砂の器」に似ているなぁ。とか双子で間違えられてとかあるよね・・・等々楽しめました。

  • 頭を殴打された男は朦朧とする意識の中で自身の双子の弟が愛猫を連れ去る場面を目撃する。
    しかし弟にも愛猫にもそれぞれアリバイがあり...。
    あり得ない真相を提示し、シンプルな論理によって証明せんと試みる表題作を含む小粒揃いの7編。

    火村英生と作家アリスの国名シリーズ五作目。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    「買いなさい。損はさせないから」話題騒然の表題作。「ペルシャ猫の謎」。血塗られた舞台に愛と憎しみが交錯する「切り裂きジャックを待ちながら」、名バイプレーヤー・森下刑事が主役となって名推理を披露する「赤い帽子」など、粒よりの傑作集。
    〈国名シリーズ〉第5弾、火村・有栖川の名コンビはパワー全開!

    【キーワード】
    文庫・ミステリー・シリーズ


    +++1

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    「買いなさい。損はさせないから」話題騒然の表題作「ペルシャ猫の謎」。血塗られた舞台に愛と憎しみが交錯する「切り裂きジャックを待ちながら」、名バイプレーヤー・森下刑事が主役となって名推理を披露する「赤い帽子」など、粒よりの傑作集。「国名シリーズ」第五弾、火村・有栖川の名コンビはパワー全開。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    収録作品
    ・切り裂きジャックを待ちながら
    ・わらう月
    ・暗号を撒く男
    ・赤い帽子
    ・悲劇的
    ・ペルシャ猫の謎
    ・猫と雨と助教授と

    猫ですよ~。皆さん大好き猫ですよ~。
    これ、一応国名シリーズ第5弾、と言うことなんですね。

    「ペルシャ」って言う国名は今は存在してないですよね...
    たぶん...
    こじつけ感w

    (いちおう、現在の国名では「イラン」になるそうです)

    最近、有栖川シリーズばかり読んでます...
    そしてペースはがくっと落ちている...

    本自体に魅力がないのではなく、私が本を読む時間が取れてないのです。
    本を読む時間が取れないと殺伐としてきますね!

    いや~...スマホを見る時間が多すぎるんですね...
    スマホから得られる情報量が多すぎるんですね...

    秋の夜長、スマホめぐりは少し休憩して、
    温かい紅茶と良質な本でのんびり過ごしたいものです。

    って感想だよね感想。

    「切り裂きジャックを待ちながら」
    なるほどクリスティの戯曲っぽいの出てきましたね!
    ツリーに死体がぶら下がると言う、派手な演出つきで。
    結末が無理やり感強いのもクリスティっぽくていいですね(ほめてます)。

    ただね、ここらへんなんだか「ミステリー」と言うよりは
    「クイズ」っぽくなって来てるかな?と言う印象。

    いわゆるミステリーの「フーダニット」「ハウダニット」などを
    推理して楽しむ類の作品ではなかったです。

    たぶん、王道からすると「アンフェア」かな?
    心理学っぽいお話もあったし。

    短編ってやっぱり難しいのかな?
    そろそろ長編が読みたいな~。

    あ、でも、火村先生の意外な一面を見るにはよいです♪
    火村先生ファンには最後の作品「猫と雨と助教授と」が短いですがお勧めです!

    雨。猫。助教授。最高の組み合わせですよ~。

    なんだかんだ言いながらも、しばらく有栖川沼にはまってそうですw

  • 変化球多め。もうちょいストレートで勝負して欲しい。

  • 火村アリスシリーズの国名シリーズ。いつものことですが国名はタイトルに一応入っているだけでペルシャは別に関係ないです。
    今回の見どころはやっぱり森下刑事のスピンオフ短編ですかね。警察の機関紙に掲載ってそんなのがあるんですねえ。シリーズの中にあってやっぱり毛色も違って目を引くし、内容もなかなかに面白かった。それに比べると残念ながら表題作はそんなにパッとしなかった印象。他に国名が入る短編があったらそっちが表題作になったけどたまたまなかったから・・・くらいなんじゃないかと邪推してしまったw

  • 作家アリスシリーズ#9(国名シリーズ#5)

    短編集。表題作はちょっとオチが拍子抜けな感じでした。

  • 短編集ということで、アリスの目線以外のお話が読めて新鮮。

    「切り裂きジャックを待ちながら」は凄く映像的で雰囲気が違うなと思ったら
    あとがきでドラマのノベライズだとあって納得。

    森下くんが頑張る「赤い帽子」も好き。
    火村もアリスも出てこないけど。
    アルマーニを着る理由がちょっと良かったな。
    プレッシャーと責任を自分に与えると。

    「ペルシャ猫の謎」はどう受け取ったらいいものか(笑
    とりあえずねこかわいい。

  • 【図書館本】表題作「ペルシャ猫の謎」「猫と雨と助教授と」そして「暗号を撒く男」が好み。他4編も結構好きだけど。多分、新鮮さがスパイスになってるんだろう。ヒムアリ日常編とか、森下活躍編とか。キャラ読みするファンの為の短編集という印象。もちろん、まんまと罠に嵌ったわけだが。 「買いなさい。損はさせないから」確かに損はなさそうだから、買うことにしよう。

  • 再読です。ドラマ化を機に。他の作品の比べるとだいぶ気色の違うものが集まった印象。火村先生のファンにはたまらないであろう「猫と雨と助教授と」最後の一行が印象的な「悲劇的」、火村英生という人物に視点が当てられた作品が多かった気も。そして、お馴染みアルマーニ刑事が主役を張ります「赤い帽子」。あとは「わらう月」物語に終始漂う幻想的ともいえそうな雰囲気がたまりません。異色な短編集でとくに表題作なんかは評価が割れそうですが、個人的にはなかなか好き。気に入っているのは短いなりにも「悲劇的」ですかね^^

  • なんとなくオチが微妙な感じが多かった気が。。。
    有栖久々だったからかなぁ・・・?

  • シリーズ第4短編集。

    切り裂きジャックを待ちながら
    アリバイトリックは、短い中でよく構築したと思った。
    ただし、動機はどうなんだ?

    わらう月
    倒叙に近い作品。
    モチーフをうまく盛り込んで、キレイにまとまっている。
    トリックも奇抜で面白い。

    暗号を撒く男
    変化球。
    広義のミステリなのか、よく分からなかった。

    赤い帽子
    シリーズの番外編的な位置付けだが、本作の中で一番面白かった。
    全体的に良かったが、ラストが一番切れている。

    悲劇的
    出だしは、興味を引いたのに、何だこれは?
    一種のファンサービスなのかもしれないが、戸惑うばかりだった。

    ペルシャ猫の謎
    表題作。
    またしても、変化球。
    アンフェアでもないが、読者に何を届けたいのかよく分からなかった。
    迷走してるのでは?と不安。

    猫と雨と助教授と
    特に感想なし。
    ファンサービスで、シリーズのファンと作者のための一編。

  • 評判通り、ファンのためのボーナストラックといった印象。アリス視点でない作品も幾つかあり、その中でも森下刑事が主人公となった『赤い帽子』は新鮮で読み応えあり。最後の火村先生の愛猫にまつわる超短編はファンであればニヤリとできるほのぼのエピソード。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    「買いなさい。損はさせないから」話題騒然の表題作「ペルシャ猫の謎」。血塗られた舞台に愛と憎しみが交錯する「切り裂きジャックを待ちながら」、名バイプレーヤー・森下刑事が主役となって名推理を披露する「赤い帽子」など、粒よりの傑作集。「国名シリーズ」第五弾、火村・有栖川の名コンビはパワー全開。

    平成27年9月1日~5日

  • ドラマティックなビジュアルの事件から、大阪府警の面々の動きが眼前に見えてまるで刑事になった気分になれる濃い短編、詩的な静けさの作品から賑やかな飲みの席の会話までさまざまな味わいの短編集。
    本書にある全作品には、かならずある一文字の漢字が登場する―という遊び心が楽しい。こんなところに、と嬉しい登場の仕方もあり。

    ◆切り裂きジャックを待ちながら
    主な現場:千里中央 スペースQ
    警察サイド:大阪府警船曳班
    時期:12月24日
    かつてアリスの作品を舞台化したいとコンタクトをとってきた演出助手からの、劇団内の誘拐脅迫事件の相談をきっかけに事件にかかわるアリスと火村。
    元テレビドラマのノベライズらしく、劇的なビジュアル、幕切れが見もの。

    ◆わらう月
    主な現場&舞台:シドニー。語り手の職場、職場近くの喫茶店
    警察サイド:大阪府警船曳班、森下刑事
    時期:8月
    アリスの一人称ではなく、メイン人物の女性が語り手のため、アリスが客観的に見られる珍しい短編。アリスと火村の連携も見どころ。月にまつわるエピソードのあれこれが詩的で不思議な読後感。

    ◆暗号を撒く男
    主な現場&舞台:宝ヶ池の一軒家。新世界の串カツ屋
    警察サイド:「たおやかな風貌だが蝮のようにしつこくてタフ」な京都府警 柳井警部
    時期:11月20日の1週間後
    アリスの先輩作家、朝井小夜子が登場。アリスと火村と3人の飲みの席での事件の話。家のなかに撒かれた物たちの意味は?

    ◆赤い帽子
    主な現場:木津川、大浪橋付近
    警察サイド:大阪府警船曳班、鮫山警部補、森下刑事
    時期:6月10日
    大阪府警の社内雑誌に掲載された、森下刑事が主役の、大阪府警の大阪府警による大阪府警のための短編。
    森下刑事の暮らし方等日常についての考えや、アルマーニのスーツの理由、大阪府警のチームワークが味わえる名スピンオフ。ぜひ次回はコマチさんも交えて。

    ◆悲劇的
    主な舞台:皇居の森を望むとあるホテルのバー、英都大学火村研究室
    警察サイド:登場なし
    時期:アスファルトに枯葉が転がる季節(11月?)および2か月前
    編集担当の相棒・片桐光雄との飲みの席で語られる、火村の書いた合作の小説?のお話。作者いわく「ミステリではなく、火村英生に関する注釈」。ひと休みにコーヒーを呼ばれようと火村の研究室に立ち寄ったアリスに、「読んでみないか」と差し出されたものは?

    ◆ペルシャ猫の謎
    主な現場:武庫川駅近辺の一軒家
    警察サイド:兵庫県警 樺田警部、コーヒー通の野上部長刑事
    時期:2月17日~
    作者公認?の問題作?? アリスの小説のファンがメイン人物として登場。小説内小説のタイトルにまで猫があふれ、読んでいて猫愛に可愛切なくなる、猫好きにはたまらない一編。

    ◆猫と雨と助教授と
    主な舞台:北白川の下宿
    警察サイド:登場なし
    時期:4月
    3月3日に拾われた、猫のモモちゃん登場。瓜太郎、小次郎はじめ、深い理解に基づいて猫への接し方を変えている火村と篠宮時絵ばあちゃんの猫かわりがりの話。雨の夜のイメージが胸にしみる。

  • 作者に本屋で 「買いなさい。 損はさせないから」と念を送られても、これはソンだろ・・・ ^^;; ←図書館派の私。

    読者なめてるとゆーか、ファンに甘えてるとゆーか。
    どれもこれもお粗末だわ~。本格の看板降ろすか国名シリーズやめるかしたらあ、って感じですな。

    個人的にはこのシリーズ好きなんでヘンなとこでは楽しめたんですけど、「国名シリース⑤」とかって銘打っていない限り、振りのお客も来るだろうから、商業誌でこういうのはやめといたほうがいいと思うなあ。

    こりゃ編集者の責任でしょ。講談社の担当編集者、何やってんだろ。まあ、次は長編「マレー鉄道(最近マレーと仲良し^^;;)」らしいので、そっちに期待しよう・・・

  • 初めて読む作家さんですが、読みやすく面白かったです。
    「わらう月」の雰囲気が好きです。
    後書きや解説の様子だと、私は国名シリーズの中でも異端作から読み始めてしまったようですね……
    他の作品も読んでみたいです。

  • 火村・アリスシリーズの短編集。

    今までと異なり、作風の変わった作品ばかり。
    そもそもミステリーでないものも含まれており、好き嫌いが分かれると思う。ただ火村先生のキャラクターを知ることができる。

  • 火村先生シリーズと言えなくもないかなといった感じで火村先生が出てこなかったり、火村先生の猫好きな部分とかミステリーでない作品もあったり。「悲劇的」のオチは反則の爆笑もんでした(笑)

  • 有栖川有栖の国名シリーズ第5弾。
    基本的には作家アリスシリーズではあるが、アリスも火村も活躍しない短編があったり、ミステリですらないものも含まれていたりと、バリエーションは豊富。
    特に、本格ミステリにこだわらなければ、森下刑事が活躍する「赤い帽子」が痛快である。犯人がわかっていても、それを論理ではなく証拠から突き崩そうとする森下の姿勢が実直で、警察小説としても秀逸な作品だ。
    表題作「ペルシャ猫の謎」は何度思い返しても「そんなのありか!」と思ってしまうが、作者の猫好きがそこかしこから感じられて、それはそれで微笑ましい。そのためか、火村も猫好きという設定になっており、ラストの短編は火村の普段からは垣間見えない裏側が見られるということで、ある意味貴重な作品かも。

  • 国名シリーズ第五弾の短編集。
    表題作の『ペルシャ猫の謎』は賛否両論あるらしく、物議を醸した作品、だとのこと。
    私は結構こういうの好き。
    腑に落ちるかどうかは別として。

    火村先生のキャラ設定の話も含んでおりました。
    『悲劇的』は好きです。勢いが。

    そして実はかなり好きな森下刑事が主役の話も!
    アルマーニ刑事のアルマーニを着る理由なんぞもわかっちゃって良かった。がんばれ若造。
    しかし、彼が主役になった理由の一つが、大阪府警限定配布物に連載されたからっていうのに笑った。
    読んでみたい。その配布物。

  • 昔読んだものを再読。赤い帽子がおもしろかったなー

全146件中 1 - 25件を表示

ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)の作品紹介

「買いなさい。損はさせないから」話題騒然の表題作「ペルシャ猫の謎」。血塗られた舞台に愛と憎しみが交錯する「切り裂きジャックを待ちながら」、名バイプレーヤー・森下刑事が主役となって名推理を披露する「赤い帽子」など、粒よりの傑作集。「国名シリーズ」第五弾、火村・有栖川の名コンビはパワー全開。

ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)の新書

ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする