マークスの山(上) (講談社文庫)

  • 2894人登録
  • 3.57評価
    • (254)
    • (424)
    • (693)
    • (61)
    • (20)
  • 292レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (2003年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062734912

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マークスの山(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • マークスの山に取り憑かれた哀しい少年。
    かって、何が起こったのか…
    初期の代表作の1つ。
    刑事物として、迫力があります。

  • サスペンスか警察小説か微妙だが、下巻の紹介文に警察小説と書かれていたのでそちらに分類。同種の凶器による連続殺人の裏に見え隠れする昭和57年の殺人と心中事件、謎の圧力によって間々ならぬ捜査、その中で次第に事件の全体像が浮かんでくる様は、上巻だけでもかなり引き込まれるものがある。事件の発端は、野村の殺人なのか?とか、平成元年の事件の真相は?とか、この時点でもいろいろと想像できるので、想像と比べつつ下巻を読むのも楽しそう。

  • マークスはかわいそうだ。悲しい。
    高村さんの小説で一番好き。
    北岳のエピソードにじんとくる。富士山と昇る朝日を見たかったんだ。その後の状況も病気もどうにもならなかったとしても、よい状態の時に見せてあげたかった。

    文庫でしか読んだことがない。ハードカバーと読み比べたいと思いながら、うかうかしてるうちにハードカバーは図書館でも見かけなくなった。

  • お金があったら、あの子にメロンを買ってあげよう。そう考えた、孤独な男の子のはなし。壮大そうに見えて、たったこれだけのことだった気がする。それがとてもかなしい。

  • 重厚な警察小説。
    文章の端々までに緊張感が漲っている。それが息詰る物語の展開とリアルさを創り出している。様々な伏線が絡み合う物語の構成はさすが。
    丹念な人物描写と心理描写。警察内部での政治的駆け引き。殺人事件の背後に蠢くエスタブリッシュメントの不気味さ。
    ただ、結末に納得がいかない。犯人の動機をしっかり描いて欲しい。
    その点が惜しい。

  • 数年前に一度読んだのですが、文庫で大幅書きかえされたということで、文庫の方を再読!
    相変わらず一気に引き込まれる高村文学!

  • 中学生の時に感動した本。
    もう一回読んでみてもまた感動。

    高野、薦めてくれてありがとう^^!

  • 大阪ダイスキー!
    な高村薫による、合田シリーズ第一作。
    あ、いえ、これは大阪の話ではないんですが……!
    でも高村さんといえば、とかく大阪よね。

    ズック(←文庫版ではシューズかなんかに変更されてて切なかった……)の刑事、合田さんがセンチになったりアグレッシブになったりセンチになったりしながら頑張るよ。という話です。

    高村さんの話はどれも面白いのですが、とかく読むのに体力を使います。
    休日や秋の夜長に、じっくり読むことをオススメします。
    でもこの作品は比較的読みやすいように思う。

    あと、高村さんといえば「加筆修正の鬼」であることで有名です。
    単行本と文庫本では印象が全然違うので、出来れば両方読んで頂きたいところ!
    それと、単行本では全然そんなことないのに、文庫になると突然HOMOっぽくなるのも特徴。
    あまりに突然で、腐女子も戸惑うほどです。
    いやでも、本気面白い! よ!

    そういえば高村さんは頑なに「大阪弁」という言葉を使わず、「大阪言葉」と表現なさるのは何でなんだろう……!
    大阪弁は色気がなくてよろしくないのかしら。

  • マークス、照柿、レディ・ジョーカーと続く合田刑事のお話。
    照柿まで読んでいまだ手に入らないレディ・ジョーカー(涙)方法はいくらでもあるのに腰のおもい人です。図書館いくか…
    重厚でおもしろかった、すごく。覚醒したマークスのもつ、ひんやりとして猛々しい熱をもったような狂気が行間からにじみだしてきて(それは私の妄想ともいう)圧巻でした。照柿もそうです。ミステリという感覚はあまり持たなかったのですが、おもしろかった。マークスは映画にもなっているそうで、いずれチャンスがあれば見てみたい。

  • 直木賞作品ですね。読み応えありの、再読したくなる本でもあります。
    警察の組織と個、権力、そして、悲しき殺人鬼。
    読むにつれて明らかになる事実に胸を躍らせながら、主人公の刑事・合田の葛藤に手に汗握りました。
    私自身は、“お蘭”こと刑事の森が結構気に入っていたりします。若さ故の軽率さも含めて。
    高村薫さんの小説は、他の小説に比べると、若干、完読に時間がかかります。
    なぜだろう? と思っていたら、ページ1ページにおさまる文字数が、通常より多いんですよね。
    これは、高村さん自身確信があることみたいで、この間立ち読みした雑誌で、そのようなことに触れていて、やはり、などと怪しくほくそ笑んだ私でした。

  • 単行本が出た当時読んだ。今回は文庫で読んでるが、やっぱり時間を忘れてページがどんどん進んでいきます。

  • 無関係に見える事件と事件が繋がりをみせていく展開はさすがとしか言いようが無い。

  • 一気によんでいってしまった!!
    だんだん繋がりがわかってきながら
    ゾクゾクしてきます!!!

  • 2007/03/31 sat<br><br>

    知人の置き土産。<br>初めて高村薫を読みました。 <br>
    直木賞受賞作品なんですね。<br> <br>

    ミステリー小説です。 <br>
    登山+警察って感じのお話。<br>
    一家無理心中、アルプスでの撲殺事件、<br>
    さらには東京で起きた2つの殺人事件。 <br>
    全てが繋がっているのだろうけど、 <br>
    上巻ではまだまだわからない。 <br>
    <br>
    最初の方の事件も鍵となっているのはわかるんだけど、<br>
    全貌はどんななのか、早く下巻が読みたいっ!!! <br>
    <br>
    本を開いた瞬間、まず文字の多さに驚きました。<br>
    でもって、最初は飛び飛びになる文章構成に慣れなかったけれど、<br>
    それも慣れると面白くて、楽しく読みました。 <br>
    文章自体は、修飾が多いかなぁとも最初は思ったけど、<br>
    全然しつこくないし、わかりやすい。 <br>
    比喩表現も、読み進めていくうちに楽しめるようになりました。 <br>
    <br>
    <br>
    ちなみに、刑事同士の摩擦とか探り合いとかが生々しく感じて、 <br>
    読み進めながら、 <br>
    知り合いの捜査員たちと照らし合わせてしまったのでした(笑) <br>
    <br>

  • 高村薫作品の中で、最も存在意義が分かりやすい――警察小説・山岳小説としての側面――を前面に押し出した結果、エンタテインメントとして非常に面白い作品となった例。直木賞受賞作品であることからもその辺りの作風であることが窺える。<BR>
    合田雄一郎シリーズの中でも一番読みやすく、また、面白い。風呂場でズック靴を洗いたくなる、それほどまでに心理描写が読者に伝わってくる傑作。

  • 凄く面白い警察小説。人物描写が良。高村氏の作品は『夜這う虫』以来、二つ目。【0509古】

  • 文庫化に際しての大幅な加筆修正が施されているため、文庫派、単行本派に分かれるところ。基本的に文庫の方が、あっさり気味になるため(あくまで高村薫比)、単行本派が多いようだ。最初は文庫から入るといいのではないか、と私的には思う。

  • 何度も読み始めては断念した一冊。そのために4回は読んだであろうオープニングは、何度読んでも新鮮で、面白かった。この前編は素晴しいと思った。犯人はもちろん、刑事の合田の心理描写も絶妙で、彼が分かったような、分からないようなその微妙な感覚がたまらないです。

  • 犯人は誰か分かってるから、合田刑事を追いかけてる感じ。でもまだ分からない部分も多く、張られている伏線を自分で探ってるような気分。
    なかなか読みにくいし、核心へと辿り着くまでに時間がかかる本。でも、それさえクリアすれば、読み応えは十二分。

  • マークス→照柿→LJの順なのに、たまたま家にあったLJから読んでしまったうっかりものです。このシリーズは好きすぎて何もいえない。今度ハードカバー版読む予定。ただマークスはホリケンだと思います。

  • 「俺は今日からマークスだ!マークス!いい名前だろう!」―精神に「暗い山」を抱える殺人者マークス。南アルプスで播かれた犯罪の種子は16年後発芽し、東京で連続殺人事件として開花した。被害者たちにつながりはあるのか?姿なき殺人犯を警視庁捜査第一課七係の合田雄一郎刑事が追う。直木賞受賞作品。
    <br>
    【感想】
    http://blog.livedoor.jp/nahomaru/archives/50022296.html

  • 何気に手にとって読んだ作品。
    骨太感ある作品。

    2017.9.1.

  • 北岳に登ってきたので、高村作品の中で未読だった『マークスの山』を読む。
    相変わらず面白く、寝る間も惜しんで読んでしまう。
    下巻も読み終えたら『マークスの山』を思いつつまた北岳に登りたいと思う。

  • 20年ぶりに再読。最初に読んだときは警察官同士の確執のすさまじさが、事件そのものよりも印象に残ったものだったが、それは変わらなかった。作者の問題意識の中に、政治的な圧力によりわれわれが真相に届かないというもどかしさというよりも怒りというのがあるが、それを刑事たちの心情にたくして、その重層さを同量の活字で表現しようとする高村節が心地よい。疲れるけど(笑。

  • 終盤にかけての緊迫感が印象に残った作品。

全292件中 1 - 25件を表示

マークスの山(上) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

マークスの山(上) (講談社文庫)に関連するまとめ

マークスの山(上) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マークスの山(上) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マークスの山(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マークスの山(上) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

マークスの山(上) (講談社文庫)の作品紹介

「俺は今日からマークスだ!マークス!いい名前だろう!」-精神に「暗い山」を抱える殺人者マークス。南アルプスで播かれた犯罪の種子は16年後発芽し、東京で連続殺人事件として開花した。被害者たちにつながりはあるのか?姿なき殺人犯を警視庁捜査第一課七係の合田雄一郎刑事が追う。直木賞受賞作品。

ツイートする