マークスの山(下) (講談社文庫)

  • 2435人登録
  • 3.58評価
    • (224)
    • (354)
    • (590)
    • (55)
    • (17)
  • 220レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (2003年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062734929

マークスの山(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ミステリーを書く作家は、「真相」から遡っていって謎に巻き込まれる登場人物たちを描かなければならないのだが、その登場人物たちが、いつどうやって「真相」に気が付いていくのかをご都合主義にならずに書くことは難しい。それが「都合よく」にならないようにじっくりと、というよりも作者の相当な執着心によって書かれている。実際に「真相を知らない人」たちが真相に少しずつ近づいていく、その「少しずつ」感が半端ない。

  • ミステリ好きとして読んでおかねばという思いから、高村薫の作品の中から評価が高いものを選んだハズ…だったんだが。しかも直木賞。
    とにかく疲れた!!その一言に尽きる!!Amazonの同じく低評価の人が「最後まで読んだ自分を誉めてあげたい」って書いてたけど、すんげーわかる。もはや内容に触れる力もねえ…。

  • まだ真相にたどりついてない気がする。

  • とにかく長くて重くて、最後あたりはギブアップ気味。登場人物も覚えきれず。

  • 七係の登場人物の説明が押し付けがましくて読み飛ばした。もう少しエピローグながかったら良かった病院後の水沢の主観が気になった。概ね良かった

  • 上下巻を3日間で読了。
    こんな抜群の集中力発揮は久しぶりです。
    読んだ記憶はあっても内容はすっかり忘れ、
    そのまま書棚の奥深くに放置。
    再読の機会が来るはず!と確信をもって
    捨てずにおいたことを今になって思い出します。
    さて今回の結末は忘れていても読み進むうちに
    ある程度予想がついていました。
    合田と水沢の顔合わせは、生きてはないだろうと。
    互いに引き寄せられながらも離れていく、という
    繰り返しは、物語の展開自体が「対峙」を
    拒んでいるのだと思わせます。
    両端の世界にいる2人は、ある瞬間重なって見えます。
    軽い身のこなしや、突然回転し始める頭脳、そして
    時に寡黙となる伏し目がちの姿。
    映像作品は観ていませんが、途中から二者の姿が
    はっきりと脳裏に焼き付いていきました。

    最近は、こうした、反体制を強く打ちだす作品が
    少なくなったと思います。
    読みながらこんなことを言って大丈夫なのかと心配する
    自分を感じながら、それこそが流されている姿なのだと
    思い知らされます。
    本作品が直木賞を受賞した時代背景を改めて
    振り返った次第です。

    あれから20数年。
    自分と同じだけ年を重ねた合田に会ってみたい。

  • 不気味さと狂気を感じさせる殺人犯・マークスがたどり着いたのは「彼」を生んだ山だった。
    この最後に「山」にたどり着いたところがなんとも切ないのである。
    ずっと作品全体に暗い影を落とし続けた「山 」の頂上が開けるラスト。

    これ「山」に捕らわれた人達の物語なのだ。「マークス」の5人にあった「山」は「絆」であり「過去の呪い」でありそして「郷愁」だった。そういった意味では「青春」の匂いさえ感じさせるところもあった。

    ''十三年経って過去を振り返る浅野の言葉のすみずみに、おぞましい郷愁はなかったと言えるか。
    山とは何だろう―――。''

    続きか気になって一気に読んでしまった。警察や検察や権力の攻防も描かれたけど一連の事件を通して「山」の影が背後に見え隠れして、人間の持つ闇に留まらない「暗さ」、緊張感や不気味さが作品に漂ってそれが魔力みたいにページをめくらせる。
    面白かった。

    あと某作家さんが著作で言及されていたように合田刑事と加納検事の何とも形容しがたい関係もとても気になるところ。笑
    (2016.2.7)

  • 殺人犯を特定できない警察をあざ笑うかのように、次々と人を殺し続けるマークス。捜査情報を共有できない刑事たちが苛立つ一方、事件は地検にも及ぶ。事件を解くカギは、マークスが握る秘密にあった。凶暴で狡知に長ける殺人鬼にたどり着いた合田刑事が見たものは……。リアルな筆致で描く警察小説の最高峰。

  • さすがの高村薫!
    解説の氏の通り、ミステリや警察小説というよりは本格小説と敬す方がしっくりきました。
    ドラマを観ているようであっという間に読み終えました。面白かった〜!

    上巻は水沢のプロローグにはじまり、
    その後は水沢の犯行視点、追う刑事合田の視点が繰り返されますが、
    合田シリーズ(というのも後に知る)は初めて手にとったので、警察関係の登場人物の多さに少し戸惑いました。

    下巻は真相解明のクライマックスに向かってか、ひたすら合田達の捜査の描写が多く、水沢の視点はほとんど出てこない。というか、真知子が撃たれてからはなかったかな?
    10歳の頃、南アルプスでの親の心中から一人生還し、健忘症などの障害を負った水沢青年。
    自らのうちにある暗い山(もう一つの人格?)に苦よって精神を苛まれながら”福沢諭吉一万枚”を求め犯罪を犯していく。
    マークスと自称し、過去の事件を掘り起こしながら。
    浅野の遺書により真相が明らかになっていく中で、事件の渦中にいる水沢の心の動きがもっと描写されていたら良かったのに…
    かなり長文の遺書によって真相は明らかになりますが、そこはちょっと投げやりな感も…?

    ラスト、甲府に向かったとみられる水沢を追う合田と森。
    天候により、生死の可能性も五分五分となる中、水沢を捜索するシーンは臨場感溢れる描写!
    そして、山の頂上で凍死体として見つかる水沢。そこから臨む富士山の絶景。
    水沢の20数年の人生は暗い山に囚われ幕を閉じますが、この最後のシーンは救われたような、切ない気持ちになりました。
    水沢には明るい山が見えたかな。

    遺書による真相解明がちょっとうーん、だったので、上下巻で評価別。

  • 水沢の狂気の正体が一酸化炭素中毒だとしたら、なんて不幸なことなんだろう。高村作品の引き割り納豆みたいな読み応えは一度体験したら離れがたい。

  • やっぱり後半が雑

  • 照柿も合わせて。読み終わった後にタイトルがしみじみくる…。おお…と思った。良い後読感です…。

  • 高村薫のサスペンス小説。
    南アルプスの北岳がキーとなってストーリーが展開していく。
    犯罪者マークスを追っていく刑事。過去の山岳部仲間で現在の社会エリートたちの過去の犯罪が現在進行形の犯罪とシンクロしていく。
    展開にぐいぐいと引き込まれていく。
    昔も読んだのに全然覚えていなかった。

  • 昭和51年秋の南アルプス。それは、払いのけても払いのけても風雪のカーテンが垂れかかる、暗い山だったのか。山中で急死した仲間を身元不明となるように遺棄した、自らを《マークス》と名付けた5人の男たちの罪と秘密の種は、平成4年、実に16年の歳月をかけて東京で萌芽した。
    凶暴で狡知に長け、そして天真爛漫な子供のような殺人鬼の姿となって。
    犯人を特定できない警察のいら立ちを尻目に、次々と人を殺し続ける《マークス》。
    そして被害者たちと犯人をつなぐ線を追う警視庁捜査一課七係の刑事・合田が雪の山嶺で向かえる、誰一人救われることのないラストシーン。

    命を懸けてまで守るものとはどんなものなのか。なぜ、そんな風に愛するのか。《マークス》を名乗った青年の、静かな無情感が涙のように浸みてくる。

  • う~む、面白いのは面白いが、なんか広げた風呂敷をバタバタと畳んでいるようで、最後が雑。
    遺書で解決させるというのはねぇ…。四分の三までは面白かっただけに、残念。

  • 正直言って読み疲れた。合田はまだしも他の刑事たちのキャラが立ちすぎててこれも疲れる要因。読み飛ばしてしまったのかも知れないが、なぜ水沢がマークスを脅すネタにたどり着いたのか、マークスとの接点がどうもはっきりとわからなかった。水沢も不幸な境遇を強いられた人間なのだろうが、余り感情移入できる部分がなかった。それは登場人物全般に言えることなのだけど。職場の人間にこの本の話をした時に、挫折しましたとの声も聞かれて、少し納得。

  • 警察の内部抗争や派閥争いは、あまり興味が持てず、長く感じてしまった。
    水沢と真知子の関係はよかった。
    水沢の内面をもっと知りたかったので、ラストは少し消化不良気味。

  • いくつかのバラバラな事件がつながって、不明だった「マークス」も明らかになり一つの事件の詳細も解ったのだけど、最後まで動機が解らない。のだけど、それをカバーする終結。実は読み切るのに信じられないくらいの疲労感。に勝る達成感。凄い。

  • 日曜日の夜に読んではいけない小説だった。夢中で読み終えたらもう月曜日の午前三時だもの、、、。連日の徹夜でホシを追い続けた合田さんたちを思って、私もがんばろう、、、次の話ではもっと加納お兄ちゃんが出てくるとイイナ、、、

  • 合田雄一郎シリーズらしい。
    警察用語がやたらとでてくるので最初は戸惑ったが、犯人と刑事が繋がるまでの描写が細かく描かれ、いつ繋がるんだ?と思いながら読み進んだ。権力に抗おうと懸命にもがく刑事達を尻目に犯人は殺人を犯していく。
    MARKSの頭文字の5人達は自分が狙われる理由を理解できぬまま、戦々恐々としていく。結局、狙われた5人のうち二人が生き残り犯人は山頂で死んでしまうわけだが、MARKSの意味がわかってからの展開はいまいちな感じがした。結局、犯人が精神に異常をきたしていたから捕まえて自供させても面白くないと判断したのだろう。

全220件中 1 - 25件を表示

マークスの山(下) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

マークスの山(下) (講談社文庫)に関連するまとめ

マークスの山(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マークスの山(下) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする