文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)

  • 5066人登録
  • 3.92評価
    • (876)
    • (573)
    • (1030)
    • (18)
    • (7)
  • 463レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 講談社 (2002年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062735353

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★5.0
    再読。「あなたが…蜘蛛だったのですね」、何度読んでも巻頭と巻末のこのセリフにゾクゾクしてしまう。そして巻末に辿り着いた後に、また巻頭の数ページを読み返してしまう。目潰し魔と視線恐怖症、絞殺魔と女学校の闇、夜這いと売買春等、出てくるテーマは多岐に渡るものの、その全てが必要不可欠でひとつでも欠けると歪になる。それは作品全体にも言えることで、中心となる犯人=蜘蛛の姿が見えないながらも、骨組=張り巡らされた巣が強固で不在感は抱かせない。彼女の笑顔があまりに悲しくあまりに辛く、ただただ居た堪れない。

  • やばいっ!!面白かった~
    「姑獲鳥の夏」から「魍魎の匣」「狂骨の夢」「鉄鼠の檻」と京極夏彦、「百鬼夜行シリーズ」を、順を追って読み進めてきた。
    毎回、驚きと感動と達成感の様なものを得てきたが、「絡新婦の理」でなぜか何かを落とされたような気持になった。そう、憑き物が落ちたという感じ。すっきりしたのだ。

    「あなたが・・・蜘蛛だったのですね」
    冒頭の、漆黒の男、京極堂こと中禅寺秋彦と桜色の女、絡新婦とのやりとりのシーンで既に胸が高鳴った。ドキドキというのかワクワクというのか、ゾクゾクというのか・・・
    そしてそれは、ラストまで裏切られることはなかった。
    全てを読み終えた直後、再度その冒頭のシーンを読み返した。
    満開の桜の木々のもとで繰り広げられる漆黒の男と桜色の女の言葉達は、艶やかな意味を持ち深く深く胸に響き渡る。

    昨夜読み終えたばかりなのに、すぐにもう一度読み返したい気持ちにもなる。。。

  • やたらと分厚い本ですが、張りまくられた伏線をきれいに回収して、「あなたが蜘蛛だったのですね」のラストまで徹夜で一気に読んでしまいました。
    個人的には京極堂シリーズの中で最高傑作だと思います。

  • 一番分厚い文庫本らしい本作を、圧倒的重厚感とともに読了しました。会話文主体でサクサク読めるとはいえ、それでもさすがに結構時間かかったす。登場人物がごっちゃになってくるっていうきらいはあったけど(美人姉妹なんか特に、誰が誰だか…)、それでもさすがに長い物語の中では、それなりの輪郭が掴めるようにはなったし、そんなに大きな問題ではなかった。色んな要素が絡み合いながら、最終的に中心に居座る蜘蛛に収斂していく展開は、ドキドキスリリングなものでした。京極堂が半分以上読み進むまで出てこなかったり、関口が最後の50ページくらいしか出なかったりっていう、違う意味での驚きもあり。女郎を題材に繰り広げられるフェミニスト論も興味深かったです。

  • この作品でいう絡新婦というのは男社会や家を「絡」め取る「新婦」人、という意味なんだろうか。
    過激派フェミニストの葵が良い。最近は男尊女卑はお断りのクセに合コンや婚活ではモテカワファッションで男に媚び、お茶汲みなんかやらせたらセクハラで訴えかねないクセに仕事が嫌になったらやっぱり女は家庭よね!と婚活しまくるフェミビッチが多いから、多少思想が過激でも一貫してるだけ立派だと思う。
    里村はズブリズブズブの場面で「看護婦さんが不足してる」と言っているが、この時代は戦中の影響で急ごしらえの看護婦を増やしすぎた結果供給過多になりむしろ看護婦が余っていた時代なのでは?看護婦不足で看護婦が優遇されてて引く手数多だというのなら、なんで降旗の元従軍看護婦の愛人が娼婦やってるの?
    京極堂がフェミニストを自称するシーンは笑うところなんだろうか。年に何度か妻が実家に帰るのがわかってるのに家事を習得しようとせず妹に夕食を作らせる男のツラ下げて…。(京極堂が敦子に夕飯を作りに来いと言ったワケではないがやろうとしないのは誰かにやれと言っているのと同じ)アレか。「他の女が女権を主張拡張するのは大いに結構だが、自分のカミさんは良妻じゃなきゃ嫌なの!」ってやつか。
    木場修がヒモと化した旗ちゃんに先越された感を感じたり旗ちゃんがお潤を「粋だ」と言っていた理由がよく分からなかった。学歴を生かした仕事につかないことのどこが「粋」なんだ?学費を出した親と自分が受かったせいで受験に落ちた人に申し訳ないと思わんのか。そもそも高学歴であることを誇らないのと学歴が生かせない職業につくのって関係なくない?

  • 今迄『魍魎の匣』が一番好きでしたが、こちらに変わりました。桜散る妖艶な対面場面から始まり、縺れ絡まる糸を解く。

    京極先生の書く女性は何故こんなにも強く美しいのだろう。いい女と深く付き合って来なければ書けない作品だなといつも思っています。男性で此処まで女の狂気を巧みに書ける作家はいないと思う。ため息しかない。

    もう一回読もうっと。

  • 最後まで読んで、スムーズに最初のページに戻る。
    はあ〜凄いなあ...としか出てこない。圧巻。
    年末年始にじっくり読めて良かった。
    鉄鼠から大分空いてしまった。

  • 姑獲鳥で驚愕して魍魎で確信して本作はそれらを超えて、読み終えたらもうすごいのひとこと。このひとやっぱりすごい。。

  • この話の要である絡新婦が、シリーズの中で一番衝撃が強かったです、
    絡新婦はあまりにも狡猾で、周りのものを全て飲み込みつつ、事件と人の関係を操りながら、感情的で、それでいて強い、誰にも手が出せないところにいる人でした。
    京極堂と絡新婦の冒頭のシーンがとても印象的です。

  • 長いッ!長すぎるぞ!また引用が榎木津の台詞だし!

    今回は基督教系の女学校の呪いと、目潰し魔と首締め魔という二人の凶悪連続殺人犯、富豪織作家の謎と、男性主義と女権拡張論、蜘蛛の巣の如く張り巡らされた罠。巣の中心にいるのは誰だ…?
    キーワードは理と偶然と必然?

    各節前に時折挟み込まれる物語は、事件の核心にまつわるものなのだが、それが終盤にフラッシュバックの如く目の前に閃く。これはもはや伏線じゃなくて演出だ。小説としてはすごいことなのではないかと思う。
    普通の小説は、匂わせて思い出させることが多い気がする。でも百鬼夜行シリーズの伏線は匂わせない。閃かせる。それこそ、榎木津の不思議な力のように、数百頁も前のどこかで読んだその光景が燐くように目の前に鮮烈に浮かび上がる。
    京極堂が謎を解き明かすとき、私達はその情景をもう見ているのだ。

    最近百鬼夜行シリーズを貪るように読んでいるのだけれど、どの小説も読むのにすごい時間かかるのに、読み終わったあとその「フラッシュバックのもと」を探しに行かなければならなくて、それがとても楽しいから困る。

全463件中 1 - 10件を表示

京極夏彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)の作品紹介

当然、僕の動きも読み込まれているのだろうな-二つの事件は京極堂をしてかく言わしめた。房総の富豪、織作家創設の女学校に拠る美貌の堕天使と、血塗られた鑿をふるう目潰し魔。連続殺人は八方に張り巡らされた蜘蛛の巣となって刑事・木場らを眩惑し、搦め捕る。中心に陣取るのは誰か?シリーズ第五弾。

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)の新書

ツイートする