人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)

  • 3214人登録
  • 3.33評価
    • (104)
    • (324)
    • (894)
    • (68)
    • (5)
  • 284レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2002年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062735858

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 再読。懐かしい。Vシリーズは最後まで読みきらなかったので。

  • 怖くなった。人間の思考回路の脆弱さと、これを読んで「全く理解できない」わけではない自分が怖くなった。ホラーじゃなかったはずなのに、ひとりでお風呂に入るのが怖くなった。

  • 【あらすじ】
    蓼科に建つ私設博物館「人形の館」に常設されたステージで衆人環視の中、「乙女文楽」演者が謎の死を遂げた。二年前に不可解な死に方をした悪魔崇拝者。その未亡人が語る「神の白い手」。美しい避暑地で起こった白昼夢のような事件に瀬在丸紅子と保呂草潤平ら阿漕荘の面々が対峙する。大人気Vシリーズ第2弾。
    【感想】
    ミステリーに出てくる人形というと、どうしても怖いものを連想してしまう。実際のそれはどうなのかはわからないが、日本の人形は美しさの裏に不気味さを持ち合わせているような気がしてならない。そんな人形に関連した事件が起きたものだから、すごくゾクゾクした。そして、悪魔という言葉が出てきた時点でもう、ホラー小説みたいだと思った。でも、ちゃんとトリックはいろんなところに隠されていて、ビクビクしながらもワクワクさせてくれた。この物語を通して、人の何かを崇拝する思いの強さ、そして何かが何かを翻弄するその力の強さ、そしてその両者の怖さを、すごく感じた。

  • Vシリーズ第二弾。
    小鳥遊練無がバイトに向かった長野のリゾート地に阿漕荘の面々と瀬在丸紅子が便乗。
    当然のことながら事件が起こり、そこに偶然紅子の前夫とその不倫相手で子どもまで作った女が来ているとなれば穏やかではない。
    見学に行った先で起こった人形博物館での殺人事件の前には、数年前の未解決事件があり、乙女文楽を受け継ぐ一族にまつわる絡みが披露される。
    盗まれた絵と受け継ぐべき千体あまりの人形だったり、いまだ特定できない最後の人形だったりと犯人自体はすぐにわかるように書かれている。ただ、それだけではないのが森さんの作品。
    そう言えば、紅子も元夫もあまり息子を気にしている描写はない。おまけに紅子は元夫のためなら息子も殺すとか言う物騒なことを不倫相手に言ってのけた。息子も頭は良さそうだけど(むしろ良いからこそ?)ものすごく変人になりそうで心配。

  • 長野の人形博物館で、演劇中に殺人事件が起こる。一人は毒殺で、一人は刺殺だった。被害者の遺族で、二年前に今回刺殺された短剣の一方で殺害されたこともあり、過去の事件と関連性があるとみられ捜査が進められる。Dr.森にしては珍しく、今回は密室殺人を扱っていない。観衆の前で殺害した方法とは・・? 最後の一文は、不気味な結末を迎えるが、考察する仕掛けは分かりやすく記されている。悪魔は一体誰なのか? それが解決の糸口だろう。

  • Vシリーズ②

    ・保呂草さんて一体、何者?ルパン三世?
    ・未だ、名前を含めて登場人物に馴染めない。
    (得体の知れない探偵、常識に欠ける元令嬢、女装の大学生、関西弁の女子大生)
    ・小学生の男の子を置いて、友人達とバカンスに出る母親って?!
    ・悪魔崇拝は良く分からないけど、モナリザのトリックは面白い。
    ・事件の黒幕は義母の巳代子、実行犯は麻里亜で良いのでしょうか。

  • 今作も、事件の構造自体はシンプルなものだったけど、背景がしっかり練り込まれていた。人形論が悪魔や神に派生していって、それが物語と密接に結び付いているのが、印象的。

  • 2作連続でまんまと騙されてしまった!!
    色々なトリックを仕掛けてこられる作家さんだなぁ。。。
    犯人を推理しながら読まれるような読者さんには必見。
    犯人はある程度までくると、あれ?この人?と分かる。
    それだけでは終わらないのがこの作家さん。

    最後の最後のページを捲るまで物語は終わらない。

  • S&Mシリーズもそうやったけど、Vシリーズ2作目のこちらは、謎解きを楽しむよりはキャラ紹介的な位置づけっぽい。

    とりあえず、マジか保呂草(笑)

    そして、紅子、林、七夏の三つ巴感よ。これ、ほんまにすごい。ドロドロしてるなーって感じ。

    れんちゃんしこちゃんがすごい爽やかに見えるわ(笑)
    二人がいるだけで空気が美味しくなる。むしろ、二人がいないと息苦しい……(笑)

  • VシリーズNO.2
    人形の館にて乙女文楽の演者が衆人環視の中で殺された。悪魔崇拝者の血縁者が2年前にも亡くなっており、さらに関係者が亡くなった。

    この事件は誰が?はしつこいようなヒントでわかるはず。それよりももっと考えなければならないことが、最後にえっ!となってから出て来ました。うーん、作者に弄ばれたまま読んでいたのだと気付き、読後の感想はうれしい落ち込み方でした。
    ただ、他の小説に比べ、謎がそのままだったり、結末が読者次第だったりで、大変なシリーズです。リドルストーリーか?と感じましたよ。
    まだ2作目ですのでわかりませんが、前シリーズのようにシリーズ内でつながっているかもしれないから頑張ります。

    スカートは、七夏はミニ、紅子はロング。髪もショートとロング。この文章、何か印象的でした。
    また、子宮ってマトリクス?

  • 3
    推理小説。今回はオカルトチックな題材だがなかなか面白い。保呂草の人物像が気になる。

  • 紅子、林、祖父江の三角関係がなんだか大変そうなのは覚えてるけど肝心のミステリの方はあんまり覚えてない。

  • 内緒の話は観覧車がよかったな!

  • 『黒猫の三角』に、今一つ入り込めなかった私だが、ここで凹んでいられないので、間髪入れず『人形式モナリザ Shape of Things Human』に駒を進めました。

     この違和感が後の感動という光の輝きをより眩しく感じるための序章ということだと思いますので、頑張ります(^^♪

     2016年5月8日GWの最終日に、Vシリーズの2巻目に当たる『人形式モナリザ』を読み終えました。前作よりは面白いと思いますが、読了までに8日間もかかってしまった理由は、主要人物のキャラクター設定が定まらず感情移入し難い所と、被害者の人物が描かれていないまま事件が起こってしまうので、真相を知りたいという突きあげるような欲求が湧いてこなかったからだと思います。また犯人を特定しにくくするためなのか、無駄な登場人物も多く、気持ちが散漫になってしまったからかもしれません。2巻まで読んだところでは、森先生が他の著作で書いている「出し惜しみ」が功を奏しているとは言えないとおもいます。

     確かに森先生が、物語とシンクロさせて表現したかったと思われる「考えさせられる言葉は多いし深い」のですが、本編と若干噛み合っていない唐突な感じが否めません('◇')

     この物語の居心地の悪さは、何と言ってもキャラクター設定の座りの悪さが原因だと思います。S&Mシリーズに登場する人物達も、決して一筋縄では行かない連中でしたが、一度座ってしまえばブレを感じなかったので分りやすかったのです。しかし、このVシリーズは、先ず主役の紅子がいけない。犀川先生の(表向きは)揺るぎない人格に対し、まるで一般常識がなく、言動や行動によりどころが無い感じには、不快感すら感じます。森先生のことだから、何か意図があるのだと思いますが、この状態で10巻までというのは勘弁してほしいと思います。

  • 避暑地での殺人事件。夏に読みたかった。森さんの作品は、何となくジョージ朝倉さんの漫画の雰囲気で登場人物を想像してしまいます。オシャレな漫画を読んでる気分でサクサク読める。
    結末に賛否両論ありますが、自分は好きな結末でした。読者を最後突き放す終わり方で、「何でこの終わり方なの!?」ともう一度本を手にしてしまう。森作品はS&M、スカイクロラシリーズなど、学生時代から何回か読み返してしまう本が多いです。ただ流石に、登場人物の尖り方には少し違和感を感じる年齢になってきた気がします…

  • スッキリしない読後感でした。犯人、動機、前作からの登場人物の設定など、読み進めていきたくなる要素は多いです。ただ、その影響もあってか、いまいち焦点が絞れませんでした。

  • Vシリーズの第2弾。私も紫子ちゃん同様「密室や!密室や!」と喜んでいたのだが、まあ事件の発声タイミング的に予想はついたことだけど、ちょっとがっくり。メインの事件のトリックはまあ綺麗におさまって、ワイダニットはぼんやり。エピローグ、最後の1行で一気に読者は突き放される。「おいおいふざけるなよ」と怒るよりも、「そういう作品なのだ」とあるがままを認めたほうが楽。感傷的な部分が多くて、ちょっと七面倒くさい。続きを読むか、悩ましい。森博嗣の作品はあんまり肌に合わないのかもしれないなぁと考えたり。

  • 紅子さんたちの話。
    モナリザの謎については、なんとなくそうじゃないかなーと思っていたのがそのままだった。
    犯人の話がこじつけだなーと思う。
    所詮言葉でしかないの。ってそれ言っちゃったら小説の意味ないじゃん。

  • 眼中にないね。あるのはコンタクトのみ。

  • 約10年前に読んで以来の再読。

    Vシリーズ2作目。
    七夏登場。保呂草さん本領発揮。
    森博嗣作品全体とのつながりを考えると、
    この巻は結構重要な位置づけに感じる。

    ただ、この本だけの評価としては、微妙。
    血縁関係がどうも頭に入ってこなくて、
    誰が誰だっけ?となってしまう・・・
    まぁ、この1冊だけを人に勧めることはないだろう。

    ただ、最後の1行は、あぁ・・・と思う。
    再読ではあるが、完全に記憶からは消えていた。
    しかしその感動すらも、一瞬、
    誰だっけ?となるのが我ながら悲しかったが・・・

  • 犯人なんてどうでもよくなります。
    保呂草さんの謎やら紅子と林の過去とか練無も目が離せないし紫子にも裏がある?と勘ぐりたくなります。頭がぐちゃぐちゃです。
    森博嗣先生に操られる私…

  • あまりミステリーの要素は強くなくて普通

    モナリザの人形の話

全284件中 1 - 25件を表示

人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)に関連する談話室の質問

人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)の作品紹介

蓼科に建つ私設博物館「人形の館」に常設されたステージで衆人環視の中、「乙女文楽」演者が謎の死を遂げた。二年前に不可解な死に方をした悪魔崇拝者。その未亡人が語る「神の白い手」。美しい避暑地で起こった白昼夢のような事件に瀬在丸紅子と保呂草潤平ら阿漕荘の面々が対峙する。大人気Vシリーズ第2弾。

人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)はこんな本です

人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)の新書

人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)のKindle版

ツイートする