新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え(一) (講談社文庫)

  • 399人登録
  • 3.80評価
    • (43)
    • (56)
    • (68)
    • (3)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : 藤沢周平
  • 講談社 (2002年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062735865

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
藤沢 周平
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え(一) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 牢獄に務める医師という設定も奇抜ですが、医師にして起倒流柔術使いで、牢に送り込まれてくる罪人が関わる未解決事件に首を突っ込んだりと、職務逸脱ぶりも江戸時代だからありそうな感じでなかなかにおもしろい。下宿先の叔父のやんちゃな娘との関係も気になりつつ、エンターテイメントに徹した第2集に続く。

  • 主人公の立花登は、江戸小伝馬町の牢獄に勤める青年医師。
    柔術の達人でもある。

    居候先の叔父夫婦の一人娘おちえは、現代風のバカ娘。

    主人公とおちえの今後の展開に目が離せない。

  • 『立花登青春手控え2』
    NHK BSプレミアム/毎週金曜放送
    2017年4月7日から

  • 主人公立花登が柔術の達人であり
    獄医と言うのが中々面白い。
    藤沢周平の人情や切なさがありつつ
    も主人公、立花登のこれからの成長
    が楽しみ。

  • ドラマで観たけど、やっぱり本の方が楽しめた。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    江戸小伝馬町の牢獄に勤める青年医師・立花登。居候先の叔父の家で口うるさい叔母と驕慢な娘にこき使われている登は、島送りの船を待つ囚人からの頼みに耳を貸したことから、思わぬ危機に陥った―。起倒流柔術の妙技とあざやかな推理で、獄舎に持ちこまれるさまざまな事件を解く。著者の代表的時代連作集。

  • 江戸小伝馬町の牢獄に勤める青年医師・立花登。居候先の叔父の家で口うるさい叔母と驕慢な娘にこき使われている登は、島送りの船を待つ囚人からの頼みに耳を貸したことから、思わぬ危機に陥った――。起倒流柔術の妙技とあざやかな推理で、獄舎に持ちこまれるさまざまな事件を解く。著者の代表的時代連作集。

  • 5月からNHK BSで溝端淳平主演でドラマ化されるものの原作シリーズの1作目。82年にも中井貴一主演でやはりNHKでドラマ化されたが、それは知らない。まあさすがに藤沢周平。しっかりと読ませてくれます。溝端君似合ってそう。柔道もするのだろうか?

  • 登くんいいなあ~☆

  • 流石です。獄医の立花登は、江戸には、幼少期から秀才で名を馳せ、故郷の誇りを背負って医師として働く叔父を頼りにやってきた。叔父が江戸ではダメダメだったので、登が代わりを引き受ける。面白くって一晩で読破。すぐに次に行く。甘くない江戸物。登は柔術の使い手。

全33件中 1 - 10件を表示

新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え(一) (講談社文庫)に関連するまとめ

新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え(一) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え(一) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え(一) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え(一) (講談社文庫)の作品紹介

江戸小伝馬町の牢獄に勤める青年医師・立花登。居候先の叔父の家で口うるさい叔母と驕慢な娘にこき使われている登は、島送りの船を待つ囚人からの頼みに耳を貸したことから、思わぬ危機に陥った-。起倒流柔術の妙技とあざやかな推理で、獄舎に持ちこまれるさまざまな事件を解く。著者の代表的時代連作集。

新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え(一) (講談社文庫)はこんな本です

新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え(一) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする