架空通貨 (講談社文庫)

  • 1741人登録
  • 3.40評価
    • (69)
    • (215)
    • (330)
    • (63)
    • (9)
  • 177レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 講談社 (2003年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062736794

架空通貨 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015.2.16(月)読了。

    面白かった!
    けど、難しかった!!
    何回も読み直したし調べたし。

    ただ、そんなことが実際あったら
    えらいこっちゃだ。

    しっかし
    銀行っていろんな事があんだなー。
    頭が良くなきゃ出来ないわけだ。

    感想が幼稚だなー 笑

  • 専門用語が多くて難しかった。

  • 今どきの架空通貨ではなく、ちょっと昔の話。
    金に群がるイヤな話の中で、ほんのり甘い話も。

  • 元金融アナリストとはいえ、教え子の会社が倒産する
    という設定でここまで首を突っ込むのか?
    女子高生とは思えない話し方や機転の数々、、
    とまあ、いろいろ思うことはあるが、一転二転と物語が進んでいく設定はおもしろいかな。読み手自身も頭を使い疲れました(笑)

  • 元商社マンの高校教師が、教え子の父親の経営する会社の破綻をきっかけに企業城下町に巣食う闇の金にかかわっていくという金融ミステリー。
    日本各地にある企業城下町で同じような事態が発生したらと思うと、ぞっとする内容。非常に読み応えがある内容でした。

  • 架空通貨というタイトルだけどいうほど重要な位置づけではないような。 架空通貨は主でなく従という印象。 登場人物はあまり魅力的ではないし内容はとても地味。 とはいえ、人には勧めないけど個人的には非常に楽しめた。

  • 「半沢直樹」で一躍有名になった著者が、初期の2000年3月に書いた「M 1」を03年に改題した作品。昨年夏・友だちのFさんに教えてもらった本、ようやく読みました(遅くなりました)。

    架空の企業城下町・田神町、その町にある田神亜鉛が発行する社債や架空通貨である田神札が下請け企業や地域の人々の生活を蝕んで行くという物語。銀行マンとしての経歴をもつ著者だからこそ展開できるストーリーに、ぐっと引き込まれました。

    とても面白かったです。同時に、架空で済まされない現在の社会につながる怖さ・お金が人間に対してもつ影響力等について考えさせられました。

    お勧めの一冊です。

  • ビットコインとか「仮想通貨」の話かと思って「タイムリーだなー」と思い購入
    しかし底本は2003年の「M1」という地域通貨をめぐる話。

    とある地方の巨大亜鉛会社が社債を発行し、その償還までの間、地域通貨を発行するが、その発行量は増大。一方、倒産が避けられないことを悟った亜鉛会社社長は買収した町工場に金を移して倒産計画を目論む

  • 一気に読んだ

  • お金が絡む話に興味がない人はいないだろう。
    父の経営する会社が破綻。それをなんとかしようとする高校生の娘、麻紀と教師。先生が元商社マンだったから相談したのか、その気があるから相談したのかよくわからないが、こんな若くてかわいい女子高生に相談されて断るなんて人はいないわな。そういう点では上手に相談相手を見極めているような。自分に協力させるためには計算も必要ってことか。
    これだけガッツのある高校生なら、将来大物になりそう。
    勢いがあるっていいな。

全177件中 1 - 10件を表示

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

架空通貨 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

架空通貨 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

架空通貨 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする