魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)

  • 2674人登録
  • 3.47評価
    • (132)
    • (309)
    • (664)
    • (30)
    • (2)
  • 205レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2003年11月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062738941

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • Vシリーズ第5弾。
    飛行ショーで起こる事故。
    練ちゃんの大切な女性が関わってるので、練ちゃんの動揺具合とそれを心配する仲間達の関係性も描かれて、それもいい。

  • エアロバティックス・ショーが開演されている最中に1人が射殺された。飛行中に殺害され、角度から後ろから撃たれたことが判明したが、後ろ誰も乗っておらず、飛行中に撃たれている。さて、Dr.森お約束の密室殺人ですが、今回は殺人よりも主要キャラクタを前に出した作品というべきでしょうか。惜しむらくは、それが仇となり、最後の展開が陳腐なものになってしまったのが否めない。

  • Vシリーズ五作目。
    小鳥遊練無の先輩率いるアクロバット飛行チーム『エンジェル・マヌーヴァ』が日本に帰国。時価数億と言われる画家の遺産である同名の宝剣を携えてきたと噂され、それを巡って航空ショーの最中に墜落に見せかけた殺人事件が。
    いつも以上に違法満載な探偵だった保呂草にそれを依頼した謎の女と影のフランス人大富豪。
    果たしてエンジェル・マヌーヴァは本当に日本にあるのか。
    今回は練無のちょっと秘密な過去に触れることになり、それに巻き込まれる紅子たち。
    別働で愛知県警の七夏も居合わせたりとおなじみの面々が集まります。
    ミステリーは何故かこんな場所で思われるところでもいつも同じ面々が集まるのがお約束ですから。

  • 【あらすじ】
    アクロバット飛行中の二人乗り航空機。高空に浮ぶその完全密室で起こった殺人。エンジェル・マヌーヴァと呼ばれる宝剣をめぐって、会場を訪れた保呂草と無料招待券につられた阿漕荘の面々は不可思議な事件に巻き込まれてしまう。悲劇の宝剣と最高難度の密室トリックの謎を瀬在丸紅子が鮮やかに触き明かす。
    【感想】
    今回はいろんな初めてがあった。突如現れた謎の人物。保呂草さんが見せた不思議で異様な行動。きっかけはれんちゃんだったけど、完全に保呂草さんが主人公みたいになっていた。いや、ならざるを得なかったと言った方が正しいのか。でも、これもまた新鮮で面白かった。ただ、航空機の専門知識についての説明部分についてのところが、全く理解できなくてちょっとイライラしてしまった。素人にはどうしても難しすぎるところがある。でも、全体のストーリーを通してみてみたら、ドキドキハラハラさせられて、結構楽しむことができたと思う。

  • Vシリーズ⑤

    ・魅惑の新キャラ・女スパイ?各務亜樹良は峰フジコ!
    ・保呂草さんて、職業は探偵ではなく完全に泥棒だね。
    ・先入観の名前による性差が多い。
    ・今回も、紅子さんの推理力には感服。
    ・アクロバット飛行機の墜落と、著名な画家の話が上手に同時進行している。

  • 密室トリックは予想外で、悪くなかったし、事件そのものもある程度満足。ダイイングメッセージはできすぎだけれど。サイドストーリーが秀逸。最後の切なさがいい。仄めかした書きぶりが、かえってそこを際立たせて、強く印象付けられる。

  • レビューの書き方によっては、すぐに展開が予測できてしまいます。これも密室という見方もできますね。後半の畳み掛ける展開は、圧倒されますが、前半はやや冗長。

  • Vシリーズ5作目。
    曲芸飛行を行う二人乗り飛行機の中で起こった完全密室の殺人。宝剣を巡った騒動の中、いつもの面々が揃う。

    悲劇的な運命を持つ宝剣の話とトリックとしては最高難度の謎解きが面白い。でも、ひらめきですぐにわかるはずだが…。最後も読者の想像に任せる終わり方で余韻が残る。
    保呂草の海外での話に関わること、人間関係が少しずつ出てきたのは、今後のシリーズの中心になるのだろうか。楽しみだ。

  • だんだんこのメンバーにも慣れてきた。保呂草さんは相変わらずちょっと謎な感じだが。
    この物語は前半はそうでもないのだが、後半グっと引き寄せられた。
    トリックが面白かったなぁ。全然気づけなかった(^^;

    森先生の本は、登場人物それぞれにとても魅力を感じるなぁ。
    一人一人の個性がとても輝いていて読んでいて楽しい(*^-^*)

  • 今のところVシリーズでは一番好き。
    前までのトリックが図面がないとわかりにくいトリックだったと思うので、それに比べわかりやすいトリックでした。
    個性的な登場人物の中でも、特にれんちゃんはお気に入りのキャラだったので、切なさもありましたが、今作はとても◎
    他のキャラも個性的で読み進めるとどんどん愛着が湧いてきます。
    れんちゃん、しこちゃんの会話にはいつも和む。

  • 飛行機に興味が持てなくて、前半はかなり流し読みしちゃいました。
    事件が起きてからはぐんっと面白くなり、保呂草が「関根朔太」と会ってからは怒涛の展開でした。
    今回はとにかく紅子さんがステキだったなー。出番は少ないけどビシッと締めてくれる。
    保呂草さんもなかなかかっこいい。
    クライマックスのれんちゃんしこちゃんの場面では一緒にほろりとしたり。
    Vシリーズもこれで折り返しだけど、だいぶん登場人物に愛着が湧いてきて楽しくなってきたかな。

  • 3
    アクロバット飛行中の殺人事件。宝剣を巡る争い。画家関根朔太の正体とゴーストライターが明らかになっていく。関根朔太、その妻、西崎勇輝、関根杏奈周辺の個人主義がすごい。何かを感じるというよりはミステリー小説。

  • 練無の過去が少し見られる

  • 紫子ちゃんが可愛すぎる。
    練無はまっすぐで優しい。
    今回は保呂草も林も結局紅子を信じきっていることを再認識。
    いつかみんなバラバラになるのかとさみしく感じる。
    林の回想の言葉で言うと、人は決してもとへは戻れない。
    なんだか切ない事件でした。

  •  保呂草潤平は、各務亜樹良と名乗る女性から「フランスから帰国した画家が持つという短剣を盗め」と依頼される。その画家の娘でエアロバティックス・チームのパイロットである関根杏奈は、小鳥遊練無にとって高校先輩だった。フライト・シューのチケットを手に入れた一行は会場のサーキットに到着したのだが…

     Vシリーズもついに5巻目にあたる『魔剣天翔』に突入しましたよ!今回、回想をする登場人物は、香久山紫子こと、しこちゃんかな?ようやくスピード感が出てきました。徐々に本性を現す登場人物たちにも活き活きと動き出しそうな気配がする.このタイトルから推察すると、魔剣は、搭載されている?

     本作には、保呂草の暗躍を追うというスリルを味わうことができる本編の陰で、杏奈に寄せる練無の思いが切ない物語が描かれ、躍動と静止、大人の事情と若さの清らかさを対比するように振幅させながら飛行する。一つひとつ発見される謎は互いに矛盾し、紅子が登場する舞台を整えるのであった。

  • 約10年前に読んで以来の再読。

    Vシリーズ5作目。

    保呂草さんの行動がスリリング。
    会話も相変わらず粋でカッコいい。

    気をとられるポイントが色々とあり、
    殺人事件に関する印象は相対的に薄く感じた。

    七夏が立松を無言で叩くシーンが微笑ましい。

  • おもしろい!!スカイクロラを懐かしく思い出した。
    森さんの描く天才がやっぱり一番好きだなあ。

  • 本作自体が特別面白い訳ではないけど、今後読み進めるにあたって外せない作品。保呂草が男臭くて若干ハードボイルド風、かっこいい。

  • Vシリーズ本作が一番好き

  • 殺人事件だけでなく保呂草さんにもヒヤヒヤする一冊。ちょっとゆっくり読み過ぎて、最後いまいち盛り上がりに欠けた。
    紫子と練無のコンビが可愛い。

  • Vシリーズ第5弾。
    キャラを楽しむシリーズ!と言いたいところだけど
    今回は色んな謎がテンコ盛りで忙しい。
    もちろん、キャラ同士の関係も楽しめます。
    れんちゃんは憧れの先輩との再会にルンルン。
    でも紫子ちゃんは何故かイライラ。
    保呂草に依頼をしてきた各務はすごく怪しいし、
    宝剣に関係している画家の秘密も気になるし
    何といってもアクロバット飛行中に殺されたパイロットに
    続けて殺された同じチームのパイロット。
    保呂草は今までで一番探偵らしかった?
    今回も楽しめました(p^_^q)

  • 練ちゃんの涙につられてないてしまった。このシリーズではじめてじーんとした。

  • シリーズ折り返し地点まできました。
    暗号は残念ながらググってしまいました。

    さーて、四季までかけぬけるぞぉおー

  • アクロバット飛行中の航空機内で起こった殺人と、隠された宝剣。

    それぞれの役目を果たす為に縁取られた形。
    空を飛ぶ為に翼があり、貫く為に鋭く尖る。
    根拠がある。理由がある。
    涙にだって役目がある。
    そして泣きたい誰かの為に存在する静かな夜の、その形。

    シンプルでシャープでスパイシィな瀬在丸紅子のVシリーズ5作目。

全205件中 1 - 25件を表示

魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)に関連する談話室の質問

魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)の作品紹介

アクロバット飛行中の二人乗り航空機。高空に浮ぶその完全密室で起こった殺人。エンジェル・マヌーヴァと呼ばれる宝剣をめぐって、会場を訪れた保呂草と無料招待券につられた阿漕荘の面々は不可思議な事件に巻き込まれてしまう。悲劇の宝剣と最高難度の密室トリックの謎を瀬在丸紅子が鮮やかに触き明かす。

魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)のKindle版

ツイートする