砦なき者 (講談社文庫)

  • 837人登録
  • 3.51評価
    • (55)
    • (127)
    • (238)
    • (14)
    • (1)
  • 89レビュー
著者 : 野沢尚
  • 講談社 (2004年2月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062739641

砦なき者 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  江戸川乱歩賞受賞作『破線のマリス』の続編。前半2章は実質的に別個の通俗的な内容の短編で、表題作と言えるのは後半2章のみ。変則的な構成も含めて、小説としての完成度やリアリティは前作より劣るが、問題意識はより尖鋭的に表出されている。もはやマスメディアが対峙しているのは権力ではなく、疎外されルサンチマンを抱えた大衆であることを的確に表現している。
     本作が描く「橋下徹の頭脳を持った本村洋」とも言うべきニヒリストのカリスマが、メディアとITツールを駆使して、大衆の憎悪=歪んだ正義感を煽動していく姿は、犯罪容疑者や社会的弱者へのバッシングや「劇場型政治」、さらに「在特会」のような排外主義運動を戯画的に予見しており、すくぶる現在的である。本書が「拉致ヒステリー」や「郵政選挙」よりも前に執筆されたことを考えると、著者の嗅覚の鋭さに感嘆を禁じ得ない。

  • 破線の続編として何を謳いたかったのか見えてこない。シナリオもはっきり言って樹一郎の存在がリアリティを逸脱しすぎている。ただのエンターテイメント作品として仕上げたかったのか。それなら破線の続編を謳う必要は全く無かった。

  • 面白かった。 マスコミが育てた化け物はマスコミが始末せねば。ラストにどんどん化けの皮が剥がされて行くと予想したのに・・ カリスマとしたまま終るとは。 最後の遺書で賛同した若者らに「こんな作り物の自分に騙されてばかだなぁ」くらい言って欲しかったな。

  • 28/4/29

  • 実際にありそうで怖い。
    これ、前にドラマ? になったよね。
    最後だけ見た記憶が甦った。
    TVとは全然違う結末で、これはこれでよかった。

  • こういうひと いそう。こわい。

  • 『大衆は退屈の中で阿片を求めているわけだから、無意識のうちに阿片に適合したような物語を作ってしまうんです。

    つまり共同幻想できない新しいもの、ショッキングなもの、感動的なものは、ことさら演出しなくても、情報の受け手が貪欲に吸収して、肥大化させていく。』

    本作も良かった。野沢さんの作品は好きだ。
    早くに自ら死を選んでしまったことが悔やまれる。

  • 「破線のマリス」の続編とも言える作品。どちらも面白い。
    メディアの可能性を信じる者、そのメディアによりカリスマとなった青年。メディアの可能性を信じる者によってカリスマ青年の本当の姿を暴くことは出来るのか。

  • 破線のマリスの続編、前作よりもこちらの方がおもしろいと思う。

全89件中 1 - 10件を表示

野沢尚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

砦なき者 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

砦なき者 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

砦なき者 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

砦なき者 (講談社文庫)の単行本

ツイートする