邪魔(上) (講談社文庫)

  • 3305人登録
  • 3.52評価
    • (187)
    • (462)
    • (712)
    • (62)
    • (12)
  • 317レビュー
著者 : 奥田英朗
  • 講談社 (2004年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062739672

邪魔(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白いです!
    「最悪」に似てる感じも?
    でも、登場人物の設定がまったく違うので別視点での展開かも。

    後半が楽しみです!

  • 平凡な主婦、精神安定剤を服用している刑事、不良高校生の3人が主だった人物となり、交互に話が進んでいく。
    放火犯は主婦の旦那なのか?刑事は精神安定剤の服用のしすぎで幻覚を見ているのか?不良高校生はやくざとどう繋がっていくのか?
    下巻に続く。

  • 評価は2.

    第4回(2002年) 大藪春彦賞受賞

    内容(BOOKデーターベース)
    及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供2人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴1年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。日常に潜む悪夢、やりきれない思いを疾走するドラマに織りこんだ傑作。

  • 下巻にて

  • 上巻では、二人の主人公(?)が放火事件とそれぞれの関わりを持ち、その生活への影響を描く。警察官の九野は、交通事故で亡くした妻を未だに思いその義理母を慕う。上司から同僚監視という厄介な仕事を押し付けられ、その同僚から恨みを買う。及川恭子は、夫の放火疑惑から逃れたいあまりに、パート先のスーパーでの労働形態の抗議に出る。

  • 人は誰もちょっとした満たされない思い、思うままにならない状況、いたたまれないほどではないが逃れられない立場等を抱えている。そのうような否定的な環境にありながらそれぞれがそのストレスを何らかの形で発散している。ただしそれは倫理的道徳的法律的に許される範囲である。
    しかしこの物語では登場人物たちの多くが超えてはいけない一線を越えていってしまう。それも本人さえ気がつかないようなちょっとした逸脱が重なって、重大な状況に陥っていくのである。人はこのようにして堕ちていってしまうのかと考えさせられる。とはいっても物語の展開は重たいものではない。いろいろな立場の違う登場人物たちが、絡まり合って一つの物語を作っていく。先の読めないストーリー展開で読者を引き込んで、最後まで一気に読んでしまうエンターテイメント作品である。

  • これが本当の日常なんだよなあ。もっと救いのあるやつを読みたい。

  • 2016.10.4-60

  • 20160812

全317件中 1 - 10件を表示

奥田英朗の作品

邪魔(上) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

邪魔(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

邪魔(上) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする