新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)

  • 1242人登録
  • 3.65評価
    • (117)
    • (125)
    • (207)
    • (28)
    • (8)
  • 129レビュー
著者 : 中井英夫
  • 講談社 (2004年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062739962

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ↓注)長文です


    『虚無への供物』は、「反推理小説」と呼ばれる。
    「推理小説でありながら、推理小説であることを拒む」アンチミステリ。

    この本を読了するまで、私はアンチミステリを見くびっていた。
    「読者に推理できるはずのない、バカバカしい推理の飛び交うバカミス」くらいに思っていた。推理小説より低俗なものとして。

    今思えば酷い誤解である。
    それどころか中井英夫は、「推理小説なんて俗なもの」を描くには、あまりにも優しい人だったのではないか。

    というのも、多くの推理小説は、犯人を読者から見て「他人」の位置に置いて、勧善懲悪のように切って捨てるか、あるいは過度に擁護して「これこれこういう理由があって殺人を犯したのだから、仕方がない」と読者の同情をくすぐるものだからだ。
    同情といっても、あくまで好奇心を内包した同情である。
    推理小説の見せ場はトリックと「動機」であって、素晴らしい「動機」であれば読者は満足する。当然のように、読者の満足のために犯人の「動機」が存在する仕組みだ。

    その点、中井英夫は、「犯人」すら他人と思われない方だったようだ。
    この本の「犯人」と「動機」は、読者の満足のためにあるのではない。この本の読者にとって、その事実はあまりにも明白である。



    彼の死ぬ直前の日記に、下記のような記述がある。

    「―――死んだらどこへ行くのか、B(友人)のさいごの問いだった。教えてくれなくちゃ、教える、といった。「他人の心のなかに」だ。
     この他人を、たとえばテレビなどでいつも「タニン」といい、「他人事」をタニンゴトなどと平気で発音するが、己は「ヒト」としか読まない。それも平がなの「ひと」だ。死んだら「ひと」の心の中へ行く。
     やっと答えが見つかった。」


    中井英夫の『虚無への供物』は、反推理小説であり、あまりにも「ひと」に優しい、純粋すぎるくらいの純文学である。推理小説の俗っぽさに痛みを感じたことのある方には、ぜひ読むことをお勧めしたい。

    (著者はあとがきで、この本を「いわば反地球での反人間のための物語だ」と言ってはいるが、それはあべこべで、この本は実に人間らしい、ひとのための物語である。)

  • 先入観というものは恐ろしい。本書をミステリの傑作として読めばそのアンチ・ミステリな仕掛けに一杯食わされるし、三大奇書という触れ込みで手を伸ばせば純ミステリ的手法に肩すかしを受けるだろうから。そして本書を純粋な娯楽として楽しもうとすればするほど、千人以上の死者を記録した戦後最大の海難事故、洞爺丸事故の悲劇が印象から薄れてしまうのだ。結局の所、書物が紡ぐ物語というのは私たちがそれとどのようにして出会うのかという点から切り離して考えることは不可能なのだろう。ただ一つ、「読む」という行為のみが現実として残される。

  • でっかく一回りして帰ってきた感じ。
    結末よりも、その一回りが醍醐味なんやと思います。

  • 古い小説を読み慣れていないせいか、最初は少し読みずらかった。
    序章が長いせいもあって、最初は少し飽き気味。

    でも下巻に入ると、一気に終わりまで読んでしまった。
    最後の数行を感じさせるために、今までの内容があったのか。

    感想が難しいが、時代を超えて読むことができる名作であるとおもう。

  • 世の探偵小説に対する批判のように感じました。人の死に、複雑怪奇なからくりをこじつけないではいられないミステリーマニアへの強烈な皮肉。故人を悼むことなど二の次三の次で、自分の知識をひけらかすことと独自の推理を展開することに固執する人物達の姿は恐ろしく利己的で、醜く、時に腹立たしい。

  • ミステリの体裁を取りながらのアンチ・ミステリという意味がよくわかった。
    いくつもの(空論の)トリックや背景が語られ、それら1つ1つが普通のミステリならば十分に最終解となりうるレベルとなっていながらその全てが裏切られて終わるという結末。
    全体を通して幻想小説といってもよい。

    ただ、推理小説に求める所謂「解き明かした」という快感は得られない。
    読んでいて常に謎めいてモヤモヤしている感があるが、先を読み続けたいと思わせる筆力もあって「奇書」と呼ばれるのだろう。

  • 前半に引き続き怒涛の展開が万華鏡のようにめぐるましく動き、これは一体どうやって着地するのだろうと思えばラストは案外綺麗に終わりました。
    ちゃんと「犯人」がおりました。

    反推理小説、アンチミステリーと呼ばれる今作ですが、最後の独白のあと、エピローグになる部分を読むとなるほどなあと思わなくもないです。
    御見物集が存在し、凄惨なものを面白がるからこそ事件が起きるのだという纏めは、推理小説を否定してるなあと思わずにはいられないです。
    登場人物が矢鱈、事故で死んだものの魂を悼み、ただの事故死などで誰々が死んでいいはずがない。死には理由が必要なのだと力説するあたりも推理小説の否定なのかなと思いました。
    面白かったです。耽美な作品でした。

  •  上巻はすっきりとまとまっていたのですが、下巻では次々に事件が起こって拡散していき、それらが解明されないままグダグダと続いてもう何が何やら分からない状態に。
     最後まで読んで一応謎が解明されたのですが、本当にこれで全て解明されたのか、良く分かりません。
     記憶が鮮明なうちに、もう一度再読して確認する作業が必要かも。
        
    少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
     中井英夫『虚無への供物』ネタバレ感想会
      http://sfclub.sblo.jp/article/177292872.html

  • 疲れ果てた、というのが率直な感想。
    練りに練られた、事件の数々の幻惑。
    あったようでなかった様々な事象に惑わされるうち、犯人の告白によって、第三者であるはずの読者自身までえぐる内容になっていくのはお見事の一言。

    が、いかんせん、たどり着くまでが長い……
    「たどり着かない」ことすべてが「よくぞここまで」というくらい考え抜かれていたものだったけれど、正直、興をそがれる冗長さではあった。

    とはいえ、キャラクターの魅力は特筆もの。
    オシャレな久夫が魅力的。
    そして腐女子に人気があるというのがよく分かる登場人物たちではありました……

  • 「あれこれ考えるだけで非現実のワンダランドに結構入りこめるんだから、」

    4つの密室殺人というテーマは面白かった。
    しかし、実際の殺人は1つで残りの死には不明な点が多い。結局は何が正しいのかわからない小説だった。

    読書がいるから犯人が生まれるという主張を掲げているので、すべての出来事が解決するわけではないという挑戦なのかもしれない。

    三大奇書のブランドに支えられている作品だろう。

  • 起きてもいない殺人事件を勝手に作り上げて阻止しようとしたり、架空の人物を沢山作り上げたり、どんどん話がこんがらがってきて、訳が分からなくなってきた。
    最後の犯人の独白は迫力があって、それまでぼんやりしていた分、強さが際立っていた。

  • 一応通読したもののひたすら苦痛だった。
    19世紀末期、物理学は完成したと思われており、停滞していた。その後の相対性理論、量子論が出る前の話。
    推理小説を完成させたつもりなのかな?と思ったりもした。

  • また
    いつか
    読もう。

  • 下巻スタート、そして展開の目まぐるしさに圧倒。殺人事件かすら分からない事件をこねくり回し、起きてもいない事件を解決しようとし、最終的に否定され。犯人の告白にはページをめくる手が、止まりません…。画面越しの死体を、紙一枚先の死体を、現実としてとらえられず、好奇心の対象として受け入れ本質に意味を与えないまさしく「虚無」のように受け入れてしまう、いやぁもうただ圧倒されるばかりで。真犯人もそうだですが、お遊び推理の作中の探偵たちにも考えるべきところがありそうです。真犯人の殺人は何十年たった今も続きます。面白い。

  • 推理の枠を壊す「アンチ推理・小説」というより、推理小説でありながら推理小説を批判する「アンチ・推理小説」といった印象を受けた。アンチミステリの意味がわかった。読み終わってみると献辞の【――その人々に】が胸に刺さった。
    読み終わったあとは、おもしろかった~というより、読んでよかったといった思いのほうが強かったです。

  • 真相は意外ではあるが、それ自体の面白みは乏しい。亜利夫に藍ちゃん、そしてなにより久生の迷走が面白い。これがアンチ・ミステリーというものか。
    また、ペダントリーにはGoogleで対抗。久生の衣装は大変勉強になった。

  • 読みづらいなと思いつつ、後半は一気に読ませる展開で読後感は面白かった。
    トリックやら、時代背景やら、そのへん理解してるとなお楽しめるのかなと思います。
    初めて読破出来た三代奇書でした。

  • おそらく僕はこの本を理解するに経験が足りていない。要再読。

  • なるほどこれがアンチミステリというものか。

    個人的にはシリアスなオチよりも馬鹿馬鹿しいオチの方が楽しく読めたと思う。急に社外派小説のようになってしまって残念。ただそういう要素があったからこそ、推理小説を完全否定できていたとも言えるのかもしれない。とにかく起伏の激しい作品だった。

  • 面白いけれど消化不良な感じが残る。
    すべてを読んだ時点で消化不良というわけではなく、一つ一つの事件が終わる度に消化不良のものが沈殿していく感じ。

    前半の第二章までしかない未完成状態で江戸川乱歩賞に応募したと言う。
    惜しくも受賞を逃すが反応は上々だったそうだ。
    江戸川乱歩は「これは冗談小説だ。」と言った。
    なぜなら小説内で一人を除き審査員全員について触れられていたから。

    三大奇書の一つと言われるが、はたしてその資格はあるのだろうかと揶揄されることの多い本書。
    文中に他の二作『ドグラマグラ』と『黒死館殺人事件』など他のミステリーのことにも触れられており、いわゆるファンブックというと怒られるかもしれないがそういうものだろうと思う。

    この本に対して利害関係も思い入れもない、ただただ面白い本が読みたいだけの読者の一人の私としては、三大奇書を完成させるために誰かが押しも押されぬ様な奇書を新たに書いてくれはしないかと願うのみです。

  • 個性的な登場人物。推理合戦。等々面白く読めた。
    ただ、よく分からないところもあり、ミステリにおける本作の評価が知りたいところ。

  • やれやれ『最後のトリック』に引き続き、また犯人にされてしまったよワトソン君。解説にある通り、再読に耐えうるという点では、アンチミステリーだと言える…しかし消化不良感あり。肉まんだと思って食べたらあんまんだった時みたいな違和感が読了後にあった。個人的にはミステリーという枠組みの中にある以上、ド派手などんでん返しを望んで読むわけで、本書のような結末はお呼びじゃなかったかな。書いてある内容は納得のゆくものなのだけれども。ミステリーとして読まなければ満足出来たのだろうなと思った。無茶ですが。

  • ワンダラーン。

    三大奇書、という触れ込みが良くない。
    先入観を持って本を読むのは本当に良くない。
    そしてミステリ、謎解きをしようと思って読むのも良くない。
    そもそも謎解きしながらミステリ読むのは下手だけど。


    ミステリに造詣が深いわけでもない、謎解きができるわけでもない、計算式や数々の暗号や経文を読み解けるわけでもない私は
    ただ、読む
    だけでよかった筈なのに

    中途半端な姿勢で読み始めて中途半端なまま終わってしまった。
    前半はどんでん返しどんでん返しでわくわくしたけど後編少しダレたかも。牟礼田出てきたあたりから何でもアリになっちゃった。

    キャラクターが魅力的でよかった。

    古典ミステリの引用やら何やらがたくさん出てくるのでミステリ好きな人は楽しいだろうなあ

  • 3大奇書を読破しようという淡い希望を胸にする読者にはオススメできない。この作品にはドグラマグラの重大なネタバレが含まれます。順番はドグラ、虚無、黒死館の順で読みましょう。
    思った以上に頭を掻き回される話だったと思う。
    次から次に探偵役が出てきて、アレも違うコレも違う、もっともっと違うといった具合に...
    その中でも群を抜いて、鬱陶しかったのがホームズ役。

  • うおー!!!
    上巻後半は止まらなかった、下巻はやや飽きてきたのとするりと解決させる気なさそうなのが分かったから、結末を知るために読んでた

    この虚無にあふれる読後感…どこから嘘かわからぬ文章…  正直小説としては失速してる気がするし最後が壮大すぎるけど、多分問題は結末じゃない。謎解きまでの、事実と嘘が入り交じった読み物としてすごく面白かった。

    推理をしてどんどん覆されて、話がどうなるのか全くわからない

全129件中 1 - 25件を表示

新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)に関連するまとめ

新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)の作品紹介

アパートの一室での毒殺、黄色の部屋の密室トリック-素人探偵・奈々村久生と婚約者・牟礼田俊夫らが推理を重ねる。誕生石の色、五色の不動尊、薔薇、内外の探偵小説など、蘊蓄も披露、巧みに仕掛けたワナと見事に構成された「ワンダランド」に、中井英夫の「反推理小説」の真髄を見る究極のミステリー。

新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする