追及・北海道警「裏金」疑惑 (講談社文庫)

  • 31人登録
  • 3.83評価
    • (4)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 北海道新聞取材班 
  • 講談社 (2004年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062748339

追及・北海道警「裏金」疑惑 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 北海道新聞が信念を持って取り組んだ北海道警裏金問題。
    北海道新聞が自分たちに対する反省(高知新聞のあり方)などからこうした疑惑に向き合った点は高く評価できると思う。

  • 下手な小説より面白い。文庫で500頁弱という文量であるが、調査報道の本質に迫っているように思う。解説の小林秀雄も、この圧倒的なボリュームと質を賞賛し、資料価値の高さを示していたが、その通りだろう。
    2011年六月に、この本ともう一冊の本の記述を巡って最高裁で争われ、最終的に道新が敗訴したが、この本の中心的な仕事の価値を貶めるようなものでは無い。

  •  佐々木譲さんの北海道警シリーズの下敷きになった本です。道警シリーズを読んだら、是非こちらも読んで下さい。

全3件中 1 - 3件を表示

追及・北海道警「裏金」疑惑 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

追及・北海道警「裏金」疑惑 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

追及・北海道警「裏金」疑惑 (講談社文庫)の作品紹介

架空の捜査協力者、ニセの領収書…。「流出」した旭川中央署の内部資料からすべては始まった。OBたちの捨て身の告発も黙殺しようとし、組織防衛に汲々とする北海道警。疑惑解明に及び腰の議会。その姿は日本の陰画だ。北の地のみならず全国にひろがる警察の宿痾=「裏金」の実状を暴く。

追及・北海道警「裏金」疑惑 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする