魔笛 (講談社文庫)

  • 1237人登録
  • 3.59評価
    • (104)
    • (187)
    • (278)
    • (23)
    • (9)
  • 166レビュー
著者 : 野沢尚
  • 講談社 (2004年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062748858

魔笛 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宗教ものとかサイコパスものが好きなので興味があり。
    手記として話が進むのになぜ警察内部の状況とかもこんなに鮮明に描けるのかとか、獄中の妻が何でこんな冴え渡った隠れた名探偵的ポジションやねんとかちょっと突っ込みたくなるところはあったものの、ラストの逮捕までのくだりは映像ばえしそうな疾走感ある感じやったなーとおもう

  • ストーリーの展開にスピード感があって、何か引き込まれちゃった感じが素直な感想。人の気持ちを少しドライな感覚で描いている。
    何か気持ちの中に残るかと言うとそうでもないが、とにかく面白かった。月並みだが映像として想像出来るところは、やはり脚本家出身。

  • 後半の盛り上がりに圧倒された。エンターテインメントの要素もあるが、それとは別に登場人物全てに翳りのある情念が付きまとっているところに惹かれてしまう。

  • 絶品!!
    手記の独特な読みづらさがあり、とにかく読まされる。でも何故か読んでしまってページが進まない。が…面白い!
    ラストに向かう臨場感は他に無いくらい凄かった。
    正義って何を定義しているのか考える本であった。
    わたし的に「信じる者は救われる」って言葉は宗教的な観点であるっていうことが理解できた本。

  • 人称が分かりづらくて読みづらい。
    ノンフィクションの態で書かれてるのに他のキャラクターの心象まで書かれてるのが混乱ポイント。照屋礼子は神の視点を持ってるとでも?
    現実感の薄い登場人物達の行動、良くも悪くも安い2時間ドラマ的な作品。
    設定、あらすじは面白そうだっただけに残念。
    クライマックスの緊張感煽る演出の3シーン交互に描く部分では各シーン自体が緊張感を得ることない陳腐さゆえにまだるっこしいだけだった。

  • 名人芸。

  • 斬新な設定。
    引きずり込まれる描写。
    なんだか新境地。

  • 前半で読むのを止めてしまった。
    犯人の手記、という体裁で書かれているがちょいちょい入ってくる犯人のコメントや、何でそこまで知ってるの?とかが気になってしまったので。

  • 新興宗教によるテロを、担当刑事、担当刑事と獄中婚姻関係にある服役囚、また真犯人であるところの警察官の3人を通して解決していく話。
    真犯人の動機、担当刑事との獄中婚姻関係に至った理由が全くわからないが、テーマが割と面白い。映画化すれば動機とかは適当でいいので、映画化すればいいと思う。

  • 途中でやめた

全166件中 1 - 10件を表示

野沢尚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

魔笛 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔笛 (講談社文庫)の作品紹介

白昼、渋谷のスクランブル交差点で爆弾テロ!二千個の鋼鉄球が一瞬のうちに多くの人生を奪った。新興宗教の教祖に死刑判決が下された直後だった。妻が獄中にいる複雑な事情を抱えた刑事鳴尾良輔は実行犯の照屋礼子を突きとめるが、彼女はかつて公安が教団に送り込んだ人物だった。迫真の野沢サスペンス。

魔笛 (講談社文庫)の単行本

ツイートする