蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

  • 4490人登録
  • 4.10評価
    • (846)
    • (603)
    • (573)
    • (25)
    • (7)
  • 533レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 講談社 (2004年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062748919

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【読了メモ】(140930 21:50) 浅田次郎『蒼穹の昴』(1)/講談社文庫/2004 Oct 15th/これは…!どうして今まで巡り合わなかったんだろう、手に取らなかったのは何故だと、過去を悔やむほどに惹き込まれる。

  • やっぱり浅田次郎はストーリーテラーとして素晴らしい。読み終えてまずはそんな感想が浮かんだ。

    元々苦手な歴史もの、更にはもっと苦手な中国もの。なのにとても楽しめて、どんどん読み進められた。初めは、何が史実に基づいていて何が創作なのかが気になったが、途中からそんな事はどうでもよく、これは浅田次郎が語る西太后と、春児と、文秀の話として引き込まれた。浅田の人物描写が素晴らしい。そして、創作であっても有名な西太后に新たな人物像を与えていて、それがなかなか良い。

    それにしても、カスチョリーネと文秀の手紙は電車の中でありながら、涙が出てしまった。うまいなぁ、浅田。他にもジーンとするシーン多数あり。また、お陰で中国の科挙制度や近代化に向けての時代について知る事ができ、興味も湧いた。

  • 清末は日本人が最も中国にあこがれる時間。三国志とか水滸伝とかの空想じゃない、リアルな中国との出会い。
     さて、ではそもそも清とはどんなところだったのか。数年前に藤原書店が叢書を出していたような気がしたが、難しい研究所よりもここは小説かな。
     数年ぶりに小説を耽読する時間を取れそうだ。

  • テーマは、生まれながらの運命・天命とどう向き合うか。中国の清の時代、女帝を中心にしたストーリーです。
    浅田氏はいろいろな分野の小説を書くのですね。彼の才能に脱帽です。軽いお涙頂戴小説は控えて、本書や義士壬生伝のような骨太な小説を次々と書いていただきたいです。リサーチがとても大変だとは思いますが。本書も登場人物の半分ほどは実在の人物です。
    中国の歴史小説を読んだのは初めてです。知らないことだらけでしたので、いろいろ新鮮でした。科挙試験のすさまじさ、星占いのおばあさんの影響度、料理の描写の美味しそうなこと、イエホナラとアイチンギョロの話、香港とイギリスの条約、皇帝政治、宦官制度が印象深かったです。前半は白太太が、後半はミセス・チャンが地味な脇役ながらキーパーソンです。どこかの批評にありましたが、確かに登場人物がやや多すぎかもしれません。中国語の名前は最初はとっつきにくくても慣れて来ます。
    イタリア人画家の幼馴染に宛てた手紙の章はどうにも我慢できなく、朝の通勤電車なのにズビズビと泣いてしまいました。浅野氏の「泣かせ」にまたやられました。実在の人物だそうで、台湾の故宮博物館に作品が残っているとのこと。検索してみたところ、とても緻密な絵画でした。
    浅田氏の小説は、最後がすがすがしいものが多いですね。

  • 蒼穹の昴
    まずタイトルが美しく、ひかれていた小説だが中国が舞台ということで手が出ずにいたが、読み始めたら面白い!
    中国の歴史物は登場人物の名前を覚えられず、中国読みか日本語読みかで混乱してしまうので、あまり読んだことはない。
    実際1巻目を読み始めた時には、誰がどの名前か混乱。
    しかし、そこを乗り切ればグイグイと物語に引き込まれていく。
    勧善懲悪のようなわかりやすい悪者なんていない。
    歴史が動くときには、それぞれが自分の信念をぶつけ合うだけなのだと思った。
    特に最終巻の清が崩壊していく流れは、胸がギュッとなるような切なさだった。
    最後のチュンルが西太后に、お国ことばで告白をする場面はたまらない。
    様々な登場人物の角度から物語が語られ、龍玉に見立てられた金剛石のように、多面体で、様々な光を反射して物語が立体感をもって迫ってきた。
    読んでよかった。
    漢字やわからない言葉を読み飛ばしながらだったので、何回も読んでさらに理解を深めたいと思う。

  • 中学の図書館でタイトルに惹かれて読んで以来、これほど何度も読んだのは他にないくらい大好きな中国歴史小説。
    文庫化されたときは歓喜したなぁ。

    中国読みの漢字たちに慣れるまで最初は読みにくいけど、定期的にルビ振ってあるし漢字好きには全く苦にならない。
    ただ、読むのにすごく体力消耗する。笑

    ハラハラドキドキワクワク。
    感情揺さぶられまくりで本当に楽しい作品。
    春児の人生を追うのが楽しくて読んでたから、珍妃と中原にはイマイチ惹かれなくて読んでないけど…今なら読んでみようかなー。

  • 中国は清朝の時代。漢民族以外が中華を統べていた時代、韃靼系は血筋に対する考えが漢民族よりドライだから、皇族にも優秀な人材が多かったそう。西太后も出てくるけど、その悪名しか知らず、実態を知らないから、そういう点も興味深い。4巻完結の大作だけど、この先も楽しみ。

  • 浅田次郎の中国清朝末期の歴史小説(4巻)。
    第一巻では科挙の上級試験に挑む文秀と、占い師の予言を信じ、宦官になって財力を得ようとする貧しい少年、春児の青年期が描かれている。
    科挙制度や宦官制度の当時の状況、歴史背景など詳細に描かれており、興味深い。
    なぜ、中国が日本と違い近代化が遅れたのか、そのような歴史上の考察も意識して読み進めたい。
    次巻以降も楽しみ。

  • 中国って壮大。
    そんな国を何年にも渡って治めた悪評高い西太后。偉大なんじゃなくて?
    私が知ってる歴史なんて、都合良く隠されて塗り替えられてきたものかもしれない。
    創作だとしても、波乱の中を一心に生きる主人公たちの姿に何度も胸を打たれた。

  • 中国の歴史を学べればええかなー、と思って軽い気持ちで読み始めたんやけど、普通にストーリーとして面白い!!
    まあ、浅田次郎の代表作やし、当然と言えば当然なんやろけどwww

    科挙とか宦官とか、それがなんなのかってのは知ってたけど、そこに纏わる話って学校の授業では教えてくれへん。
    けど、例えば、科挙試験がどういう風に行われて、それを通った人がどうなっていくのか、それがわかった方が歴史の面白さに深みが増す。
    この作品には、そういった面白さもありました。

    自分が好みやすい傾向にある成り上がりストーリーの匂いがムンムンやし、これからどんどん読み進めていこうと思います。

全533件中 1 - 10件を表示

浅田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)に関連するまとめ

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)の作品紹介

汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう-中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児は、占い師の予言を通じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀に従って都へ上った。都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた二人を待ち受ける宿命の覇道。万人の魂をうつべストセラー大作。

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする