蒼穹の昴(3) (講談社文庫)

  • 2981人登録
  • 4.09評価
    • (533)
    • (406)
    • (376)
    • (15)
    • (2)
  • 209レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 講談社 (2004年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062748933

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

蒼穹の昴(3) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 落日の清国分割を狙う列強諸外国に、勇将・李鴻章が知略をもって立ち向かう。だが、かつて栄華を誇った王朝の崩壊は誰の目にも明らかだった。権力闘争の渦巻く王宮で恐るべき暗殺計画が実行に移され、西太后の側近となった春児と、革命派の俊英・文秀は、互いの立場を違えたまま時代の激流に飲み込まれる。

  • 起承転結で言うと転にあたるであろう内容。
    時は流れ、時代は移り、役者が変わる。
    場面転換の巻。

  • このシリーズは、みんながみんな美化されているというか、
    根っからの悪人がいないという書き方が不満だったけど、さすがに3巻の最後は泣いた。
    ここまでくれば潔い。

  • 春児の人間としての温かみ、人を心から愛するから人から真に愛される、人間としての誇りを持っていることがよくわかった。だから西大后にも可愛がられるのだ。この巻でもカスチョリーネを始めとして清とヨーロッパの関連がよく述べられている。李鴻章、孫文、山県有朋、康有為、租借99年、光緒帝、北京条約、等歴史の躍動だ。春児と文秀は最後にどのようになるのだろうか?

  • 歴史の大きな流れが数人の登場人物に集約されていく過程がとてもおもしろい。昔読んだ時と違って知識が増えているせいか辞書を引く必要がなくなり、サクサク読み進められるようになった。

  • 次は玲玲が気になる!

  • 第3巻はどろどろの政争まみれ。特に栄禄(ロンルー)と李蓮英の二人は酷い。読んでいてちょっとうんざり。
    王逸の袁世凱暗殺未遂、楊喜禎暗殺、順桂の西太后暗殺計画等、事件が連鎖する波瀾万丈の展開。そして文秀と春児の久々の邂逅。物語は、帝党と后党が一触即発状態の中、光緒帝の親政がいよいよ始まるのか、というところで第4巻へ。圧巻なのは、英国との香港の租借を巡る李鴻章の堂々たる交渉の場面。
    著者は、米国ジャーナリストのトーマス・バートンに「例えばあと十年、清国が持てば、この男はきっと立派な立憲君主国家を作るだろう。つまり、お国の伊藤や山県に匹敵する人物だ」と言わせている。日本の元勲、伊藤と山縣を、革命第三世代の現実派として高く評価したコメントだが…。これはちょっとどうかなぁ。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    落日の清国分割を狙う列強諸外国に、勇将・李鴻章が知略をもって立ち向かう。だが、かつて栄華を誇った王朝の崩壊は誰の目にも明らかだった。権力闘争の渦巻く王宮で恐るべき暗殺計画が実行に移され、西太后の側近となった春児と、革命派の俊英・文秀は、互いの立場を違えたまま時代の激流に飲み込まれる。

    【キーワード】
    文庫・長編・中国


    +++1

  • 2015 12.8 読了。

  • 3巻。歴史が動き始めた。。

  • 面白かった
    中国清朝の末期の物語

    いよいよ第3巻
    物語は後半へ。
    他国の新聞記者なども入り混じり一気に歴史が動き出します。
    各国が清の分割をねらう中、どう振舞うのか...
    香港のイギリスへの割譲交渉において、割譲ではなく99年の租借として決着。
    なるほどなぁ、っとうなってしまいます!
    そして、保守派と改革派の行く末は?
    どんどん近代史のようになっていきます。

    3巻以上の小説を読むのは久々でしたが、話が面白いのでぐんぐん引き込まれていきます!

  • どんどん面白くなる。
    李鴻章の「99年はイギリス人にとっては永遠だが、中国人民にとってはそれほど長くない」という感性に感銘を受けた。香港の返還は、せっかく開発したイギリスにとっては痛手だったろう。

  • 清王朝は、日本でいう明治の時代なんだなーと、今更。
    どんどん清の崩壊が進んでいく。

    歴史だから、結果はわかってしまうのだが、どんどん読み進めたくなる。

  • ちょっと説明口調というか、大河ドラマのナレーターというか、いや大河ドラマなんて永らく見てないけども、そういうイメージの文章が多いような、ちうか何だかだれてしまったというわけで。

  • 架空人物に加え、乾隆帝ゴーストまで出てきてファンタジーっぽくなったが、史実どおりに清国の崩壊がはじまる。

    第三巻ラストの春児の立ち回りは圧巻。

  • 新聞記者が出てきたことで客観的に流れが見えるようになった3巻。
    新聞記者の役割や思惑を考えさせられたり、今との違いを考えさせられたりしたなぁ。

    春児がしっかり育ってて(私より年上になってしまった)好きになりそうだった。

    王逸のエピソードも好き。

    梁文秀何もしてないやん、と思ったけど、鈴鈴に手を出さなかったのは偉いと思う。

  • 小梅!文秀は誰にも奪うことは出来ない宝を持っている‼︎

  • 後半、一気に読み切りました。
    まとまった時間をとれずに、途切れ途切れに読んでいましたが、できれば一気に読んだほうが面白い(当然ですが…)ですね。

    色々な方向から、ひとつの大きな流れが描かれていて、それが繋がりつつあるおもしろさ。

    小梅と王逸のやりとりには胸がいっぱいになりました。
    字を知り、ものを知り、考えられるということが、いかに人間としての尊厳を支え、強くするのか。
    そして、最後の春児を囲むシーンの爽快なこと!

    登場人物たちの様子がより際立って、最終巻は一気に読めそうです。

  • 【読了メモ】(141013 8:22) 浅田次郎『蒼穹の昴』(3)/講談社文庫/2004 Oct 15th/ぉぉお…春雲、しあわせになれ…( ´ ;ω; ` )

  • もう続きを読まずにいられない。

    世代交代が進みつつあり、激動の時代に入ってきました。

    この壮大なドラマをどうまとめるのか期待しつつ最終巻へ

  • 63
    いよいよ時代は大きく動き始める。
    西太后が頤和園にうつることを決め、光緒帝の新しい政が始まるかと思われたが、楊先生が殺されると歴史はいよいよ激しく虚ろう。
    文秀、春児は望む望まずに関わらず、歴史の表舞台に引き摺り出されるのであった。

  • ミセス・チャンは万能だなあ。
    王逸が小梅に宇宙について教える件でなぜか胸が一杯になってしまい読む手が止まりました。「あたし、これ、わかったよ」...!

全209件中 1 - 25件を表示

蒼穹の昴(3) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蒼穹の昴(3) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蒼穹の昴(3) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蒼穹の昴(3) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

蒼穹の昴(3) (講談社文庫)の作品紹介

落日の清国分割を狙う列強諸外国に、勇将・李鴻章が知略をもって立ち向かう。だが、かつて栄華を誇った王朝の崩壊は誰の目にも明らかだった。権力闘争の渦巻く王宮で恐るべき暗殺計画が実行に移され、西太后の側近となった春児と、革命派の俊英・文秀は、互いの立場を違えたまま時代の激流に飲み込まれる。

蒼穹の昴(3) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする