蒼穹の昴(4) (講談社文庫)

  • 2985人登録
  • 4.13評価
    • (592)
    • (372)
    • (375)
    • (17)
    • (2)
  • 272レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 講談社 (2004年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062748940

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

蒼穹の昴(4) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 久々に読んだ後に、心に重く何かが残りました。
    壮大で激動の時代に生きた人物たちのそれぞれの人生を一緒に生きた感じがしました。さすが、浅田次郎です。たくさんの人が出てくるのにとてもわかりやすかったです。
    中国の歴史をちゃんと勉強したくなりました。

  • 重要キャラクターの最後が非常に気になり、最後まで一気に読んでしまった。すぐに続編を購入したくなるほどの満足感。

  • 人間の力をもってしても変えられぬ宿命など、あってたまるものか―紫禁城に渦巻く権力への野望、憂国の熱き想いはついに臨界点を超えた。天下を覆さんとする策謀が、春児を、文秀を、そして中華四億の命すべてを翻弄する。この道の行方を知るものは、天命のみしるし“龍玉”のみ。

  • シリーズ4冊目も読了。
    滅亡を迎える清国にまつわる話。
    為政者として、仕える宦官として、官僚として、列強諸国の記者として、彼らを支える家族として。
    様々な立場から見た国のあり方について考えさせられた。

    正解は分からないけど、最低限やっちゃいけない事は分かった。

    権力者が私欲のために組織の権力を使い始めたら滅亡の始まり。って事

    謙虚にいきましょう。

  • お見事としかいいようがない。
    大大大好き。
    ほんっとーに面白い。
    難しそうでなかなか手に取れなかったけど、もっと早く読んでれば良かった。
    続編もあるらしいから、それも読みたい

  • まさに超大作。清朝末期を舞台とした壮大な歴史ドラマです。
    あくまでも小説、という事で登場人物は架空実在混在状態。ストーリーも、史実とフィクションの間をふわふわ漂っているような不思議な感覚です。
     
    それにしても登場人物たちのなんとたくましく、そして人間くさい事か。悪女と罵られた西太后に惜しむ事ない愛情を降り注ぎ、読者の中国史観にさえ影響を与えるたいへんな作品です。

    登場人物の誰もがもがき、苦しみ、しかし一筋の光明を見出していくなかで静かに幕を閉じる物語。しかし激動の中国史は、まだまだここからが盛り上がりどころなわけで、これは是非にも続編を読まねばなりません。

  •  タイトルは乾隆帝に仕えたイタリア人・郎世寧(ジュゼッペ・カスティリオーネ)が宮殿に描いたという青空よりも青空らしいとされたフレスコ画に光る天上の昴から。『中原の虹』シリーズに続いて読了、作者の中国近代史シリーズを堪能した。最後になってまさか毛沢東少年まで出てくるとは思わず、ちょっとびっくりした。
     
     『中原の虹』シリーズもそうだったが、作者のこのシリーズには、中国の大地とそこに生きる人々、中国の王朝が築き培ってきた歴史と伝統に対する誠実な敬意が感じられる。清朝といえば老大国、頑迷固陋の代名詞というのが近代日本の通り相場だが、科挙の詳しい仕組み、その厳しい選抜をかちぬいた選良としての進士・士大夫の生きざまが、何ともいえず格好いい。日清戦争の敵役たる李鴻章の偉大さは、この物語が改めて発見したものではなかったか。
     もう一つ重要なのは、黒子役として活躍する在北京のジャーナリストたちである。光緒帝幽閉・変法派処断のクーデター時には、各国のジャーナリストたちが束になって、亡命する梁文秀の盾となる。「僕らの書いた記事は必ず国策によって、あるいは社の思惑によって、書きかえられてしまう」「僕らの行為は、何ひとつ歴史を変えることはできないかもしれないが、少なくとも今、僕らは歴史に参加している」。日本人ジャーナリスト岡圭之介とアメリカ人ジャーナリストトーマス・バートンは、まるで作者の中国への愛と敬意を代行するように、作中での〈義〉の在りかを指し示している。

     『中原の虹』での趙爾巽もそうだったが、書くこと、記録することは確かに現実政治には無力である。しかし、無力であるがゆえの力というものもあるのだ。未来に向けて書かれる言葉には力があり、そのようなテクストは必ず誰かが読み継いでくれる。そんな希望を、この物語たちは教えてくれる。

  • 昔読んだ時と比べ、自分の中の受け取り方が変わっていたのが個人的に面白い。
    前回は西太后に同情し作中でも好きな人物だったが、今回は嫌いな人物の筆頭に上がってしまった。前回は袁世凱が嫌いだったが、今回はそうでもない。むしろ栄禄と何より康有為が嫌いになった。
    現実の政治に対する閉塞感などを反映して、社会悪や無能な夢想家というものにより強い憤りを覚えるようになったのだと思う。興味深い。

    以前はどうでもいい蛇足というイメージだった岡とトムのパートが、今回かなり好き。というかトムが好き。

  • 今気になっている晩清の物語ということもあって、一気に読んだ。私は春児より史了のほうに惹かれた。

  • 最終巻、話がしりきれとんぼで終わってしまって、読後に消化不良感が残る。龍玉を巡る伏線がいくつも張られていたのに、王逸の龍玉を守る使命もうやむやのまま。状元として活躍に期待がかかっていた文秀も、むしろ他の革命勢力に引きずられてしまっていて、最後まで描かれ方が今一。王逸が最後、毛沢東の家庭教師に収まるというのも無理筋じゃないかなぁ? 最後も、日本に向かう船上での文秀の独白的な手紙で、変法活動を強引に総括して終わっちゃった。
    と言うわけで、最終巻にはかなり不満が残る。「珍妃の井戸」や「中原の虹」をへと読み進めば解消されるのだろうか。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    人間の力をもってしても変えられぬ宿命など、あってたまるものか―紫禁城に渦巻く権力への野望、憂国の熱き想いはついに臨界点を超えた。天下を覆さんとする策謀が、春児を、文秀を、そして中華四億の命すべてを翻弄する。この道の行方を知るものは、天命のみしるし“龍玉”のみ。感動巨編ここに完結。

    【キーワード】
    文庫・長編・中国


    +++1

  • 中国のしきたりや風習に最初は馴染めず、読みにくい部分もあったが、あまり細かいことは考えずに読み進めた。そのうちにこの物語の世界に入り込むことができた。3巻あたりでちょっとだるくなったが、4巻でまた息を吹き返し、最後は毛沢東の幼少期も出てきて、この後どうなるのかおもしろくなってきた。

  • 2015年11月10日読了
    本を読んでお腹が膨らみました。
    読んでる最中に清朝 明朝 宦官 科挙 乾隆帝 女真族 八旗 李鴻章 など調べる調べる。おかげでなかなか進みませんでした。
    西太后のイメージは変わりました。
    映画「西太后」やその他の話、中国三大悪女と言われていましたが、清朝後期を支えるのは並大抵のことではないでしょう。今の私には清の英雄に思えます。
    当然、フィクションも入っているでしょうが、これを歴史として受け入れます。
    ただ、中国の苦難はこれからも続きますが。
    ラストエンペラー溥儀、満州国 日中戦争 長征 文化大革命。
    この先の話も読みたいですね。
    プロジェクトAの様な香港なんてきっと嘘なんだろうな。

  • 大作だった。たしかにおもしろかったのですが、ちょっとファンタジーになっちゃったかな、と。

    士大夫、というものの生き方、というか夢があっていいのですが、史実も含めてなんだか複雑な話でした。。

  • 自分の力で運命を変えた春児は結局しあわせだったのか。脱出した王逸はまさかの出会いをする。
    登場人物が多くて、それぞれにドラマがあってそこも面白かったけど、もう少し文秀の活躍をみたかった。

  • 面白くて一気に読んだ。
    西太后、皇帝、李鴻章など一部の人物を善意に描きすぎな感じはあるが、清朝末期の歴史の動きがよくわかった。
    文秀が最後に、変法派の誤りは自分たちの境遇が所与のものと思い、民に施しをしたことだと振り返ったのが印象的だった。恵まれた境遇にたまたま生まれただけなのだから、施しではなく尽くすことを考えねならなかった。
    ノブレスオブリージュの本質であり、奥の深さを感じた。

  • 面白かった
    中国清朝の末期の物語

    最後の第4巻
    ついには西太后への暗殺未遂
    クーデターは失敗に..
    どうなる文秀、春児といったところです。
    ラストエンペラーまで行くのかと思いきや、本書ではラストエンペラーまでは語られていませんでした。

    こうやって話を読むと西太后の印象がずいぶん変わります。たしか、高校の時には悪帝、悪女としてイメージされていた気がするのですが、本書では、一人の女性として、そして母親として語られています。

    そして、最後に語られる蒼穹の意味..
    伏線が効いています。
    とても心地よい余韻です。

    さすがに4巻読むのは時間がかかりましたが十分堪能できました。
    調べてみると、珍妃の井戸、中原の虹、マンチュリアン・リポートと続いていくんですね。まんまと出版社側の策略にはまっていくか(笑)

  • おもしろかった(^◇^)
    リンリンが可哀想(泣)

    ずっと柴少佐を、紫少佐だと思ってた…。
    カタカナで初めて気がつきました(+o+)

  • 最後に勢いに乗ってきたこれ。最後まで西太合には感情移入できないというか、納得できんというか、ばしばし殴るは蹴るは酷いけど実は心で泣いてるのって言われてもやっぱ痛いのいや!って感じで。
    国を治めるには施しを与えるのではなく寄り添って生きていくのであるってのは、国だけじゃなくて、先生と生徒とか、親と子とか、なんかいろんなとこに言えそうで、あー、大事だよねー、って思いつつも、結局中国も今はあんなだし、いつまでたっても難しいって事なんだな、きっと、と自分を納得させたりもする。

  • 光緒帝もしくは西太后崩御まで描くのかと思っていたが、意外なところで終わっていた。
    帝党のクーデターが未遂に終わり、文秀たちの身が危険に。いっぽう、我が子同然の帝の翻身によって、傷心の西太后のもとには位冠をのぼりつめた春児が。

    全巻通しての評価は★4つ。
    歴史のうねりの中で架空の人物の活躍を描くのは難しいかな。文秀の活躍がいまいち、というか、彼は改革派でありながらエリート批判の権化に使われてしまった感じも否めない。全共闘世代の学生運動の壮士たちみたいなものだろうか。

    もうちょっと、両者の対決が見たかったかも。
    謎の女スパイ、チャンや日本人新聞記者など脇役に喰われてしまった印象。

    乾隆帝と絵師のエピソードは冗長すぎて不要だったので割愛しても良かったのではないだろうか。タイトルの解き明かしになったシーンが出てくるあたりは感動的なのであるが、なぜ、いきなりあの幼少時代でラストを締めくくったのか、わからない。

    本書が伝えたかったのは、運命を乗り越えて、人の優しさを失わずに生きることの大切さだったのだろう。個人的にお気に入りは、王逸の最後の登場シーン。まさか、あの有名人物と接触するとは。

    大作で力量を感じるが、直木賞を逃したのはなんとなくわかる。

  • 「同志」という言葉は60年代に「言葉狩り」の対象になるんですよ。文化大革命の頃。同志って言葉を使うことでこいつ、共産党員じゃね?社会主義の中国において、ブルジョワっていうあってはならない階級にいるんじゃね?と疑われたわけです。だから、敬称が「先生」になった。中国語の「先生」は医者や教師や政治家を指す言葉じゃなくて、目上の人への「○○さん」なわけですね。(偉そうに書いて違ってたらどうしよう)

    毛沢東は1966年から1976年にそのまっただ中にいることになるわけですけれども、その中での功績とか罪過はとりあえず置いておいてですね。(っていうかよくわからないから)
    それを教えたのが王逸だという物語の設定がね、とても良いと思います。

    以下、本文引用。
    「おまえは学問をして、偉い人間になれ。何もできずに死んでいった子供らや、兵隊たちの分まで頑張れ。俺は死ぬまでおまえのそばを離れない。俺の持っているものを、全部おまえにあげよう」
    「全部って……おじさん、何も持ってないじゃないか」
    王逸は歩きながら、少年の掌を額に導き、弊衣の胸に置いた。
    「ここと、ここに、たくさん詰まっている。俺と一緒に、頑張ってくれるかね、毛同志」
    「同志?」
    「そう。ともに学び、ともに戦おう。俺たちは、同志だ」
    王逸は少年を高々と肩車にかかげ、山の端の翳りを踏みこえて、ふしぎな紅色の光の中に歩み入った。
    引用終わり。

    かっこいい。王逸、めっちゃかっこいい。
    あと、紅色の光の中、って浅田次郎さん、良い表現するなぁと思う。中華人民共和国の色。未来の色。

    そして、その同志という言葉を梁文秀が光緒帝の手紙におそらくほぼ同時期に使っているのがもっと良い。
    2人が、王逸が「どうしてもかなわない男」といった梁文秀とその王逸が、知らずに同じ言葉で、中国の歴史に残る人物2人に「同志」と呼びかける設定、めちゃくちゃ良いじゃないですか。
    手紙をもみしだきながら慟哭し、梁文秀は譚嗣同を同志と呼ぶ。それも素敵。国も境遇も生死さえもばらばらに、別々になったのに、彼らは同志なのです。すごい。かっこ良すぎる。

    「同志」―志同じ者、この言葉が非難の対象となった時代のことはよくわかりませんが、たった2文字に疑心暗鬼になるなんてちゃんちゃらおかしいと思うんです。
    浅田次郎さんのことを思うのはおこがましいの極みですが、言葉を紡ぎだす人として、「蒼穹の昴」最後に同志という言葉を使ったのではないかと思います。

    なんか、書きすぎたな。
    あと、解説を書いている陳舜臣さんの姪の授業を受けられるというのも幸せですね、単位ください。

  • 1巻~4巻までの感想纏めて。清王朝末期の史実に沿って、実在した人物と架空の人物・脚色されたストーリーを織り交ぜた長編小説。龍玉という中国の古典的とも感じ取れる幻想的な要素と当時から今に繋がる中国歴史の闇という対照的な素材が独特の世界観を演出しています。一般的に知られる西太后が真逆のイメージに描かれた視点は面白いが、昴の運命に沿った春児の成功か否かはもっとわかり易くラストを飾ったほうが好みでした。

全272件中 1 - 25件を表示

蒼穹の昴(4) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

蒼穹の昴(4) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蒼穹の昴(4) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蒼穹の昴(4) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蒼穹の昴(4) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

蒼穹の昴(4) (講談社文庫)の作品紹介

人間の力をもってしても変えられぬ宿命など、あってたまるものか-紫禁城に渦巻く権力への野望、憂国の熱き想いはついに臨界点を超えた。天下を覆さんとする策謀が、春児を、文秀を、そして中華四億の命すべてを翻弄する。この道の行方を知るものは、天命のみしるし"龍玉"のみ。感動巨編ここに完結。

蒼穹の昴(4) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする