ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

  • 9934人登録
  • 3.77評価
    • (1106)
    • (1081)
    • (1838)
    • (80)
    • (17)
  • 631レビュー
著者 : 村上春樹
  • 講談社 (2004年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749046

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物語自体が大きな比喩なのだろう。

    分厚いのに、とりつかれたように読み進めてしまう。
    ふいに、台詞が自分に言われているような気がして、どきりとする。

    あと、文化的雪かき。

  • 「羊をめぐる冒険」の続編、4年後の”僕”。
    懐かしい音楽とともに70年代から80年代へと時代が変わってゆく。
    羊男との再会の後、ヘンリー・マンシーニの「ムーン・リヴァー」が、僕を現実へと迎えてくれる。

    ドルフィンホテルのフロントの女の子、元ガールフレンドのキキ、不思議な能力を持つ美少女ユキ、映画スターになった中学の同級生五反田君、メイと名乗る高級コールガール、
    何がどう繋がっているのか。新たな冒険が始まる。

  • もう何度めかのダンス。
    私はキキのファンなので、
    彼女がうまくやってるとうれしくなります。
    ユミヨシさんもすきです。
    ダンス・ダンス・ダンスにでてくる女の子はみんな、
    魅力的だとおもう。
    メイもすてき。

    無性に青豆ちゃんに会いたくなっているので、
    つぎは1Q84だな。

  • 好き。

    踊るんだよ、音楽の続く限り。

  • オドルンダヨ。オンガクノツヅクカギリ。

    今まで読んだことのある本の中でもトップクラスに私と相性が良かった。

    まず序盤の何の生産性もない生活。え、これ小説として大丈夫なん?と心配になるレベルで無味乾燥なストーリー。

    そうかと思えばキキを探してホテルの精、ユキ、メイといった魅力的な女性との出会い。性交もします。

    そして羊男との再会も良い展開。

    個人的に好きだったのは五反田君。彼とのやり取りは非常に読んでて気持ちがいい。

    下巻が楽しみです。

  • (上下巻あわせたレビューです)

    いやあ面白かったです。
    これで『風の歌を聴け』からの4部作を全部読んだことになりますが、本作が一番読んでいて楽しかったです。
    著者のデビュー作、第二作あたりは著者が純粋に文学やってますという雰囲気で、自分にとってはやや難解で取っつきにくいところがあったのですが(それはそれで魅力があるというのも一応分かるのですが)、『羊をめぐる冒険』からはストーリーが洗練されて非常に読みやすくなり、本作ではさらにその度合いが強くなっているように感じました。
    本作ではSFチックな設定のもと、ミステリ・恋愛・死・そして少しの社会問題(主にシステムに関わること)を絶妙にブレンドした内容となっており、とても読み応えのあるエンタテイメントに仕上がっていると思います。物語の完成度でいうと『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』の方が上だと思いますが、近年の長編と比べると全然こちらのほうがいいですね。読後感がすっきりしているからというのもあるかもしれません。

  • これまでに読んだ村上春樹作品の中では、ストーリーが追いやすく、面白いと思った。
    これから下巻にいきます。

  • (借りて読んだ本)
    初村上春樹氏で少し構えていた『羊をめぐる冒険』
    で少し馴れたのか口調文体を気にしながらではなく
    純粋に読める。感想は下巻を読んでから。

  • 言葉遊びと言えば聞こえの良い、
    今で言う厨二病が右往左往する話。

  • 羊男がでてきたのがうれしかった。なんだかなごめる。最後、結局どうなったのかわからないまま終わってしまった感じ。また再読しようと思う。

全631件中 1 - 10件を表示

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)の作品紹介

『羊をめぐる冒険』から四年、激しく雪の降りしきる札幌の街から「僕」の新しい冒険が始まる。奇妙で複雑なダンス・ステップを踏みながら「僕」はその暗く危険な運命の迷路をすり抜けていく。七〇年代の魂の遍歴を辿った著者が八〇年代を舞台に、新たな価値を求めて闇と光の交錯を鮮やかに描きあげた話題作。

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)の単行本

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)の文庫

ツイートする