1973年のピンボール (講談社文庫)

  • 9532人登録
  • 3.39評価
    • (517)
    • (922)
    • (2228)
    • (285)
    • (51)
  • 690レビュー
著者 : 村上春樹
  • 講談社 (2004年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749114

1973年のピンボール (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人間が出てこない。
    人間が書かれているはずなのに、人間がいない気がする。稀薄。
    特に女性はいない、軽い、特徴的な双子だって、人間じゃない。
    男女の関係を自然なもののように扱おうとしているけれど、とても薄っぺらく、そもそも人間じゃない。
    人間がいないのに、人間の心を語っているようで違和感。

  • 鼠の感じてる焦りとか不安とか悲しさとか息苦しさとかわかるようなわかんないような
    彼女に何も言わずにさよならしちゃうような心境なんだろうね

    双子ちゃんがなごみでした
    配電盤のお葬式とかかわいいなー
    僕は相変わらずですね
    朝起きたらベッドに双子の女の子がいたら!いいなぁー

    20140102

  • デビュー作『風の歌を聴け』と、二作目の本作はまだ未熟だった頃の作品だから、と海外での刊行が一切されていないそうですが、その理由が分かった気がする。未熟というよりも、書きたいものとか今までの人生で考え続けてきたものがたまりに溜まって、それをなんとか形にして出さなきゃって思って、様々な表現を取りながら溢れ出ている、そんな感じ。物語として成立しているよりも、どっちかっていうと本当に真摯な告白のような、そんな気がする。これからの創作に向けてのパワーみたいなものがひしひしと感じられて、でも途方もない行き場のなさ(それも一種の今後のテーマとなっていくでしょうが)もあって、原点みたいなものを感じてわたしは好きだなあ。それにしても、わたしは女で、なんていうか、まあそれなりに一生懸命生きていて、悩んでいることに突き刺さるようなものが書いてあって、ほんとうになんだかなにが可能なのか分からない悲しさ、ほんとうに悲しくて眩暈がするような切実な悲しさを感じて、胸が痛かった。

  • 雰囲気が、とてつもなく好き。
    この小説の時代に行ってみたい。

    流れていく時代と、
    おいつけない自分。

    まだ捉えきれない、すべて。
    ただ、雰囲気が、凄く良い。

  • 文章をただ読むのではなく、味わうことを教えてくれた作品。
    平凡なひとつひとつの出来事が、オリジナリティ溢れる描写で表現されており、これぞ芸術と思わせてくれるような1冊であった。

  • デビュー作「風の歌を聴け」から「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」までの初期三部作は語り手である<僕>と友人の<鼠>の 『三部作』および「ダンス・ダンス・ダンス」を加えて『四部作』と呼ばれている。
    この本では<僕>の話しと友人の<鼠>話しがパラレルに進行している。
    <僕>のガールフレンドの直子は3年前に自殺した。
    『スペースシップ』で<僕>がハイスコアを出して3年。
    『スペースシップ』はなくなり、<僕>は直子の死に捉えられている。

  • 作者を隠して読んでも村上さんの作品と当てられそうなほど濃い世界観のある作品。
    日常には起こらなさそうなことばかりだけど読んでいるとなぜか日常を感じる。
    また読もう。

  • 過去を美化していては新たな一歩を踏み出せないよ、という前向きな話かな。

  • 筆者の言葉を借りれば、この作品は出口のない物語かもしれない。俊逸なテーマ性や出来事が起こるわけではない。静謐でただ少し投げやりな退廃な世界が綴られる。小説としては良作とは言いにくい。

    しかし本作で使われる文章は美しい。小刻みで軽やかだけど深淵で哲学に富んでいる。一番にはならないがふとしたときに読みたくなる作品だ。

  • 内容紹介
    僕たちの終章はピンボールで始まった
    雨の匂い、古いスタン・ゲッツ、そしてピンボール……。青春の彷徨は、いま、終わりの時を迎える

    さようなら、3(スリー)フリッパーのスペースシップ。さようなら、ジェイズ・バー。双子の姉妹との<僕>の日々。女の温もりに沈む<鼠>の渇き。やがて来る1つの季節の終り――デビュー作『風の歌を聴け』で爽やかに80年代の文学を拓いた旗手が、ほろ苦い青春を描く3部作のうち、大いなる予感に満ちた第2弾。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    前作1970年から少し時間のたった世界。
    冒頭で、「僕」は29歳、「鼠」30歳と言うくだりがあるけれど、本文内ではたぶん「僕」24歳で「鼠」は25歳。

    この作品では「鼠」が自分の今後に立ち止まってしまっていて、もう25歳なのに、みたいな思いを巡らせるシーンもあるし。

    それに比べて「僕」は至極順調な生活を送っている。
    得体の知れない双子の女性を飼い(って表現はおかしいけどたぶんそのものだと思う)、翻訳の仕事をし、毎日淡々とながらやるべきことのある日常を送っている。

    双子と彼の会話がまた意味不明...
    まーったくかみ合ってないよね(苦笑
    いやもう、春樹さんじゃなかったら本投げてるわ(笑
    「なんじゃそりゃー」ってw

    メモってないのでどこって聞かないでねw
    読めば分かります、たぶんw

    にしても、前作が村上春樹の中でのご挨拶的作品とすると、今作はそこからいろいろと派生して今後のテーマやメタファーになりうるものがたくさん出て来たように思います。

    ノルウェイの森に出てくる「直子」さんも、ちら見せ。
    いや、この本でもすでにもう亡くなってるようなんです。
    ちゃんと読まないと因果関係がまだちょっと分からないのですが。

    「沼」とか「海」とか「川」とか水のメタファー、
    ピンボールに象徴される旧時代の輝き、
    出会いと別れ...

    この後の村上作品に通じるたくさんのものを見ることができる作品のように思います。

    双子の素性が気になるな~。
    どこかでまた出会うことがあるのでしょうか。

    物語の後半で、やっと?ピンボールの話が出てきます。
    この作品では「僕」と「鼠」の直接の関わりはなく、ピンボールの思い出として少し語られるくらい。

    ピンボールって正直パチンコ様のものしか浮かばないんですけどそれで正解ですかね?不安。

    でもピンボールと言う遊具が、このほんの少し前の時代のキラキラ感を象徴するアイテムだったんだろうな、と。

    そしてやっと求めたピンボールに出会えたとき、
    彼女らは暗く大きな倉庫にしまわれている...

    そのピンボールの行方も、作品に共通する退廃感と混じり合って全体の雰囲気を強調してる気がします。

    さて、次は大作と言われる「羊たちの冒険」。

    ピンボールを見つけた僕、旅に出た鼠。
    彼らがどのようになっているのか、再会を楽しみにしています^^

全690件中 1 - 10件を表示

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

1973年のピンボール (講談社文庫)に関連するまとめ

1973年のピンボール (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

1973年のピンボール (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

1973年のピンボール (講談社文庫)の作品紹介

さようなら、3フリッパーのスペースシップ。さようなら、ジェイズ・バー。双子の姉妹との"僕"の日々。女の温もりに沈む"鼠"の渇き。やがて来る一つの季節の終り-デビュー作『風の歌を聴け』で爽やかに80年代の文学を拓いた旗手が、ほろ苦い青春を描く三部作のうち、大いなる予感に満ちた第二弾。

1973年のピンボール (講談社文庫)の文庫

1973年のピンボール (講談社文庫)の単行本

1973年のピンボール (講談社文庫)のKindle版

ツイートする