羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

  • 11721人登録
  • 3.68評価
    • (1079)
    • (1346)
    • (2364)
    • (127)
    • (14)
  • 701レビュー
著者 : 村上春樹
  • 講談社 (2004年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749121

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ほぼ初めて読んだ村上春樹の小説。描写に垣間見られる世界の捉え方が心地良いというか心にすっと沁みるというか。話が進むに連れ、物語として形を帯びていくのが面白い。下巻でどうなるのか気になるところ。お酒とインスト系音楽との相性が素晴らしい。

  • 同じ時期に購入したダンス・ダンス・ダンスを先に読んでしまったことに多少の後悔を感じながら、時系列を逆行しているんだと割り切って読了。後半につれて彼女の本当の耳に対する興味とタイトルの意味が判明してくるワクワク感にのめり込んでしまいました。心理学の本の問答を読んでいる気がして面白いです。
    これは一体どうなるの……!下巻も早く読みたい

  • 下にまとめて書きました

  • 不思議な話。鼠のように暮らしたい

  • 先生の秘書…隙のない完璧さがとても好き。

  • 何回、読んだだろう。
    読むたびに20歳の自分を思い出す。

  • まだ上巻なので今後の展開が分かりませんが、村上春樹さんにしては珍しくストーリーがちゃんと順番通り進むので自分でも理解できました。羊をめぐって北海道に行った僕とガールフレンドの今後が楽しみです。

  • 「羊の話だ」
    羊を通してつながる主人公、男、彼女、鼠。
    この上巻では羊探しの旅に至るまでの過程が描かれている。

    なんだかよく分からないけれど笑、個人的には主人公の自己肯定感の低さを補ってくれる彼女の言葉が印象的だった。

  • 主人公の不思議な関係の友人がきっかけとなって、不思議な組織に目をつけられて、その指示によって羊を探しに行かなければならなくなるところまで。この上巻はそういった話です。メインの羊の部分以外に主人公背景について物語られており、その凡庸性と特殊性になんとなく浸ることができます。そのなんとなくが小説の流れになっていて、しかしその油断のまま大きな物語に巻き込まれてしまう。どうしようもなくなってしまうのですが、それでもそのどうしようもない状況に向かうことを自分で決断することにこだわる主人公の姿勢に共感することができるのではないでしょうか。
    いろんな人や組織や社会は、一つの理屈で動いているのではなく、それは複雑なのだということを、人にはそれぞれ物語があるということを教えてくれる小説だと思います。

  • 平成28年10月15日読了。前に読んだ2冊(風の歌を聴け、1973年のピンボール)に比べて面白かった。上巻を読み終える頃、学生時代に一度読んでいたことを思い出した。

  • 2016.10.10〜10.24
    話が動き始めて、それなりに楽しくなってきた。

  • 凄く下らないけど、そう分かっているから凄く引き込まれてしまう。次巻がとても楽しみ。

  • 感想は下巻読了後に

  • 鼠から送られた羊の写真を広告に使ったところ、その広告は巨大な権力によって差し止めとなってしまった。羊が写る写真の中で、この世には存在しない羊が存在していたからだ。その羊をめぐり僕は奔走する。

  • (上下巻あわせたレビューです)

    著者初めての長編ということもあるのかもしれませんが、前2作と比較すると物語の重厚さが増しており、かなり面白く読めました。巨大なシステム、恋人の失踪、戦争の記憶、個性的なキャラクターなど、後の作品に繋がるテーマが多数描かれており、まさに村上春樹の原点ともいうべき作品に仕上がっていると感じました。
    ストーリー自体には割と既視感がありますが、それは本作発表後に他の多くの作家によって本作が模倣された結果とのことで、そう考えると1980年代以降の日本文学のパイオニア的な位置づけの作品になるのでしょうか。ちょっと言い過ぎかもしれませんが・・・。
    『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』に続く青春3部作の完結編と謳いつつ、更なる続編として『ダンス・ダンス・ダンス』があるとのこと。本作のエンディングから続きがあるとはちょっと意外な感じがしますが、どういう展開になっているのか楽しみです。

  • 昔通ってた眼下の先生が一番好きだって言ってた作品。
    どうでもいいか

  • 非現実が現実のようで楽しいです!

  • 【羊をめぐる冒険】

    ※上、下巻の感想をまとめて記載

    村上春樹好きの先輩から勧められて読んだ本。
    人と同化することで強大な力を発揮する羊を探すという、大人なファンタジーという印象の作品。
    世界の終わりとハードボイルドワンダーランドと同様、この設定+世界観に引き付けられ一気に最後まで読んでしまった。

    例外に漏れず、「酒」+「音楽」+「女」という要素が入っている。
    僕、鼠、ジェイを含め、とにかく出てくる登場人物達が最高に気障でクールなところがこの作品の面白いところだと思う。
    村上春樹の作品には色々楽しみ方はあると思うが、理詰めではなく、作品全体に漂う色気・雰囲気を味わうことが一番良いのではないかと感じる。

    個人的には、魅力的な耳を持つ彼女がたまらなく好き。

    <所感、考えたこと>
    ・主人公の精神的な弱さを見せる作品が人の共感を得やすい風潮は、小説もマンガも共通か?(ガンダム、エヴァ等)
    正よりも負の感情の方が、人の共感を得やすのか?
    少なくとも、表に出せないような負の感情を小説で共有できた場合、救われたような気持ちになることはあると思う。

    <印象に残った言葉>
    ・良いバーはうまいオムレツとサンドウィッチを出すものなんだ。 (僕 上 P59)

    ・いわしなんてどうでしょう?つまりこれまでいわし同様に扱われていたわけですから。 (運転手 上 P260)

    ・弱さというのは体の中で腐っていくものなんだ。まるで壊疽みたいにさ。俺は十代の半ばからずっとそれを感じつづけていたんだよ。だからいつも苛立だっていた。自分の中で何かが確実に腐っていくというのが、またそれを本人が感じつづけるというのがどういうことか、君にわかるか? (鼠 下 P224)

  • 羊をめぐる冒険ってなんの比喩だろうと思ってたらホントに羊をめぐって冒険してるんですね。

    世界は1970~80年代日本なのに、絶対に現実世界では言わないであろう会話や、やり取りが繰り広げられる。そういうところにファンタジーを感じました。精神的ファンタジー。

  • 「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」に続く鼠三部作の最後の物語。上記二冊とは異なり、断片的な物語から、断続的または連続する物語に変化した。抽象的な表現からフワフワした物語が、今作は回りくどいが理解は出来る優れた表現が増え、ある程度筋道のある展開がされる物語になった。そのためか全体の雰囲気が厚みが増し、拡大して、感情的な記述がかなりダイレクトに伝わるように変化した気がした。「1973年のピンボール」でも悲しみに重きを置いたストーリーになっていたが、今作は今のところ、マイルドに、それでも要所を突く描き方がとても気持ちいい。
    冒頭の別れから、海が埋め立てられ景色が変わったことを知る場面や仕事を離れること、変化が常に悲しみを帯び、喪失というものが割合多い反面、ビジネス小説の様な緊張感のある会話もあり、幅広さを感じられる一冊だった(それも上巻に過ぎないが)。

  • 村上春樹の作品を久々に読みました。


    比喩のうまさや女性登場人物の魅力、接続詞の使い方などに関しては、本当にすごい、と思います。(すごいという言葉以上にうまく言えない)

    この本の中で1番好きな表現は、ウェイターがワインボトルを持ってくる際の表現「彼は1人息子の写真でも見せるようににっこりと微笑みながらワインのラベルを僕に向け」というところです。



    でも自分がさらに村上作品に惹きつけられるのは、普段は何かに迷っている登場人物たちがおどろくほど断定的な物言いをすることにあると思いました。
    例えば、「小さな、本当に小さなところから人は年を取っていくのだ」「混沌がその形を変えただけのことさ」など。

    断定的な物言いをして話を進めなければならないのが小説だから当然だろ、と反論されればそれまでなのですが、普段しどろもどろな思考しかできない自分にとっては、読んでるだけで心地よいのものです。(結局ありきたりな感想ですね)

  • 平凡な日常生活を送っていた「僕」に突如、一匹の羊を探し出せ、というミッションが下る。具体的な「冒険」は次の下巻で展開されていく。上巻では、それに至る伏線が張り巡らされている。

  • レビューは下巻で。

全701件中 1 - 25件を表示

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)の作品紹介

あなたのことは今でも好きよ、という言葉を残して妻が出て行った。その後広告コピーの仕事を通して、耳専門のモデルをしている二十一歳の女性が新しいガール・フレンドとなった。北海道に渡ったらしい"鼠"の手紙から、ある日羊をめぐる冒険行が始まる。新しい文学の扉をひらいた村上春樹の代表作長編。

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)の文庫

ツイートする