羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)

  • 10316人登録
  • 3.72評価
    • (1030)
    • (1225)
    • (2028)
    • (89)
    • (11)
  • 591レビュー
著者 : 村上春樹
  • 講談社 (2004年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749138

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • いるかホテルの佇まいがあまりそそられるものではなくて、寂しい場所に泊まるんだなと思っていたら大きなサプライズが待ち受けていて絶対ここに泊まるべきって決めた彼女の直感に痺れました。
    羊をめぐる冒険でありながら、辿り着いた鼠の居場所と結末にもドキドキ。
    閉ざされた冬を何度鼠はあの場所で過ごしたんだろう。
    思ってなかった幕引きにびっくりした。小難しい印象だった村上さんの作品を読みやすく思わせてくれる面白い上下巻!

  • 村上春樹は嫌い、と思ってたけど、違った。
    村上春樹作品の、性描写とお手軽すぎる女たちが嫌いだったの。
    ストーリーそのものは読ませるよね。実際、嫌いと言う割に複数作品読んでいるのがその証拠。
    食べ物もすごくおいしそうに書くし、言葉遊びも不思議で魅力的。

  • この小説の醸し出している不気味さと軽快さと空しさが大好きで、学生時代に何度も繰り返し読んだ。

    ぐいぐいと僕を引っ張っていくガールフレンドの存在感を感じていたし、喪失した僕のやり切れなさが、羊男を通じて伝わってくる。通じさせるのが羊男という、非現実的存在だから良い。読んでいて夢心地だ。

  • 非常におもしろくて一気に読んでしまったんだけど
    私としてはこんな終わり方では悲しいという理由で2つ。

    羊男さんの尻尾が衝撃的にかわいい

  • 北海道を背景に描かれる「羊」をめぐる物語。

    それは過去の自分からのメッセージのようでもあり

    未来からの挑戦状のようでもあり。



    読み終わった時の脱力感がすごい。

  • 終末に近づき加速する展開は気持ちいい。
    意外性も相まって本から離れられなかった。

    最期も丁寧に綴られているので、読み終わったとき多少切なさは残るものの、一種の安堵が得られた。

  • 奥が深すぎて、よかった、としか言いようがない。
    この本に関してあれこれ説明をつけるのは、もったいないような気がする。ずっとこの世界に浸っていたい。
    羊男、いいなぁ。

  • 前2作が抽象的だったのに対し、大衆寄りで物語性のある話。
    今作は喪失(生死)がテーマでこれはノルウェイにも繋がっていると思われる。
    不吉なカーブが生死の境目で、そこを超えた僕は長年の親友・鼠の自殺を知る。時は自分の意志とは関係なく多くのものを失わさせる。
    それが青春の終わりということかな。
    弱いけれどそんな自分(意思)を大切にした鼠の気高さが印象的。
    羊=社会の歯車となり、社会に動かされるということ。
    この作品の解釈を全て正確に把握はできないけど、読後感はかなりくる。村上春樹はやっぱりすごい小説家。

  • ある組織に巻き込まれて彼女とともに“羊”探しの旅に出た“僕”は北海道の奥へ奥へとと進んでいく。

    いるかホテル、羊博士、羊男、そして今まで姿を消していた“鼠”など、僕の行く先で待ち受けている個性豊かな面々とそこに張られている伏線の数々。

    想像を超えたスケールで描かれる著者の果てしなき精神活動の恐ろしさには、畏怖というにふさわしい感情に支配され、戦慄を覚えずにはいられなかった。

  • ラストの僕と鼠の再会のシーン。「僕は僕の弱さが好きなんだよ」という鼠の言葉を見た瞬間涙が出てきた。

  • 話の展開が大好きです。
    村上春樹にしては、最後にどんでん返しみたいな展開はめずらしいのかな…?
    星のついた羊に最終的に利用された人が、自分の弱さを好きな人だったことには何かと考えさせられた。
    2回ぐらいは読んでみたい本。

  • 野間文芸新人賞受賞作
    北海道に渡ったらしい<鼠>の手紙から、ある日羊をめぐる冒険行が始まる。新しい文学の扉をひらいた村上春樹の代表作長編。

  • 併読の中でいつの間にか読み終わった。「皮膚がひりひりと痛みそうな沈黙」,,,をバックになんとなく影を感じながら物語がすすんでいきその感覚に矛盾しないおわりだった。現実?空想?妄想?羊の年の最後に羊に振り回されてみた。でもやっぱりあたしは嚙み砕ききれない!

  • 難しいがおもしろい

  • 主人公「僕」が親友の鼠から送られてきた一通の手紙に同封されていた羊の写真により、謎の事件に巻き込まれていく。最終目的地にたどり着き、仕組まれていた運命にすべて気が付く。

  • いつでもそうだが読み終わると心が痛い。
    次の本を読むのが辛い。
    次は、ダンス ダンス ダンスを読みます!

  • なんか途中からキングの「シャイニング」ぽくなってきたな、と思ってたら、ラストはもろクリソツだった( ´ ▽ ` )ノ
    ああいうとこに一人きりでいて、ああいう体験をしても、主人公が全く恐怖を感じないとこがハルキックだね( ´ ▽ ` )ノ
    分かったような分かんないような話だけど、謎解き話としてじゅうぶん楽しめた( ´ ▽ ` )ノ

    指の欠けたホテルマンとか耳だけ魅力的な女とか何より星模様のある羊とか、隠喩を推理するのも面白いんだろうけど、めんどくさいから表面的なストーリーだけ楽しめれば、それでいいや( ´ ▽ ` )ノ

    「はっかタバコ」という言い方、懐かしいね( ´ ▽ ` )ノ
    飲食店だろうが公共交通機関だろうが、ところ構わずみんなスパスパたばこ吸ってるとこにも、時代を感じた( ´ ▽ ` )ノ

    次は「アフターダーク」読んでる( ´ ▽ ` )ノ
    ここまで読んできた「風」とも「ノルウェイ」とも本作とも全然違った作風でびっくり( ´ ▽ ` )ノ

    2017/04/23

  • 得体の知れない感情が爆発しそうな感じがする。どう書いても語り得ない気がする。「風」「ピンボール」「羊」と、繋がりを知らずに予備知識無しで読んでいったことは偶然の幸福だった。あと3年早く出会いたかった

  • 羊は「思想」のことだったのかな。野望ともいえる社会思想、そしてその実現を目指す意志と実行能力。その3点セット。そんな感じがする。思想は人の弱さに漬け込む。思想に溺れればその人はある種の強さを得られるが、それはその人自身のものではない。そんな感じの個人と思想の関係が描かれていたように思う。思想は個人に寄生し、伝染していく。その連鎖を断ち切るには思想を持った人の命が絶えるしかない。それはそうかもしれない。思想とは奇妙なものだ。人間が作り出すものでありながら人間個人の上位にあり、個人を取り込んだり使い捨てたりしながら世代を超えて生きながらえていく。我々はそれに振り回される。自由意志は制限されている。そんなことを考えた。

    思想のメタファーとして羊が使われたのは全体主義を念頭に置いてのことかな。それを匂わせるセリフが下巻にあった。なんか全体的に村上春樹の思想信条が滲み出た作品だった。それにもかかわらず本当にスラスラと面白く読めたので、冒険モノのストーリーとして絶妙に上手く仕立て上がってるということなのだと思う。特に現実感とファンタジー要素をなめらかに接続して無理なく読ませるところに抜群のバランス感覚と上手さがある気がする。一応冒険モノ(と銘打っている)にもかかわらず、主人公が結局敵にも味方にもほとんどなされるがままだったのも面白い。結果的に目的は果たしているが……。そういう飄々としていながら同時にほとんど無力であり、哀しい運命に翻弄されているという人物像・ストーリー構成が人気の大きな一因なのかもと思ったりした。

  • 3部作では1番おもしろかった。羊をめぐる冒険、っていうタイトルにまず引き込まれて読んだ。

  • 内田樹的解釈でいえば、やはりこの物語も死んだ鼠との関係性を軸にしているのか。村上文学が世界文学であるのは、死者への態度という普遍的テーマを扱っているからであるという内田的解釈にこの物語も当てはまる。人間精神をあやつってきた羊をめぐり、冒険する作者の動きと摩訶不思議な展開には胸が躍った。しかし、この物語の母体がグレート・ギャッツビーと言われているのはなかなかピンとこない。

  • 最後に謎解きが用意されていてある程度は理解できました。鼠3部作の完結編としてすっきりした終わり方だと感じました。背中に星の印のついた羊というのは比喩なのですかね…。分かりません。

  • 正直、よく分からなかった汗

    喪失の連続で悲しくなった。

全591件中 1 - 25件を表示

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)の作品紹介

美しい耳の彼女と共に、星形の斑紋を背中に持っているという一頭の羊と"鼠"の行方を追って、北海道奥地の牧場にたどりついた僕を、恐ろしい事実が待ち受けていた。一九八二年秋、僕たちの旅は終わる。すべてを失った僕の、ラスト・アドベンチャー。村上春樹の青春三部作完結編。野間文芸新人賞受賞作。

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)の文庫

ツイートする