黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)

  • 3425人登録
  • 3.71評価
    • (331)
    • (415)
    • (649)
    • (41)
    • (4)
  • 322レビュー
著者 : 恩田陸
  • 講談社 (2006年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749459

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 独特の読感がある。

    屋久島の自然の中での、
    登場人物4人の心情描写が濃く、
    4人の性格を掴みながら読み進めていくのが
    独特な感じがあって、なかなか面白い。

  • 屋久島に行きたくなる!

  • たぶん前に読んだと思うんだけどさっぱり思い出せない。もしかしたら読んだのは冒頭だけかも。ともかく屋久島に行ったことあると、あぁここね、って思うことがあって面白い。

  • 評価・感想は下巻にて。

  • 学生時代の友人4人の旅。上巻は利枝子、彰彦視点。過去をさぐる旅、過去に戻る旅、いまを探す旅。

  • ミステリーのオチは予想がつくものの、構成がよく練られている。サイドストーリーや小ネタもあり飽きない。
    屋久島を旅した事があるので、島の自然については盛りすぎに感じてしまった。どの本でもそうだけど、読んでから旅をする方が、読む前に旅をするよりずっと楽しい。
    現実味のあるキャラクターが少しデフォルメされて登場する。彼らの語る心象風景は、どの人物もどこかしら共感できる。
    描写が映像化ありきのような直截さで、好みが分かれそう。

  • おじさん・おばさんになった学生時代の同級生の男女がY島を巡る。何てことないストーリーなのにすごく怖い。誰もが人前で隠している本音や本性は、知りたくても覗かないままの方がいいのかもしれない。

  • 『三月は深き紅の淵を』で題名が出てきたので、気になって読んでみた。内容も全くそのとおりのもので、面白く読む。
    淡々と日が進んでいく形式の小説は結構好き。
    どんどん読めたので、下巻も読む。

  • 『三月は深き紅の淵を』一章に出てくる「一部」がこれにあたるのだろうか。。

    恩田氏の作品は未成年が主人公のものを読むことが多かったが、30代後半の男女4人が登場人物。

    彼等の社会、結婚生活、学生から大人になる事の分析などの見解が興味深く
    『三月は深き紅の淵を』のご老人たちが言うとおり、4人のおしゃべりの内容に惹きこまれる。

    けれど、本筋である「謎の解明」も気になる展開を迎えるしで、ダブルで面白い。

    Y島=屋久島にも行ってみたくなる。

  • なかなか複雑そうで、どろどろしそうな雰囲気がある。

    なんか、誰だろう、作風が道尾秀介に似てるかも。

  • 恩田陸は、物の分かってしまった大人よりも、自分の一歩前しか見えていないような少年少女を描くのが上手な人だと思っていました。しかし、本作では三十半ばの男女が主人公に据えられていて「昔は子どもだった人がどうやって大人になるのか」や、「人は何を失って、何を失わないのか」が見事に描かれています。それを大人になりきれない大人、子どももしくは学生だった頃に戻りたい大人の物語としてではなく描く腕前は、凄い。旅行で目的地に着くまでの道すがら、ゆっくり時間をかけながら読みたい本。

  • 『三月は深き紅の淵を』に続き、再々読。

    大学の同窓生である4人の男女がY島を旅する話。
    ”美しい謎”と各々の抱える過去と現在を思索する旅。
    文庫だと上下巻に分かれる頁数としてのボリュームもさることながら、一番の特徴は森と物語の濃密さだろう。

  • 今でも好きな本

  • 「屋久島に行く前に参考図書を読んでおこう」シリーズ第三弾。
    本書は屋久島(「Y島」と伏字になってはいるが)を舞台にした小説だ。

    4人の男女が屋久島をハイキングしながら会話をするだけ。この辺りの手法は『夜のピクニック』と同じで、この手法は恩田陸の十八番なのかもしれない。そんなに読んでいないので何とも。
    上巻下巻はそれぞれ2章立てで、4人の名前が各章のタイトルになっている。そのタイトルになっている人の語りで進行していくという、映像作品チックな作りである。

    4人は学生時代の友人であり、当時の謎やら事件やら思惑を回想し究明しながら進んでいく。
    会話と屋久島は関係無い筈なのだが、外界からの影響を受ける会話劇という、ちょっと考えただけで難しそうなことを極自然にやっているという感じを受ける。流石だなぁ。

  • 美しい謎と旅
    彰彦のお姉さんが怖い

  • 4人の登場人物がお互いにいろいろと隠していて、人間関係が複雑。泥沼ミステリー?
    旅行をしながら謎解きをするという趣向が面白かったです。

  • 恩田陸はストーリーとかオチを期待するのではないのだなあと改めて思った。
    小ネタと発見がたくさん詰まった会話が楽しい。
    ふっと浮かび上がる過去。謎解き。
    彰彦の姉上が恐ろしい…。

  • 再読。恩田さんの作品の中で一番好き。大学時代の同窓生男女4人が旅行する、という非現実的な設定がまずもってうらやましい。そこに散りばめられた「美しき謎」の数々。恩田さんの謎解きはゲーム感覚でワクワクする。『三月は深く紅の淵を』と『麦の海に沈む果実』と絡み合う設定もたまらない。4人のキャラすべてに入れ込んでしまう。全体に漂う幸福感と不安感の見事に入り混じった雰囲気、最高。

  • 「3月は深き紅の淵を」のシリーズ。

    シリーズですが単独で読んでも問題ありません。30代(だったかな?)の男女4人が屋久島を旅する「だけ」なのですが、その4人の関係(大学時代の友人)が複雑というか、面白いです。

    その年代になってからまた読んでみたい。

  • 淡々と進むのに飽きない。

    登場人物の心の中を過去、現在と辿っていくその過程に、はっとさせられる言葉がちりばめられている。

    相手を100%理解することなどできないし、それに何の意味があるのだろう?と考えさせられた作品。

    ただのミステリーとは全く違う、とにかく贅沢なお話。

  • 大学時代の友人4人で秘境を旅する物語。そのうち2人は元恋人で2人が別れた原因と思われる美少女がそれぞれの記憶の中に影を落としている。その少女・憂理は「麦の海に沈む果実」に出てくる憂理と同一人物かと思われる。大学生の憂理が演じた一人芝居の舞台が「麦の海…」の高校とよく似ているし、レイコという友達も出てくる。

    利枝子の章で伏線となる憂理の消息が投げかけられ、彰彦の章は読んでいてゾクっとした。

  • あるのかないのか分からない都市伝説のような本、「三月は深き紅の淵を 」の第1章にあたる話。
    屋久島を舞台に仲間と延々謎解きしながら旅する話。

    三月の王国の憂理らしき人も出てくるし、
    この三月シリーズは本当に面白い。
    内側と外側の謎が込み入ってこんがらがってるまま読んでる。
    下巻に残っている語り手はあと二人。
    どう決着するのかな。

  •  いろいろと読んでいくにつれ、ああこういうのが恩田陸なわけね、とじわじわわかってきた。若者たちの微妙な人間関係や日常の機微をすくいとった一種の青春小説。本作の登場人物4人はもう中年にさしかかったといっていい年代だけど、高校大学時代からの仲間で、当時の関係やら出来事やらを引きずったまま、旧交を温める屋久島旅行に出る。年代はともかく内実は青春小説そのもので、年古りただけ虚々実々のやりとりが繰り広げられる。共通の友人の最期にまつわる謎解きめいた主題はあるものの、本題はそこではなくあくまで各章で掘り下げられる4人の内面照射の対比が読みどころなのだろう。こういう人間ドラマがお好きな向きには歓迎されるのだろうけど、ちょっと枯淡の域のぼくには長いだけでピンとこなかった。こういうのが続くようでは恩田陸も卒業かね。

全322件中 1 - 25件を表示

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)に関連するまとめ

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする