流星ワゴン (講談社文庫)

  • 16546人登録
  • 3.82評価
    • (2102)
    • (2694)
    • (2874)
    • (265)
    • (36)
  • 2151レビュー
著者 : 重松清
  • 講談社 (2005年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749985

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

流星ワゴン (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 面白かった。
    でも。
    主人公の配偶者には納得出来ないわ。

  • 妻はテレクラ、息子は受験に失敗し家庭内暴力、それに疲れた主人公が不思議なワゴンに乗って、過去の分岐点へ父親と戻って体験する話。

    現実は変わらないが、過去に戻ることで、妻や息子の葛藤に気づく、また同年の父親と共に行動することで、自分の知っていた父親と異なる一面を発見することができる。

    息子視点と父親視点で、自分の家庭の崩壊の原因を理解し前向きに向き合おうとする話。

    前にテレビドラマで観たのでおおかたのあらすじを知っていたのが残念。きっと観ていなかったら、もっと評価が高かったと思う。

  • 私が橋本さん運転するオデッセイに出会ったら、人生どこのポイントに連れて行ってもらえるんだろうとのんびり考えながら読んでいました。
    私も亡くなった父親と仲違いしたまま終わってしまった関係なので、話せるもんなら話してみたいものですね。

  • 重松清さんの流星ワゴン。ドラマ化もされて話題になっていました。

    不思議なワゴンがやってきて昔に戻れる。そこで38歳の父と出会いその思いを知る。また五年前に事故で亡くなった親子と後悔した過去をやり直すというSF要素が強い小説でした。

    重松清さんの小説は家族の愛を感じることが多いです。父の思い、子の思い。どちらの思いも響いてきました。また死という逃れられないことを題材になるため、生が際立つように感じます。今日は人生の一つの岐路でありこの日が運命の分かれ道。ということを意識しました。

    心が温かくなるような優しい小説でした。

  • 後悔ばかりの人生。もしあの時の岐路に戻れたら辛いばかりの現実は変わるんだろうか…。
    3組の父と息子のすれ違う思い。
    同じ年の朋輩として出逢えたらすれ違う親子もわかりあえるのかな。
    親の気持ちにぐっとくる話でした。
    いい話なのに美代子の行動と性描写のせいで子供には薦められない。
    ドラマを観てから読んだけど、香川照之氏はチュウさんのイメージそのままでした。

  • 死んじゃってもいいかなあ、とふと思ったときに
    オデッセイに乗った親子に出会った。

    中学受験失敗の末、登校拒否に家庭内暴力の息子。
    ろくに家に寄り付かなくなった妻。

    リストラされてしまった自分、38歳のカズオ。
    故郷で死を待っている仲違いしたままの危篤の父。

    人生に疲れ果てたときに
    交通事故死した橋本親子のオデッセイと出会い
    過去に戻って後悔を噛み締めて前に進むまで。

    カズオと同じ年で姿をあらわした父、
    チュウさんとの別れ。

    子供の頃には分かり合えなかった親との溝、
    自分が親になって初めて理解できた気持ち。
    気づいたときには、親はもう年老いて死んでいく。

    カズオの家庭も、チュウさんとの仲も
    過去はいくらもがいたところで
    結局なにひとつ変えられなかった。

    でも、それを受け止めて
    目の前のことをひとつひとつクリアにしていくことは
    できる、と。

    あとがきがまた良い。
    人生ってなんて切ないんだろうって思うけど
    年を取るのも、悪くはないのかもね。

  • 38歳ってやはりひとつの人生の分かれ目のようなタイミングなのかもしれないな。そんな気がいたしました。

    昨年(2016年)にドラマ化されたのを見てからの本書読みですが、やはり現実のドラマとはこんな感じなのかもなと読み終わった最初の感想

    あ、といってももちろん、死後の世界の人達やらが登場するこの世界、 「現実のドラマ」なんてわかりゃ~せんのですが。

    筆者は同世代の方でした
    なので、感じかたがなんとなくわかるような気がします。
    この歳で読めて、そして両親、家族も健在でよかった、自分もいままでも、これからもいろんなことがあるだろうけれど、その時を大事にせないかんな
    という思いをもたせてくれる本書でした。

  • 人生をやり直せるとしたら。
    たくさんの分岐点で、数え切れないほどの選択をしながら人は生きていく。
    そのどの分岐点に戻りたいと思うのだろうか。

    この物語には三組の親子が登場する。
    事故死した橋本とその息子・健太。
    主人公であるリストラされた僕と息子・広樹。
    そして何故か若返った僕の父・チュウさんと僕。
    親子だからといって、何でもわかりあえるものではない。
    親子だからこそ、きっと他人よりもわかりあうことが難しい面があると思う。
    他人ならば譲歩することだって出来る。
    他人ならばわかってもらおうと努力することだって厭わない。
    他人ならば許せないことがあれば離れればいい。
    だけど、親子には逃げ場がない。
    どこまでいっても親は親で、子供は子供のままだ。
    橋本の健太への切ない思い。
    実は不器用なだけで、僕への愛はたくさん持っていたチュウさん。
    そして、息子の広樹からも妻からも逃げてばかりいた僕。
    単純に、時間を戻れば人生をやり直せるわけではない。
    どんな選択をしても、結局はそのときに気持ちがしっかりとついていかなければ意味がないのだ。
    チュウさんが何故若返った姿で現れたのかは、はっきりとは書かれていない。
    けれど、たぶんちゃんとした親子として僕と関わりたかったのではないだろうか。
    過ぎてきた時間の中では叶わなかった交流を、こんな形になってしまったとしても、実現したかったのだと思う。
    現実は厳しい。
    父親になろうと無理をして自分も健太も死なせてしまった橋本。
    不器用すぎて息子に素直に向き合うことが出来なかった過去のチュウさん。
    そして、荒れる息子や不審な行動をする妻と向き合えずに見て見ないふりをする僕。
    一番身近で小さな人間関係は、家族だ。
    少なくてもそこでは素直に互いが見つめあい、わかりあう努力をし続けなければ・・・と思った。
    父と子の物語ではあるけれど、女性が読んでも感銘を受ける物語だと思う。

  • 自分には子供が二人いてそれぞれと分かり合いながら生活していると思い込んでますが、実際どうなんでしょう。親として子供の幸せを願うのは当然ですが、それが押し付けだったり、プレッシャーになっていなければいいな、と思いました。そんな普段考えてもいなかったことを考えさせられる作品でした。
    ワゴンから戻った現実がほとんど変わっていなくて良かった。そこから頑張らないとやはりダメなような気がして。

  • 重松清の初読み・・・と一瞬思ったが、実は違った。たぶん、2冊目の重松清。

    あらすじもろくに読まず、ただなんとなしに手に取った、「ブックオフの100円本」。

    読み始めたら・・・・いやあ、止まらない止まらない。ぐいぐいと物語に引き込まれる。
    けっこう分厚い部類の作品だと思うけれど、寝るのも忘れて1日で読み切った。

    父子の愛に心打たれた。
    たしか・・・娘が生まれた直後だったか、妊娠中だったかというタイムリーさがまた、感動にスパイスを与えていたのかも。

    ★5つ、10ポイント。
    2008年or2007年頃。

    ※2~3年前、連ドラ化されていた。けっこう面白く観れていたのだが、やんごとなき事情で7~8話あたりを見逃した(悲)。中抜けしたまま観続けるのを避け、DVD化したらレンタルしようと思っていたが、そういえばまだ観ていない。。。。観ねばっ。

    香川照之の演技が◎だった。

  • 死んでもいいなぁ、と思った時に現れるワインレッドのオデッセイ。
    気づかなかった岐路に戻り、変えられない未来を変えたいと踏み出す一歩。
    父親との確執、リストラ、妻のテレクラ、引きこもりで暴力を振るう息子。
    いったい何でこうなっちゃったんだろう。正しいと思ってきた現実と、重荷。変えたい、と踏み出した一歩、ゆっくりと揺れながら変わっていけそうな希望。

    自分なら、いつもどこか、いつかわからないところへ、帰りたい、と呟いてしまう私なら、どこに連れて行ってもらえるんだろう。
    健太くんと橋本さん。カズとチュウさん、美代子と広樹。
    やり直しの現実。それは、現実をきちんと見る、ただそれだけなのかもしれない。

  • よい映画をたくさん紹介してくれる友達からオススメしてもらった小説。凄くよかった。父と子の愛とか憎しみと微笑ましさと愚かさがぎゅぎゅっと詰まった一冊

  • カズ、チュウさん、橋本さん、3人の父親そして息子の物語。男性にとっての父親との関係。こんなふうに同じ年齢の男として出会えばどうなるんだろう。私も親父が父親になった年齢をとっくに越えてしまった。父親もいろいろ悩みながら一生懸命だったんだろうな。

  • 何事もコミュニケーション

  • 同い年の父と出会えたらというのは面白い発想。
    父と友人の様に語らい、酒を酌み交わす・・・
    想像してみるのも面白いと思う。

    物語は前向きな終わりを見せ、読了感は決して悪くはないのだけど、
    奥さんの問題は、どうしてあげればよいのやらという思いもあり、
    少しモヤモヤ。

  • タイムスリップの方法がカジュアルでびっくり。主人公が自分と親、息子と自分の2つの親子関係を重ねている。

  •  自分が親としての年月を経るごとに、自分の親のことをもっと理解できる。 そんなシンプルな仕組みをとてもうれしく、ありがたく思える物語。

     我が娘はまだ3歳と0歳。 だから僕が同じ歳だった頃と比べるのはまだ少し難しい、僕の記憶が少なすぎる。 でもきっと、数年後から僕は娘たちの姿を見てはしばしば想い出すのだろう。 僕のことを、その時の親のことを。 そして、何かに初めて気づくのかもしれない。 まだ、自分が何を知らないのかわからないけれど、いつか何かに気づけそうな、その予感がうれしい。

  • 家族再生の物語として、ファンタジーではあるけれど、大切なもの、大切にしなきゃいけないものは何か、考えさせられた。
    私もまだまだ頑張れそうだ。

  • 東野圭吾さんの「秘密」的な話かなと思って読み進めていくが全然違う、重松ワールドな、重くて、でもほろりとさせられるお話。
    気がつくと一気に読んでしまいました。

    首都圏では当たり前?な中学受験の話が出てきますが、ここの感覚は私には分らなかったので、その分、共感できるところが減ってしまったかもしれません。

  • 交通事故で亡くなった父子が、人生に後悔している人たちをワゴンに乗せて、大事な場所へと連れて行く。勝ち負けかどうかを決めるのは自分なんだなって。人の気持ちなんて結局分からないものだから、決めつけちゃいけません!

  • 父と子の話。温かくて泣ける。素敵なファンタジー。読後感も良い名作。

全2151件中 1 - 25件を表示

流星ワゴン (講談社文庫)に関連するまとめ

流星ワゴン (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

流星ワゴン (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

流星ワゴン (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

流星ワゴン (講談社文庫)の作品紹介

死んじゃってもいいかなあ、もう…。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして-自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか-?「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。

流星ワゴン (講談社文庫)の単行本

流星ワゴン (講談社文庫)のKindle版

ツイートする