終戦のローレライ(3) (講談社文庫)

  • 1597人登録
  • 3.74評価
    • (176)
    • (207)
    • (325)
    • (15)
    • (3)
  • 91レビュー
著者 : 福井晴敏
  • 講談社 (2005年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062750028

終戦のローレライ(3) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  話の展開は果たして終戦に間に合うのだろうかと思いながら読み進めていたが、いよいよ数日単位で終戦を迎えるようなところにきてしまった。太平洋に置き去りにされた日本兵たちのすさまじい状況が描かれる。その描写力はさすがだと思うし、また敵役からちょい役までそれぞれにそれぞれの人生のドラマがあることを丁寧に描いている。読みながら、どのように映画化されたのだろうと、そこがすごく気になりだしている。

  • やはり、期待を裏切らない素晴らしい作品‼️

    前巻までにも凄惨な場面は多くあったが、本巻はそれらを遥かに凌駕する。

    浅倉の望む終戦の実態、そして、田口との因縁、土谷が力に固執する背景、その一つ一つに深く考えさせられる。

    また、私自身、浅倉の思想に傾きかけていたところで、発せられた従人の言葉。なんとも単純で、しかし、気付くことができなかったその言葉に目が醒めるような気持ちになった。冷静に考えれば、それがどれだけ愚かで偏った思想かは気付きそうなものだが、、、

    本巻を経て、私は自分が思っている以上に騙されやすい人間なのかもしれないと感じた。

  • 戦争はイヤだな。

    ただ嫌だと言ってるだけじゃいけないのかも知れないけど
    嫌なものは嫌だ。

    というのはこの本の感想からずれました。
    以下改めて。

    正論を言ってるようで、でも明らかにおかしい浅倉氏の言葉には
    私も折笠君と一緒に叫びたくなった。

    話の展開の仕方や人物の行動に王道な部分があって、
    各所で「そう来たらそうなるよね!」と思いつつ読み進む。

    清永君はもう…
    出てきた時から絶対そうなると思ったんだ。。
    あー。

    とはいえ登場人物の人となりや細部がしっかり描き込まれているので、
    わかってるけど読んじゃう。
    長いけど読ませる。

    にしても、二人で見張りに立つシーン。
    「ラピュタか!」と突っ込む人はいないんだろうか?!
    オマージュ??

    最後どういう展開を見せるのか、期待です。

  • いやー面白い、面白いけど長い!なかなか手に取ることができず、時間がかかってしまった。けど、読み出すと面白いんだなー。広島に原爆が落とされて行くところから始まって、その後の怒涛の展開。戦争ものの小説を読んでいつも思うのは、死んでいった人たちが懸命に残していった未来に自分が立っているんだなというのをいつも強く感じる。

  • 配架場所 : 文庫
    請求記号 : BUN@913@F102@1-3
    Book ID : 80600058875

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002523521&CON_LNG=JPN&

  • かなり良い感じに盛り上がってきての、「次巻へ続く」。


    「ローレライは、あなたが望む終戦のためには歌わない。」
    ……格好良すぎる!!!


    ★4つ、9ポイント半。
    2014.10.25.了。

    上陸前夜のほのぼのとした様子……アニメ「天空の城ラピュタ」にデ・ジャ・ヴュ(笑)。


    【追記】
    上記の、「ラピュタ」に似ているうんぬんについて・・・。

    先日ちょうど「ラピュタ」を観かえす機会があったのだが・・・うん、やっぱり「ラピュタ」だよ、あそこの場面(笑)。

    同じこと思った人って、いないのだろうか???

    2016.08.08.書。

  • フリッツがデレ期突入。艦長かっこよすぎ泣いた。浅倉モンスター化に関してはもうずっと思わせぶりだったので、ようやく明らかになってすっきり。

  • 一巻に記載

  • 舞台は、当然ながら第二時世界大戦。それも、日本が敗戦寸前の状態です。
    国民も、軍部も、中央政府も、敗戦が濃厚なのは分かり切っている状況。
    そんな中で、ある作戦が決行されます。
    潜水艦<伊507>である兵器の回収に当たるという任務です。
    それは、ローレライと呼ばれる謎の兵器。
    そして、<伊507>はローレライをめぐって壮大な旅路に出る。
    そこにある『あるべき終戦のかたち』を目指して。

    さて、この作品は前半はローレライが中心となって話が進んでいきますが、後半は日本にとっての『あるべき終戦の形』がキーワードとなります。
    作品を通して語られるこの戦争の意義、そして日本という国の在り方。
    果たして無条件降伏こそが日本のとるべき道なのか、それ以外の道こそが日本を真の意味での敗戦ではないのか。

    ぶっちゃけ俺は戦争なんてしたくもないし、起きてほしくもない。
    でも、実際はほんの60年前には日本を滅ぼすだけの戦争が起こったんやよな。
    この戦争で日本が得て、失ったものは何なんやろうな。
    間違いなく日本人の意識の根底にあるものはばっさり変わったんやろうな。
    そして、それはきっと今にも影響を与えたあるんやろうな。
    もちろんええ意味でも悪い意味でも。

    久しぶりに、まじめに戦争について考えさせられた作品です。

  • 艦内でのアクションを絡めつつ、最後の任務に赴く主人公たち。若者の一言で変わったというより、やはり論理が無茶すぎるだろう。

全91件中 1 - 10件を表示

福井晴敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

終戦のローレライ(3) (講談社文庫)に関連するまとめ

終戦のローレライ(3) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

終戦のローレライ(3) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

終戦のローレライ(3) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする