化野学園の犯罪―教育実習生西郷大介の事件日誌 (講談社文庫)

  • 26人登録
  • 2.40評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (4)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 姉小路祐
  • 講談社 (2005年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062750691

化野学園の犯罪―教育実習生西郷大介の事件日誌 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 事件が起きるまでが長い。途中、自分が何を読んでいるのか解らなくなりましたよ。熱血教育実習生が偏差値の低いクズ高校を立て直す話?みたいな感じでしたもん。しかも教育論が安っぽいし。主人公が自分の出身校と比較することが多いのもなんだかなぁ。キャラクターも魅力ないし。つーか教育実習生が調べられる程度の内容なら、警察もすぐ調べつくんじゃないの。う〜ん。しかも全体的に古臭い。昭和の作品かと思いそうになりましたよ。ケータイが出てこなかったら。いまいちだったなぁ。

  •  リアルかどうかは、ちょっと時代がずれてしまったので判断できず。リアルな高校生モノは出版当時に読まないときついんだろうなぁ。

     主人公の西郷氏が熱くて面白いのだけれど、結局、出てくる人みんな面白いけど「え? ほんとにそうなの?」という人な気が。脇役はのんびりいい味でした。

  • 京都・化野学園に教育実習生として向かった西郷大介。そこで彼が見たものは、閉鎖的な教師の人間関係とひとりの女子高生の飛び降り自殺に始まる連続した惨劇。果たして、彼女が携帯電話から送った遺書代わりのメールは本物なのか?教育実習生がひとり、謎に挑む!

全6件中 1 - 6件を表示

化野学園の犯罪―教育実習生西郷大介の事件日誌 (講談社文庫)はこんな本です

化野学園の犯罪―教育実習生西郷大介の事件日誌 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする