マレー鉄道の謎 (講談社文庫)

  • 1677人登録
  • 3.51評価
    • (114)
    • (179)
    • (421)
    • (23)
    • (3)
  • 166レビュー
著者 : 有栖川有栖
制作 : 鷹城 宏 
  • 講談社 (2005年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062750776

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
有栖川 有栖
あさの あつこ
有栖川 有栖
有効な右矢印 無効な右矢印

マレー鉄道の謎 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 好きな作家はたくさんいるけれど、必ず一番目に名前を挙げることにしているのが有栖川有栖。
    ……なのに、そろそろファンを名乗ると怒られるんじゃないかというくらい長い期間読んでいなかったことに気付き、慌てて積んでる本から何冊か引っ張り出してきた。

    その中からまずはこちらを読了。
    タイトルと著者のご趣味から鉄道ミステリかと思いきや違うようでまず一安心(鉄道ミステリはニガテ)。
    火村&アリスの国名シリーズとあって厚さも感じず読みやすい。

    トリック、割といろいろ考えたのに当たらず…
    タネ明かしを見れば、有名なあの作品のバリエーションなのに。
    何度目かのドラマになった時にも目にしてたのに。
    思いつかなかった。
    火村シリーズを読んでいると思考がアリスに近くなるのか、思いついたこと悉く、作中でアリスが発表→火村先生に即却下される、の繰り返し(苦笑)

  • 久しぶりに短篇集から離れられた感じ(笑)やはり小説はこのくらいの長さがないと物足りないわ(^=^;
    今まで読んだ火村先生シリーズの中で一番面白かった。火村先生の男気も堪能できたし、有栖川有栖のおとぼけぶりもめいいっぱい堪能できたし(笑)
    有栖川有栖よりとぼけたアランにはもう笑うしかないです(笑)

    次はスイス時計の謎へ〜

  • 5-
    犯人をロジックでとことん追いつめる“恐火村”出現で実にスリリングな終盤に突入。追いつめない火村も悪くないが、追いつめる火村は圧倒的。ごめんなさい。私がやりました。
    マレーシア蘊蓄もなかなか興味深く、しかも物語に上手くとけ込んで取って付けた感もない。英語が聞き取れない表現に目から鱗。本の厚さを全く感じさせない面白さ。

  • 来月、マレー鉄道を利用してバンコクからシンガポールまで横断する予定なので冒頭の事故の描写を読んでいて不安を煽られました。分量が多いだけあって人間関係や事件の繋がりがややこしく把握するのに頭を使う。有栖川と火村が蛍を見にボートに乗って与太話をしていたシーンが好き。

  • 大学時代の親友衛がオーナーをつとめるマレーシア高原リゾートのゲストハウスに招待された火村とアリス。
    そこで遭遇した奇妙な事件。
    遺体の胸にはナイフ、遺体はキャビネットの中、キャビネットはトレーラーハウスの中。
    そのトレーラーハウスはすべての窓にテープで目張りがされた密室状態だった。
    火村とアリスが事件解決に乗り出す。

    というはじまりで。
    冒頭部分クアラルンプールで新婚さんと一緒に(w)蛍ツアーに参加した二人の悪に関するやりとりが興味深い。
    蛍ツアーは幻想的な情景が目に浮かびました。
    この別世界で二人でいつまでもぐだぐだしゃべっていたかったんじゃないかしら、なんて思ったりして。

    いつものことながらどんどこ読み進んでしまい、トレーラーハウス内部の略図なんかもあったのに密室トリックの推理なんかを怠ってしまいました。
    アリスの描写の部分はほっとします。まともで。
    長編でしたがあっと読み。

  • 蛍の舞う中で、アリスは火村に問います。「-お前は、何と戦ってるんや?」
    そして、友人を救うため、火村の戦いがマレーで始まります。
    火村シリーズで一番好きな話です。

  • 旧友・大龍の招きでマレーの楽園、キャメロン・ハイランドを訪れた火村と有栖川。二人を迎えたのは、舞い飛ぶ蝶ならぬ「殺人の連鎖」だった。ドアや窓に内側から目張りをされた密室での犯行の嫌疑は大龍に。帰国までの数日で、火村は友人を救えるか。第56回日本推理作家協会賞に輝く、国名シリーズ第6弾。

  • 今回アリスと火村先生が謎解きにむけて共同作業(笑)をしていく様子が伝わってきて面白かったです。怪しいと思ってどっちが犯人だと気になって最後そういう結末だったのかぁと。メニューと思って求人募集を見るアリスと「かわってないだろ」とうれしそうに言う火村先生楽しそうですねぇ。

  • 作家アリスシリーズ#12(国名シリーズ#6)

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    旧友・大龍の招きでマレーの楽園、キャメロン・ハイランドを訪れた火村と有栖川。二人を迎えたのは、舞い飛ぶ蝶ならぬ「殺人の連鎖」だった。ドアや窓に内側から目張りをされた密室での犯行の嫌疑は大龍に。帰国までの数日で、火村は友人を救えるか。第56回日本推理作家協会賞に輝く、国名シリーズ第6弾。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    久しぶりの長編~。
    そしてなんと今回の二人は海外へバカンス中ですよ!

    これはなかなか珍しい設定ではないでしょうか。
    しかも取材旅行でもなんでもない、普通のバカンス!
    男二人で!
    (別にいいよね)
    (でもとりあえず言わずにいられない)

    ま、名目は学生時代の友人に会う、と言うことですけど。
    もしかして、作者本人が旅行に行きたかったのかな?
    取材と称してw

    って言うくらい、場所や風景や、とにかく海外の説明が多い。
    分かりやすくてありがたかったけど、必要ないところもあったかな...

    そして考える。
    海外である必然性ってあったかな...?

    いやそれ言い出すと、国名シリーズのために頑張ってくれた作者に申し訳ないですけど><

    長距離鉄道があって。
    鉄道事故が冒頭にあって。
    (この事故けっこう衝撃的だった...)

    トレーラーハウスでの殺人...

    んーと、特に海外である必要ない...?
    国内でも使えるトリックだったり理由だったりするかも...?

    いや、そんなことない!
    ここでの醍醐味はまずはタイムリミットがあることだったり、
    海外ならではの文化だったりするわけだから。

    私もシンガポール最近行ったって言うのもあって
    「OKラ!」とかは懐かしく楽しく思い出しました^^

    まぁでも、近頃読んでいた飛んでる感じに比べると(ドッペルゲンガーとかw)
    さまざまなトリックを駆使した古風な本格ミステリーだったと思います!

    飛んでても許しますけどね!
    火村プロフェッサー!

    登場人物も定番な感じの、裕福な移住者夫婦(子供はいない)、
    若く美しい現地の使用人女性、
    秘書、(日本人男性)
    夫婦の友人の娘、(若くて美人、ちょっと気が強い日本人)と
    とても分かりやすくて好き!

    若くて美人な現地の使用人女性は、とっても気立てがよくて
    奥様にかわいがられており、やっぱりちょっと気が弱い^^

    こういう子は小説の中では大切にされていて、
    絶対犯人ではありえないんですよねぇ。

    と、定石で見ていくと...たぶん犯人も途中で分かっちゃうと思います。
    途中でヒントがたくさん提示されますからね!


    にしても、南国の美しい風景や作者がかなり羅列してくださるので
    私も火村&有栖川と一緒に旅に出たくなる一冊でした!

    マレーシアには行ったことないですしマレー鉄道にももちろん乗ったことないんですが、
    東洋のオリエント急行と言うことで死ぬまでに一度は見てみたい!と言う気持ちにもなって^^

    ...こんなに事故が多いんじゃ不安だけど(笑

    あ!
    これから読む方には、ぜひ地図or写真、手元にあるといいかもですね。
    「地球の歩き方」みたいな一冊でも...

    紀行文としても楽しめる、お得な読後感でした♡

  • これは最高です。必読。
    トリックが某超有名作と似てるというのは、後で言われて気づいた。。

  • たまに牙をむく先生、の図。

  • 30過ぎの男がふたりきりでマレーシア旅行へー
    共通の友人に会いに行くためといっても、本当に仲良しですね。

    極悪すぎる犯人と、そんなのあり?なトリック。
    全てが現実味に欠けていたような。。
    まあ、旅先だから少しの非現実ならいっか。。

  • これもやっぱり再読。

  • 登録以前に。ドラマ化を機に。マレー鉄道と言いながらも、鉄道ミステリーではありません。とはいえ面白い。一人の医者が列車内から落ち死亡、四年後、何の因縁か同じ場所で脱線事故が。そして現在、楽しく旅行にやってきていた火村、アリスは死体を発見。死体が見つかったトレーラーハウスは目張りが施されており、遺書も見つかったもののそこに疑惑が立ち込めます。鮮やかに事件が解決し、緊迫した戦い行われ、「動機が凄いなぁ」とか思っていたら最後にもう一捻りしてくれます。後は「人間ニトログリセリン」、脳に刻み込まれました。

  • 火村アリスシリーズ。シリーズの代表作的な位置づけもある本作。
    トリックとかその他それほど目新しいようなことがあったわけでもないように思ったんですが、なんか読み終わって妙な満足感があるな。読み応えもあるし、読後感も悪くない。「斬新」ではないものの。昔ながらの骨太ミステリ・・・とかだろうか。
    まあ自分が短編よりもこういうボリュームのある本を好む傾向にあるってのも大きい気もするけどw

  • 6作目の国名シリーズ。
    旧友の招きでマレーシアの高級リゾート、キャメロン・ハイランドで起こる連続殺人事件。
    密室、ダイイイングメッセイージ等々従来の本格を味わうことが出来る。また今作は海外が舞台でで旅行気分も味わえるが、いつもと違い警察に介入できず帰国のタイムリミットに焦る火村先生が見れる。

    あとがきでカー、クイーン、クリスティを意識したとあるが納得できる。

  • 短文がとてもチャーミングで洒落ている。
    ちょっとトリックに無理があるのだが、文体の憎めなさによって上手いことカバーしてあるという印象。

  • 面白かった。
    前置き長いよーとも思ったけれど、楽しく読めた。
    人々の想いのすれ違いの切なさや蛍のイメージが、事件の凄惨さをいくらか中和してくれているようだった。

  • いやあ、これはこれは、よくできてましたねー。
    ミステリ的にも小説的にも。ラストにさらに「おっ!?」と唸らせてもらいました。しかも、何気にこれって、完全犯罪じゃないの!!

    キャメロン・ハイランドと言えば、ジム・トンプソン失踪で有名な高級リゾート地。
    松本清張の「熱い絹」、読んでないなあ。

  • 有栖川有栖による国名シリーズにして長編の日本推理作家協会賞受賞作。
    アリスと火村は大学時代の友人・大龍を訪ねてマレーシアに旅行に来ていた。物語が始まってしばらくはマレーシアの紀行小説のようで、マレーシアに行ってみたいと思わせるような記述が並ぶ。が、やがてトレーラーハウスの中から死体が発見されて物語は一気にミステリ色を帯びてくる。
    殺人事件とは縁遠そうなキャメロンハイランドという土地で起こる密室殺人はやがて連続殺人の趣を呈し始める。
    例によって、読みながら思いついた推理はアリスと五十歩百歩で、自分も火村にだめ出しされている気になってしまう。やがて火村がたどり着いた結論は、あいかわらずよくもまあこんなことを考えつくものだ、という感想を抱くような代物。犯人にしろ、トリックにしろ、その動機にしろ。特にトリックはそんなにうまくいくかなあという疑問は残るが、まあ納得できなくもないか。
    長編なのに長く感じず、変な寄り道が苦にならないのは海外が舞台ということもあるのだろうか。いつものように火村とアリスの掛け合いも軽妙で、おかげで最後までちゃんと楽しめた。
    作者もかいているが、タイトルにマレー鉄道とついている割に、内容がほとんどマレー鉄道と関係ないところはある意味ご愛敬か。

  • 2014.2.28ー10
    この作家の著書は初めて読んだが、先がよめるし深みもなく退屈。元々好きなジャンルではないから仕方ないか。

  • 限られた短いタイムリミットまで、事件が事件を呼んでは探偵が奔走して、時には感情的に謎に立ち向かう。
    最後には少しの悔しさと切なさが残る…

    ミステリに惹きつけられる1番の理由を、本当に好きなテンポで描かれていて、
    読み終わってほう…と恍惚としてしまいました。
    パレードの様な小説。
    最後の最後が悔しすぎるので、★よっつ。

  • 私は、火村助教授も蛍なんだって思いながらこのシリーズを読んでいるんだ(*⌒▽⌒*)

全166件中 1 - 25件を表示

マレー鉄道の謎 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マレー鉄道の謎 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マレー鉄道の謎 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする