狐闇 (講談社文庫)

  • 504人登録
  • 3.64評価
    • (46)
    • (65)
    • (111)
    • (6)
    • (2)
  • 59レビュー
著者 : 北森鴻
  • 講談社 (2005年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062750813

狐闇 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 旗師宇佐見陶子の古美術ミステリ『狐罠』の次作。蓮丈那智フィールドファイルの『凶笑面』ミクニがあそこでああなったやつはコレやったんやなぁ、としみじみつながっています。八咫烏魔境、贋作三角縁神獣鏡を中心にかなり大風呂敷でおもしろかったです。いくつかひっかかるのがなぜ村山槐多にしたんかとか、悪党のアルコール過剰摂取させて車にのせて事故をおこさせる手口ばっかりで、確かにものすごく手軽で現実味があるが、ワンパターンすぎるとか、あと猫のガスパールが魔猫すぎるとか(笑)。とにかく、ミクニはちらカメオですが那智、雅蘭堂やその他北森キャラがたくさんでてきてかなりアベンジャーズみたいな(笑)感じ。
    おもろかったです。もっそい三角縁神獣鏡が作りたくなってきました(贋作ではなくて工作です)。

  • 冬狐堂シリーズの長編。
    北森作品のオールスター登場でファンには堪らないのですが、ストーリーの結末があまりに壮大過ぎて評価に困る。
    ただ、作品に出てくる史実や史跡などは調べたところでは実存するものばかりなので、事実を組み合わせてこのレベルのフィクションに仕上げた筆力には脱帽です。

  • おもしろかったー!最初から最後までドキドキハラハラ。
    なにせ初っぱなから主人公・宇佐見陶子が、古物商の鑑札を取り上げられてどん底な雰囲気から始まります。
    狐罠のラストからのギャップがすごいので、読むなら罠→闇の順番通りに、続けてがお勧め。
    前作では話だけだった「凶面笑」の蓮丈那智、「孔雀狂想曲」の越名集治がキーパーソンとして登場します。お馴染みビアバー「香菜里屋」も。
    (蓮丈那智シリーズももう一度読み返してみようかなぁ。

    短編集は何故か2作とも文藝春秋なんですよね。

  • 2010.10.31

  • いろいろ順番が分からないww
    次何を読めばいいのだろう。また邪馬台にもどればいいかなw

    作品間のリンクが好きな私にしてみれば、こういうのはただただうれしい、おもしろい。

    内容自体も自分にとって興味のあることばかりで、考え方の一つとして面白味がある。

  • 冬狐堂シリーズ2作目。
    北森さんの作品、大好きなんです。
    けど、この作品はスケール広げすぎて、現実味がない印象がずっとありました。
    なち先生は、相変わらずかっこいいですね!

  • 中身がとても濃くて、満足です。うまい人の文章は行間がみちみち詰まっています。過去の作品とうまくリンクさせるなんて達人の技としか言えません。元からの構想であってもなくてもすごい。

  • 古美術界の謎。魔鏡が映し出した真相とは?幻のコレクションを巡って暗躍する古美術商たち。贋作作りの疑いをかけられて苦境に陥った若き旗師・陶子。虚実皮膜の世界には想像を絶する秘密が隠されていた!

    魔鏡を競り市で手に入れたことで、宇佐見陶子の運命は変わった。市に参加していた男が電車に飛び込んだのを皮切りに周囲で命を落とす者が続出。陶子は絵画の贋作作りの汚名を着せられ、骨董業者の鑑札を剥奪されてしまう。狡猾な罠を仕掛けたのは誰か。満身創痍の捜査行は日本の歴史の断層に迫っていく。

  • すごいな・・・次、予約しなくちゃ!!!

  • 冬狐堂シリーズ第二弾。今回もかなりハードな展開だったけれど、陰謀の話のスケールが大きくてあまり現実味はなかった。

全59件中 1 - 10件を表示

北森鴻の作品

狐闇 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

狐闇 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

狐闇 (講談社文庫)のKindle版

狐闇 (講談社文庫)の単行本

ツイートする