タイムスリップ森鴎外 タイムスリップシリーズ第1作 (講談社文庫)

  • 315人登録
  • 3.33評価
    • (17)
    • (39)
    • (72)
    • (9)
    • (8)
  • 59レビュー
著者 : 鯨統一郎
  • 講談社 (2005年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062751384

タイムスリップ森鴎外 タイムスリップシリーズ第1作 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 愉快痛快。荒唐無稽。な本。

    書店や図書館で「森鴎外」の本を見たら『モリリン』の本だ。と言ってしまいそう。

    近代文学の作家の名前や著書かたくさん出てきます。高校の国語の便覧の補助読本にいいかも。

    みなさん、梶井基次郎の『蜜柑』って本知ってますか。芥川龍之介ではないですよ。『檸檬』でもないですよ。「何言ってんの?」と思う人 この著書一読を。
    一晩で読めます。

  • やばーい!これ面白い!
    JKのしゃべり方が古いので違和感があるけど、それ以外が面白い!!
    森鴎外がアクティブなオッサン扱いされてる!
    もちろんフィクションだし、森鴎外が90歳まで生きることはなかったけど、もし生きていたらどんな作品を書いたのかなあ?と夢が広がった。
    あと、近代文学の時系列が整理できるし、文学の内容に貴賤はない、というのがにじんでてより本が身近に感じられて楽しい。
    うらら最高☆

  • 荒唐無稽、笑えるタイムスリップものといったら、これでしょう。文豪モリリンが現代に来て、はじけてます。

  • 森鴎外は、文学史上最大難問に突き当たります。
    しかも、タイムスリップしてしまった80年後の渋谷でです。
    女子高生のうららと元の世界に戻る方法を探しているうちに、
    意外な人物に出会います。

  • 鯨さんの作品は好きなのが多いです。
    とんでもない発想をちゃんとつじつま合わせてミステリーにしちゃうところがすごい!といつも感心。
    リアリティーがないとか、けしからん!とか堅いこと抜きに、軽いノリを楽しみましょう♪

  • 『タイムスリップ森鴎外』
    鯨統一郎 著


    大正十一年に没した森鴎外が平成の世にタイムスリップしてしまう物語。
    荒唐無稽どころか、史実だったのではなんて、思わせてくれる展開は、さすが鯨氏。

    彼の著書はどれも面白く、良い息抜きになるね。ただ、いかんせん装丁が著しくダサい...どれもこれも...
    もっと注目されても良いと思うんだけどなー。

    #読了

  • はじめは面白く、だんだんミステリアスに。
    今の時代に殺されかけた森鴎外がタイムスリップしてくるはなし。最後には自分を殺そうとした犯人が江戸川乱歩だとわかり、過去に戻る。

  • う~ん。
    着眼点は面白そうだったし、
    書評もまぁまぁだったので
    読んでみたが・・・。

    あり得ない事なら
    とことんまであり得ない方が
    楽しめたかなぁ~。

    あっさりと現在に染まったなら
    森鴎外らしく、
    病院で働いちゃうとか
    出版社で働いちゃうとか・・

  • 失踪(タイム・スリップ)だけではなく、連続殺人疑惑(犯人は誰?)、記憶・事項の変容など、読み所をはずさない。51

  • そのまんま、森鴎外がタイムトリップして平成の世の中に来てしまうお話し。
    鴎外の順応の早さにはびっくりだけど、色々な文豪の話なんかが出てきて面白かった。
    ただ、ストーリーは途中から強引過ぎて、思い込み激しすぎるだろーとツッコミを入れたくなる。

全59件中 1 - 10件を表示

タイムスリップ森鴎外 タイムスリップシリーズ第1作 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

タイムスリップ森鴎外 タイムスリップシリーズ第1作 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

タイムスリップ森鴎外 タイムスリップシリーズ第1作 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タイムスリップ森鴎外 タイムスリップシリーズ第1作 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

タイムスリップ森鴎外 タイムスリップシリーズ第1作 (講談社文庫)のKindle版

タイムスリップ森鴎外 タイムスリップシリーズ第1作 (講談社文庫)の新書

ツイートする