文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

  • 3005人登録
  • 3.97評価
    • (551)
    • (296)
    • (556)
    • (16)
    • (1)
  • 279レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 講談社 (2005年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (754ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062751803

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 久しぶりの百鬼夜行シリーズでしたので、ある意味良いリハビリになりました。(笑)
    榎木津さんも楽しいですが、それに振り回される人たちも滑稽で良かったです。
    自分のお気に入りは「山颪」ですかね。現時点で一番好きな「鉄鼠」とも繋がっていましたし。

  • 変人だろうが躁病だろうが、うちは榎さんが好き笑

  • 薔薇十字探偵社とそれに巻き込まれる人達。ついでに中禅寺もかなり遊んでいるように思う。
    「鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱」「瓶長 薔薇十字探偵の鬱憤」「山嵐 薔薇十字探偵の憤慨」
    全体を通して悪ふざけな中禅寺。中禅寺はこの百器徒然だと妙にはっちゃける。あの中禅寺が?ってなる。
    特に「山嵐 薔薇十字探偵の憤慨」が笑える。最凶トリオが高級茶寮乗り込んだ時点ですでに勝敗は決している。しかもやっぱり関口は美味しい思い出来ない運命。
    もはやギャグ。ギャグとして面白かった。

  •  もー、この本大好きです。何回目かわからないくらいの再読です。4、5回目かと思われます。でも何度読んでも楽しいのが京極さんの作品です。
     やっぱり榎さんはかっこいいですし、魅力的です。最初はこの神様目的で百鬼夜行シリーズ読んでいたなとしみじみ思いました。榎さんの人気が高いのもわかる気がします。
     でも、今1番大好きな関口くん。作品の中で登場人物が話題にあげるたびにワクワクして仕方ないです。
     そして最後の山嵐のお話で待ちに待った関口くんご本人が登場。通勤の電車で読んでいたのですが、ドキドキが止まらなかったです。なんでこんなに好きなのかってくらい大好きです。
     この勢いで次は陰摩羅鬼読みます。

  • 百鬼夜行シリーズを全部読もうと思い、買ったのはいいが長い間積んでおいた作品の一つ。
    とあるコーヒー屋さんの娘さんと、京極さんの話になり、「そういえばまだ読んでいない作品があったな」と思い読み始めた。読み始めると、意外とすぐに読み終わってしまった(阿部寛さんが解説で、「ところが、ひとたびページをめくればストリーにグイグイ引き込まれてゆく・・・・・・(このことは京極作品のファンのならみなさん経験ずみのことでしょう)。737~738頁。」と書いているようにスルスルと読んでしまった)。
    次読む作品は、百器徒袋ー風(書いているこの時にはもう読んでいるのだが)。

  • 榎木津が大好きな身としてはうれしい一冊だが、しかしストーリーという観点からいうといまひとつの感が否めない。とにかく榎木津を描くことを目的とするのであればもっと徹底してほしいし、物語としての面白さを求めるのであればもう少し捻りがほしい、といったところ。

  • ★4.0
    再読。「そうだ!僕だ。お待ちかねの榎木津礼二郎だ!」。ハチャメチャ探偵・榎木津をメインに据えた、スピンオフ的な位置づけの1冊。とにかく榎さんの暴走が面白くて、彼の一挙手一投足に笑いが止まらない。そして、お馴染みの主要なキャラクターたちが、全3編に余すところなく登場する。中でも、何度も話題に上りつつ、満を持して登場した関口が印象的。また、語り部となる“僕”の名前すら明かされないのも楽しい。「瓶長」「山颪」は「陰摩羅鬼の瑕」の後日譚になるけれど、事件の詳細には触れていないので先に読んでも楽しめる。

  • おもうがまま大暴れする榎木津さんに再会したくなり、本書を手に取る。結果、内容をすっかり忘れているシリーズ本編が読みたくてたまらなくなってしまった! うう、手元にないのに……と泣き崩れつつ、榎さんの奇矯ぶりや京極堂の弁舌を堪能。いとしの関口さんの登場を心待ちにさいごまで名前の出てこない主人公の狼狽え、飲み下したのちの順応を楽しんだ。「鳴釜」での揺らがない京極堂の発言と、榎さんの怒っている人間に「怒ってるんだろ?」と聞けるこころ。きっと初めて読んだときも眩しくおもったことだろう。榎さんの馬鹿ぶり、まったく神!

  • お~もしれ~。大好きな榎さん主役ってやっぱいい!この分厚さにも拘わらず、すいすい読めたわ。
    しかし榎さんの自信家っぷりはうらやましい!自分を神と言えるなんて…ステキ過ぎる。下僕志願の、この語り手の気持ちもわかるわ~。

  • 久々の読み返し。
    このシリーズが一番手軽に面白い。
    多々良先生が少女歌劇好きであることに気付いた。

  • ひえ~、最後の最後の最後に「僕」の名前が明かされる。それも名字だけ。前後巻を勘違いして『風』を先読みしたので名前を知っていたけど、『雨』では知らされないのかと思った。「薔薇十字探偵団」一味の揃い踏み、百鬼夜行シリーズファン垂涎の一冊である。中禅寺を一味に加えては叱られそうだが、本編作品では「京極堂」一味の統領であっても、『百器徒然袋』では榎木津の配下に甘んじてもらうしかない。でもって『塗仏の宴』後に再起を案じた関口くん、お帰りなさい。本島と並ぶと中禅寺がにやけ、あの益田からさえ「二大スタアの共演」と揶揄される。分かるよ。徹頭徹尾おかしくて、通勤バスの中で読めば地獄の辛さだ。

  • 探偵・榎木津礼二郎のスピンオフ作品。
    「鳴釜」
    榎木津、エンガチョ野郎をカマを使って成敗する。美祢子さんのフィアンセに対する仕打ちは痛快だったけど、もう彼女に縁談が来ることは無いんだろうなーと思うと複雑な気分に。
    花嫁修行しかしてこなかった19歳=現代なら幾らでもやり直しが効くピチピチな年齢だが昭和28年の日本ではお嬢さんとオバさんの中間くらいな年齢の女性が今更職業婦人になるのも難しいだろうし…彼女はあの後どんな人生を送ったんだろう?
    外国語はペラペラらしいが語学力があれば翻訳家や通訳になれるって訳じゃないし。(村岡花子も翻訳家になれたのは英語の堪能さだけじゃなく人を感動させられる表現力があったから)
    「瓶長」
    北九州の古墳から出土した土偶ことマチコさんの軍隊時代の失敗談が気になって仕方がない。
    彼がドラム缶風呂で熟睡した話は「鉄鼠の檻」でも披露されたが、犬の首を知らず知らずに切っちゃったとかパラシュートで落下する時失敗したって…
    よく生きて帰ってこれたなマチコ。
    「山嵐」
    世界中が涙しそうな関口の扱われよう。
    榎木津の関口イジメは愛のあるイジリではなく本当にイジメなんじゃないかと疑った作品。

  • 面白い。
    文句なしに面白い。

    本編知らない人には何だか分らないと思うけど……
    「伊豆の事件」とか「バラバラ事件」とか、本編の事件がきちんと報道されてて、皆の記憶に残っている。
    それを解決したのが、榎木津探偵なんだ!

    と勘違いされているわけで(笑)
    第一話だけはちょっと重い話ですが、それでさえ、エノさんのハチャメチャな(本当にハチャメチャ。言語道断横断歩道って感じ)活躍で見事に救われている感じがします。

    「いつかの何とか言う人!」
    としか言われない主人公が可笑しい。
    ラストで名字は明かされますが、下の名前は「雨」では伏せられたまま。

    これ、もっと読みたいです。

  • 百鬼夜行シリーズの短編集。
    暗い事件もありますが、それらを榎さんが全て吹っ飛ばす明るく楽しい勧善懲悪な探偵活劇かな?
    榎さんの活躍を物陰からきゃーきゃー眺めていたいタイプです。
    特に好きなのは最後の山颪。京極堂もノリノリです。

  • (2015/05/23読了)

    エノさんが主役の三編から成る作品。兎に角面白かった。登場と共に、下僕どもに罵詈雑言を浴びせかけるところは、声を出して笑ってしまう。京極堂も珍しく一緒になって無茶をして楽しんでいるところもいい。

  • タイトル通り、器のお話し三本立て。
    明快、痛快、榎木津様のお通りです!
    さっくさく読めて、榎木津は相変わらずの大暴れなんだけど、気づくと憑き物は落とされる。

    特に鳴釜。乱暴されて、為す術もなくて決断して。そんなの犯人たちを許す訳がない。けど、一体どうすればいいんだろ?何を奪われたんだろう?
    榎木津はそれを取り返してくれる。
    22ー28p辺り、大河内の説明に胸を打たれる。
    怒っている被害者の兄でさえ、自分の感覚を思い返す。

    今回の本はとーーっても読みやすい。
    巷説シリーズ並み。
    瓶長の話では、
    瓶を早く割れ!割りまくれ!えのきさん!
    と待ち遠しくて仕方なかった。

  • ☆4.0
    榎木津活劇!
    強姦され身籠った姪のため榎木津の探偵事務所に相談に行く主人公。
    それが本人の意思に関わらず、あれよあれよという間に下僕扱いされ様々な事件に巻き込まれていく。未だ名前すら覚えてもらえないのに!

    もちろんいつもの京極堂を始めとする百鬼夜行シリーズのメンバーも顔を揃えて出てきます。
    が、なにぶん榎さんメインの短編集なので、百鬼夜行のような薄暗さは無く、ハチャメチャ、ドタバタのコメディタッチで面白いです。

    続編ももちろん楽しみ。

  • 姪が強姦されて泣き寝入りしていることが許せない「僕」は知人の勧めで「推理も調査もしない探偵・榎木津礼二郎」を紹介される。そして、あれよあれよと3件の事件に巻き込まれていった。

    強姦された妹と蹴られたオカマの復讐をする鳴釜。
    亀と瓶を探す依頼を解決する瓶長。
    行方不明の僧とトゲトゲの山嵐を探す山颪。

    いやはや榎木津は滅茶苦茶だ。それは知っていることだ。今回わかったのは、中禅寺も案外滅茶苦茶だということだ。それは一般人をこの「一味」に放り込んだからようやく再確認できたことだ。「僕」が語り手なので改めて彼ら一味が「変人奇人の集まり」だということを考えさせられる。

    いつもより色々とはじけてて、「こりゃ漫画だ…」と呟かずにはいられなかった。3話とも面白かったが、榎木津と木場の喧嘩を久々に少し見られた2話めが嬉しかった。毎度毎度担ぎ出される割に案外楽しそうな(そしていつもより笑ったり笑いを堪えたり悪乗りしたりする)中善寺が見れたのもとっても嬉しい。関口の足に手をやり膝を揺すった理由がわかった時には「この世は鬼だらけだ」と関口に同情してしまう。

    こういう、お互いがお互いの領分を侵さない、友達とも仲間とも言いがたい「一味感」がたまらなく好きだ。

  • 榎木津無双!
    百鬼夜行シリーズの世界観…だけどコメディタッチ。
    京極堂もちょっと悪ノリしてる感じで、
    クスクス笑いながら読みました。

  • 眉目秀麗、腕力最強にして、言動は破天荒で傍若無人。
    調査も捜査も推理もしない探偵・榎木津礼二郎が大活躍する京極堂シリーズの中編集。
    「鳴釜」「瓶長」「山颪」という2文字の妖怪の名をタイトルに、「骨董」「贋物」をテーマとして統一させている点、そして、文が途中でページを跨ぐことが決してないと云うところに意匠家でもある作者・京極夏彦の美意識が感じられる。

    自らを“神”と称する榎さんを筆頭に、京極堂、益田君、待古庵、木場修、いさま屋、関口君ら薔薇十字団の一味が寄って集って巫山戯ているのが面白い。
    収録されている3編いずれも榎さんが暴れまくって見事に事件を解決!(いや、破壊か?)
    まさしく勧善、もとい「勧榎木津懲悪」小説。
    最初は依頼者のはずであった“僕”(本島君)がいつの間にか榎さんのペースに嵌って下僕に成り下がっているのが痛快。

    妖怪や神社仏閣に関する作者の知識量には毎回驚かされるが、本書ではそれに加えて書画骨董や料理、動物に至るまで、実に多彩な知識が披露されている。
    しかも、作品の舞台となっている昭和27~28年当時に知り得た情報しか書けないという制約の中でそれを行っているのだから、これはもう本当に魂消ましたと云う感じだ。

    「運命なんてモノは、そもそもない。いずれ行く末は決定されていないのだから。どうなろうと誰の所為でもない」
    「法律と云うのも決まり事な訳ですからね、これは一種の呪術です。壺に値段をつけるのと変わりがない…犯罪も同じです。行為自体には意味はないんです…下手をすると無限に続き兼ねない自責の念を、懲役何年罰金幾価と云う目に見える形で纏めてくれると云う作用もあるんです。形なきものに形を与え、名前を与えて落とすと云う、これは憑物落としの作法です―」
    常人には思いもつかないようなこういう持論を小説に書くには相当な技量が必要だと思う。

    「君はいつかの何とか云う人!」
    「僕が許すものが善で、僕が許さないものが悪だ。他に基準はない!」
    「悪は滅びる。僕は栄える。それがこの宇宙の仕組みだろうに」
    「お腹ぺこぺこのぺこちゃんだ!」
    云っていることもやっていることも本当に滅茶苦茶な榎さん。
    本島君を「磐梯山君」などと呼んだのには爆笑した。
    今までに読んだいろんな小説の登場人物の中で、榎さんが一番好きだ(2番目は京極堂(中禅寺秋彦)、3番目は御行の又市)。

    解説は、映画で榎木津礼二郎を演じた阿部寛さん。

  • 百鬼夜行シリーズのサイドストーリー。
    薔薇十字社の探偵、榎木津礼二郎が主役!

    めちゃめちゃ笑った!
    爆笑箇所が沢山あって、一人でげらげら笑っていたのでかなり怪しい人。
    電車などでは絶対読んではいけない。

    はちゃめちゃな榎さんがのびのびと暴れているのはもちろんのこと、
    あの、京極堂こと中禅寺明彦さえも、かなり悪乗りしていて
    そこがまた面白い!
    私は、京極堂様のファンなんだけど、おちゃめなところがクローズアップされていて、更に魅力UP!!

    短編3作なんだけど、どれも面白かったわ。

    榎さんの「俺が仕切る!!」が聞こえたら要注意!!(笑)

  • まずサブタイトルがいいね。憂鬱、鬱憤、憤慨、としりとり?みたいですごくいい。本編と違って軽く読めるのだけれども、登場人物の魅力は十二分に発揮されている所が流石京極先生。 「~荒唐無稽と云うのはこう云うことを云うのだ。深刻なばかりが現実ではないぞ馬鹿者ども! これも現実だと思い知るがいい!」 榎木津の放ったこの科白はいつもの百鬼夜行シリーズを期待して読んだ人への科白だと思うのは少々深読みのしすぎですねすいません。しかし榎さんは憂鬱になろうが、鬱憤が溜まろうが、憤慨しようがあんまりいつもと変わらないですね。

  • 大好き。
    榎木津が大暴れしてる話。
    それが本当に爽快で、カッコいい。
    女子は惚れる、よ、ねえ…?
    分厚くて嫌煙されそうだが、内容はいたって読みやすいしテーマも軽め。
    私はストーリーというよりも榎木津の傍若無人っぷりと名言を楽しむ作品だと認識しました。

    「暴力は楽ですが暴力では何も解決しません。まあ、僕はむしゃくしゃしているので最後に一発くらいは殴らせて貰いますがそれは暴力ではない。天罰です。」

    しかし内容忘れてしまったのでいろいろ定かではないな。
    また読み返そうと思う。

  • 「そうだ!僕だ。お待ちかねの榎木津礼二郎だ!」
    名探偵(?)榎木津礼二郎の活躍(?)が3つも読める愉快な本(笑)。
    最初の事件は重いし、最後の爆発に到るまでが少々まだるっこしくもあるけれど、そこは京極夏彦ですからね。
    最後に大暴れしてくれるのでスカッとするのです。

    榎さんのお言葉が可愛かったりもして。
    百鬼夜行シリーズより楽に読めるとこも気分転換によろし。

  • ひゃっきつれづれぶくろあめ

    榎木津があまりに榎木津で、めろめろである。
    なじられたーい!

    「鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱」「瓶長 薔薇十字探偵の鬱憤」「山嵐 薔薇十字探偵の憤慨」収録

全279件中 1 - 25件を表示

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)の作品紹介

「推理はしないんです。彼は」。知人・大河内の奇妙な言葉にひかれて神保町の薔薇十字探偵社を訪れた「僕」。気がつけば依頼人の自分まで関口、益田、今川、伊佐間同様"名探偵"榎木津礼二郎の"下僕"となっていた…。京極堂をも巻き込んで展開するハチャメチャな妖怪三篇「鳴釜」「瓶長」「山颪」を収録。

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)のKindle版

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)の新書

ツイートする