深川黄表紙掛取り帖 (講談社文庫)

  • 267人登録
  • 3.65評価
    • (20)
    • (42)
    • (40)
    • (3)
    • (4)
  • 35レビュー
著者 : 山本一力
  • 講談社 (2005年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062752541

深川黄表紙掛取り帖 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.10.2(月)¥250(-2割引き)+税。
    2017.10.13(金)。

  • なるほどね。一力さんはこの方向に進むのですかね。
    完全な娯楽時代劇です。初期の作品にあったような情感や初々しい力強さは残っていないようです。
    但し、読み物としては面白い。破天楽さもあり、スピーディーで、登場人物の屈折度も中々いいところ。このままテレビ番組にしても面白いでしょう。
    個人的には残念ですけど。。。。

  • 江戸深川の表向きは定齋(薬)売りの主人公である蔵秀を主人公に、仲間である雅乃、辰次郎、宗佑の4人組が悪人を斬る仕事人ではなく、知恵を絞って悪人を成敗するという短編5編からなる物語で、これまでの山本一力作品でも登場した賭博を仕切る猪乃吉親分の助けを借りて、役人や豪商と渡り合う姿は痛快でした!
    蔵秀の両親も知恵者でいいキャラでしたし、蔵秀と雅乃の恋の行方も気になるところです。
    早速、続編もいってみようと思います!

  • 最初は誰が誰やら…という感じで、もしかしてシリーズの二作目だった?と思うほど取っつきにくかったが、慣れたら楽しく読めた。でもこんなに主役格必要か?ってのは最後まで思った。
    江戸時代という時代背景が背景にならず、永代橋を架ける話や改鋳が生活に密着した出来事として読めたのが面白かった。

  • 電車の中で隣の人が読んでて、面白そうだったんです。
    ページの上部に書かれている目次「端午のとうふ」をネット検索して、この作品に出合いました。

    時代物での「なんでも屋」稼業。
    難解な問題をアイデアで解決!
    読んでて楽しい気分になれる良い作品。

  • 出張に出ると、移動時間に必ずしも仕事出来るわけでもない。ホリデーシーズン、ド満席のエコノミーでMacBook開くのも一苦労、ここは諦めて(?)溜まった本の消化に費やそうかと。こう言うときは安定感有るのが良い、と言うわけで毎度お馴染み山本一力作品。どうも話がうまく運びすぎるきらいも多い山本作品、しかも最初は今ひとつ乗りきらないな、と思いながら読み進めていくのだけれど、後半になるにつれて安定感が出て盛り上がる。本来は冒頭の一章の短編ものだったのが、続編要望で延びていった話と思われ、途中ダレるところもあるんだけど、そう言う安定感はさすが山本作品だなあ。

  • 損料屋喜八郎シリーズよりもカジュアルな内容。キャラがそれぞれきちんと立ってる物語はやはり読んでて楽しい。商人や町人の心意気を存分に楽しめて飽きの来ない良作。

  • 第一弾
    五話で構成されているが連続もの
    深川の四人の話。暴力沙汰はないが、とか言って知的な話でもない。
    情に絡む話か?
    紀伊国屋文左衛門、柳沢吉保等が絡んでくる。
    悪は懲らしめる傾向はある。

  • ★2つか1つか迷ったが。
    物語にダイナミズムがないし、人情ものめいたオチらしきものも感じられない。
    この作家、無理やり設定に史上の人物を置いてストーリーを語ろうとする癖でもあるのだろうか?
    今作品および直近読んだ1作品ともども成功しているとは思えない。

  • 設定がもの凄く好みなんだけど、なんだかのめり込めなかったんだよなあ。
    でもなんか好きだなあ、という読後感。これはきっと大人になってから(そういうと今のわたしは何なのかということになるが)、もう一度読み返すと別の感想が得られそうな気がするから、数年後にもう一度読み直そう。

全35件中 1 - 10件を表示

山本一力の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
山本 一力
宮部 みゆき
浅田 次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

深川黄表紙掛取り帖 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

深川黄表紙掛取り帖 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

深川黄表紙掛取り帖 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

深川黄表紙掛取り帖 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

深川黄表紙掛取り帖 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

深川黄表紙掛取り帖 (講談社文庫)の単行本

ツイートする