赤緑黒白 (講談社文庫)

  • 2487人登録
  • 3.73評価
    • (224)
    • (287)
    • (461)
    • (12)
    • (3)
  • 203レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2005年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062752572

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

赤緑黒白 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • そう、誰だって、普通じゃないわ。普通っていうのは、つまり平均でしょう?平均したものは、シーソーの中心に来る。だけど、そこには誰も乗っていない。

    それは、
    一言でいえば、排除だ。
    そして、ある面では、確立だ。
    両者は同じものだと思う。
    自分の確立のために障害となるものを排除する。
    その最も顕著で代表的な行為は、戦争だろう。

    Vシリーズ終わりか…とっっっても寂しい。しこさんれんちゃん大好きだった!

    真賀田四季きたーってなった。

    S&Mシリーズが好きすぎたので、次のVシリーズはどうかしら、、と思っていたけど、どっちも大好きになった。次は四季シリーズ…楽しみ…

  • Vシリーズ10作目で最終。
    タイトル通り、その色通りに人が殺されていくのですが、そこに見え隠れする四季の存在。その色すらも四季を思わせます。
    この巻にてVシリーズの人間関係の裏が公開に。
    ネタバレで途中から知ってはいたものの、これを読んでようやくS&MシリーズとVシリーズの関連がわかる仕掛け。林さんの名前は詐欺に近いです(笑)。
    へっくんの将来がそうなるならば、やはりこの育成環境はかなり特殊な部類だと思われます。そしてあの妹すらもなるほどと思わせるのです。
    保呂草はきっとあの通りふらふらと生きていくのだろうし、紅子も変わらないのでしょう。
    紫子と練無だけがやはり一般的な人間というか、いずれ普通の生活に戻っていくのかもしれません。

  •  全10巻のVシリーズも、ついに最後の『赤緑黒白』に到達した。S&Mシリーズに勝るとも劣らない結末を期待していたのですが…

     登場人物のアイデンティティが、より犀利な方向で明確になってゆくS&Mシリーズに比べると、読み進めるほどにカオスに戻って行くようなVシリーズに、常に居心地の悪さを感じ続けてきたのですが、ようやく紫子の突っ込みに慣れ、何とか最終巻を閉じることができました。

     物語は終盤に差し掛かっても、特段の盛り上がりもなく、静かな夜明けの様でした^^; 最後にちょっとだけアクションシーンを折り込み、ありふれたスリルが味わえましたけど、基本的にはとても静かで、旅先の空港に到着したような安心感を思わせる着地は、新たな旅の始まりを予感させてくれました。

     この本の中で最も素晴らしかったのは、プロローグでも、本編でも、エピローグでもなく、「読者の力不足を、そうと感じさせないように優しく補う菅聡子さんの解説」と言ったら言い過ぎですか(・・? しかし、この解説のおかげで、読者の脳裏には、全10巻のストーリーが走馬灯のように駆け巡るのではないでしょうか。

  • ここで四季が関わっていたなんてー!もう一度四季シリーズ読み直そう!

  • 約10年前に読んで以来の再読。

    Vシリーズ10作目。ラスト!

    もうね。
    他シリーズを含めた再読だから、
    色々ありすぎて、まともに評価できない。
    初読のとき、私はこの色々に気づけたのだろうか?
    いや、気づかなかっただろうな。確実に(笑)

    ・林という名前が変わっていると言った紅子(@黒猫の三角)
    ・イニシャルがS・Sのへっ君(@朽ちる散る落ちる)
    ・少女時代の"栗本其志雄"の登場

    勘の鋭い人は、ここから飛翔できるのかなぁ?
    そして「捩れ屋敷の利鈍」で残された謎も解けるのかなぁ?

    再読だから感じることができる。
    Vシリーズは、言ってみりゃ、布石シリーズだ。

    結局、私は、四季シリーズも再読しちゃうのでしょう・・・

  • Vシリーズ完結の第十作。600頁もあるのに、サクサク読ませてしまうのは森先生が凄いのか、はたまた自分が森ミステリィを好きだからなのか... 作中、ある少女の言動が気になって気になって仕方がない(><; 感想としては一刻も早く四季シリーズが読みたい、ただそれだけ。

  • Vシリーズ完結編。
    いつものごとく、紅子さんがサクっと解決してくれるんだけど、
    最後のドタバタが結構ドキドキしたりもしたんだけど、
    七夏のキレっぷりが激しくて驚いた。
    でも、何が一番の衝撃だったかというとアレでしょう。
    練ちゃんと紫子ちゃんが読めない漢字って・・・
    これを衝撃と言わずに何という!
    もういいや・・・
    四季シリーズへの布石のような終わり方だったから、
    四季が好きだから、それでいいよもう・・・
    練ちゃんのことはもっと知りたかったなぁ~

  • Vシリーズ最後の1冊。私は保呂草に恋していたのかもしれない。もう会えないのがいやで、読み終わるのを先延ばしていた。結末は、森博嗣が好きな人なら良くも悪くも裏切られはしない感じ。ただ、これは最後の1冊ということを私が意識し過ぎていただけではないと思う。さまざまなシーンで、いつもだったらこの人こんなこと言ったかな?ということを言ったりと、ドキリとすることが、多々。ありがたく一喜一憂して読んだ。最後は次のシリーズにつながる仕掛け。短編を読み直したかったけど、次に進んでしまいそう。

  • 林さん、そうあなたは林さんだったのね。
    最後にわかる驚き。
    そして、彼女が出てきた。
    それでこの時代がいつなのかがわかり、
    納得。
    そうなのね、そうだったのね、へっ君。

    まさかねぇ~、つながっているとはねぇ~。
    やっぱりやりますね、この作者は。

    次の四季シリーズも読まなくちゃ~。

    このシリーズ、挫折しなくてよかった!

    でもね、秋野死刑囚と紅子さんの関係とか、
    林さんと紅子さん、祖父江さんの関係がわからなかったから、きっとどこかでまた分かる日が来るんでしょうか。
    また楽しみに読み進めたいと思います。

  • 「V」シリーズ完結編。
    これで一応、オチは着いたのかしら。
    懐かしのあの方や意外なあの方が登場します。

    四つの殺人事件が起きる。
    第一の事件では、赤井という名の男性が銃殺されて、赤いスプレーで塗装されていた。
    第二の事件では、美登里という名の女性が部屋で殺されて、緑のスプレーで塗装されていた。
    第三の事件では、黒田という名の男性が銃殺されて、黒のスプレーで塗装されていた。
    第四の事件では、白鳥という名のモデルに間違われた女性が殺されて、白のスプレーで塗装されていた。

    保呂草は第二の事件の被害者・美登里から「恋人だった赤井を殺した犯人を捕まえて欲しい」と依頼される。
    美登里は犯人が誰かを知っていて、保呂草に証拠を集めて貰いたがっていた。
    美登里は「ミステリ作家・帆山美澪が怪しい」と仄めかす。
    赤井は帆山のファンで、二人の仲を勘繰っていた。
    黒田達も帆山との繋がりがあったらしい。

    警察が帆山に事情を聞くと、アリバイを主張してくる。
    赤井殺害のアリバイは完璧ではないが、第四の事件で帆山はハワイにいたので不可能かと思われた。
    しかし、紅子がトリックを暴く。

    犯人は帆山でした。
    但し、皆が見ていた帆山はダミーで、本物は秘書の室生でした。
    「室生が怪しい」とは思ったのよね。
    「美人作家は影武者で、本物はひっそりと姿を隠す」という話をよく見掛けるから。

    もう一つ事件があって、こちらは比較的地味です。
    関根朔太展で、絵のすり替えが起きます。
    本物の絵が盗まれますが、どう考えても外に持ち出すことは不可能です。

    こちらの謎も紅子さんが解きました。
    「美大生が作ったオブジェに隠したのだろう」と推理します。
    犯人は絵を盗んだ後、一晩オブジェの隠しスペースで過ごしたそうな。
    こんなことをするのは勿論、保呂草さんしかいません。
    保呂草さんは、問題の絵の裏側にどんな絵が描かれているか見たかったそうです。

    事件の後、保呂草さんは姿を消します。
    ネルソンは紅子さんの家で預かるそうです。
    へっくんには前から相談していたとのこと。

    「赤、緑、黒、白」の意味は「春夏秋冬」のようです。
    とある人物の名前を指していますが、「S&M」シリーズを読んでいる人ならばピンときます。
    大学で会った女のコが四季さんならば、「V」シリーズは「S&M」シリーズよりも前の話ということが確定される訳です。

    へっくんの正体はあの方だからなあ。
    「林」さんは、名字ではないし。

    「秋野って誰よ?」と思っていたら、「黒猫の三角」で保呂草さんに成り代わっていた奴でしたね。
    犯罪者からの呼び出しに応じるとは、さすがはフィクションといいますか。
    秋野とも接触があったのか、四季さん。

    最後まで保呂草さんと紅子さんが好きになれませんでした。
    しこちゃんは良くも悪くも普通のコです。
    れんちゃんは乙女度が上がったな。
    男の娘の先駆けですね。
    林さんには苛立ちしか覚えなかったし、七夏さんは恋愛脳だし。
    でも、ラストの七夏さんは格好良かったと思います。

  • Vシリーズ⑩(終)

    ・一連の殺人事件の黒幕として、幼少期の真賀田四季が登場する。
    ・赤・緑・黒・白は四季のイメージを暗示している?
    ・謎が多すぎる保呂草さん。紅子さんや小鳥遊くん、紫子さんとの別れは、しんみりする。
    ・今後、林さんや祖父江さん、また小鳥遊くんや、紫子さんの登場はあるのだろうか?
    ・Vシリーズは、S&Mシリーズの20~25年前の時代設定。林さんは苗字ではなく、名前であり、本名は犀川林。そして、息子のへっ君は、犀川創平、また祖父江七夏の娘が、儀同世津子という事がヒント的に公開されている。

  • Vシリーズ最終作。得体の知れない事件に理不尽な動機に戦慄。シリーズの最後としては、少しモヤモヤが残る展開もあるも、他のシリーズとの繋がりに期待。短編集を挟んでから、四季シリーズを読んでみようと思います。

  • ますます森ワールドが好きになりました。

  • 【あらすじ】
    色鮮やかな塗装死体。美しく悽愴な連続殺人。鮮やかな赤に塗装された死体が、深夜マンションの駐車場で発見された。死んでいた男は赤井。彼の恋人だったという女性が「犯人が誰かはわかっている。それを証明して欲しい」と保呂草に依頼する。そして発生した第2の事件では、死者は緑色に塗られていた。シリーズ完結編にして、新たなる始動を告げる傑作。
    【感想】
    とうとう完結作まで来てしまったなという寂しさが込み上げてきた。S&Mシリーズの時のように読むのがもったいなくて、なかなか手を付けられずにいたけれど、いざ読み始めるともう止まらなかった。Vシリーズの最後を飾るに相応しい華々しい事件と言っては不謹慎だけれど、そんな感じの話だった。それを象徴するのが事件に使われる鮮やかな色の数々。そしてそれを取り巻く謎を、いつもの面々が議論し合い、事件を解き明かそうとし、実際に行動に出ていく。初めは好奇心からかもしれなかったけれど、もしかしたらだんだん正義感も生まれて事件に挑んでいったのではないかと思った。それは今までもずっとそうだのかもしれない。保呂草さん、れんちゃん、しこさん、紅子さんの4人はみんなそれぞれ個性的で違った良さがある。時にお互いを刺激し合い、時に労り合って、ここまで来た。それをこうして見ることができて本当に楽しかった。最後は何となくしんみりとした気持ちになったけれど、でもすごく楽しく読み終えることができた。

  • チラチラ登場する少女が凄く気になったんだよなぁ・・・。
    なるほど、そうつながるわけですか・・。

    それからへっくん!
    それからそれから林さんって、ねぇ!!

    森ワールド全開ですね。
    もう虜です。全シリーズ読んだら絶対再読したくなる仕組みだよなぁ・・・とこの時点で思ってしまう。

  • お、お?おおお?!
    となるラスト(笑)エピローグやば過ぎだろ(笑)

    時間そのものに関しては、うん、まぁ、なるほどなー程度の驚きやったけど、ラストの少女には「マジか!」となった。
    天才は崇拝されるもんなんやな。

    で、林さんの良さがラストまでわからなかったんですが……再登場あります?(笑)

    とりあえず次は四季シリーズいきます!!四季サイドのお話読まなきゃ終われないっ!

    あ、保呂草さんはやっぱりかっこいいですね。紅子さんとの最後のシーンは大好き。

  • とうとうみんながバラバラになる時がきてしまいました。
    この4人が一時でも一緒にいられたことこそ奇跡。そしてどれだけ捻れながら繋がってるんだろうと事件よりストーリーに畏れすら抱きます。
    もうへっくん…この環境でどんな大人になるかよくわかりました。
    私にとっての常識が通用しない世界にこれからも翻弄されたい。

  • 読む順番がとにかく大事。これ単体で楽しめるかどうかわからないけど最終巻として貼ってとても満足いく内容だった。
    変わった名前なのよね。大人になったへっくんの部屋には飛行機の写真が貼ってあるのね。

  • 一気読みしてしまったせいもあり、終わり方のせいもあり、本当に淋しくて淋しくて仕方がない。

    紅子も練無も紫子も、保呂草さんも(椙田ではなくて)、大好きである。個人だけでなく、その4人がいる空気がもっと好きなのである。

    「今」はいつまでも続かない、いつかは終わりが来る。そう頭で分かってはいても、「その時」がいつ来るかなんて誰にも分からないし(分かる場合もあるかもしれないけど)、早々対応なんてできない。いや登場人物だけでなく、私も。

    小説の読後とは思えないような虚無感。いわゆる「心にぽっかり穴が空いたような」。
    Gシリーズに突入するには、もう少し気持ちの整理が必要なようである。あー。

  • Vシリーズもついにラスト。タイトル通り、赤、緑、黒、白のスプレーを吹き付けられた4人の被害者という奇抜な殺人ではありましたが、トリックにさほど奇抜さはなかったかな。今作の一番の驚きはエピローグにあり!林が苗字じゃなかったなんて!祝儀袋の◯川って…しかもこの事件の真の黒幕があの…!!ラスト数ページは驚愕が詰まっていました!この後のシリーズがますます楽しみになりました!

  • 死体を順番に塗り分けるシリアルキラー
    赤に
    緑に
    黒に
    白に
    その意味は?
    動機は?
    行動原理はいつもシンプルでシャープでときどきスパイシィ。
    そして生まれながらに賢い者だけが、純粋なまま生きていける。
    それが良いか悪いかはまた別にして。

    シンプルでシャープでスパイシィな瀬在丸紅子のVシリーズ完結編。

  • 今回の事件そのものはそれ程、惹かれるキャラクタも展開も見受けられなかったのですが、やはりシリーズ最終巻だけあって終わりは印象的でした。
    全てが彼女で繋がるのか、と。
    もいちどS&Mシリーズと四季シリーズを読み返したい。
    そして瀬在丸親子が同じ場所で彼女に合う、その符合が興味深いです。

  • ついにー!
    Vシリーズ10作品よみおわりましたぁ!
    S&Mシリーズが天才たちを主軸にストーリーが展開されていったのにくらべ、Vシリーズは主演4人の日常を中心に展開されていったかんじね。
    シリーズ後半は徐々に例の伏線に徐々に触れてて、なんかドキドキ。

全203件中 1 - 25件を表示

赤緑黒白 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

赤緑黒白 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤緑黒白 (講談社文庫)の作品紹介

鮮やかな赤に塗装された死体が、深夜マンションの駐車場で発見された。死んでいた男は、赤井。彼の恋人だったという女性が「犯人が誰かは、わかっている。それを証明して欲しい」と保呂草に依頼する。そして発生した第二の事件では、死者は緑色に塗られていた。シリーズ完結編にして、新たなる始動を告げる傑作。

赤緑黒白 (講談社文庫)の新書

ツイートする