照柿(下) (講談社文庫)

  • 914人登録
  • 3.56評価
    • (79)
    • (100)
    • (215)
    • (20)
    • (3)
  • 81レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (2006年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062752596

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

照柿(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 合田刑事って、こんな人だったっけ?とずっと思いながら読むw 「マークスの山」を読んだのが昔過ぎて、面白かったのに内容は忘れてるしww 一目惚れって・・・ねぇ、そこまで執着されるとコワいよ、逆に( ̄ω ̄;)
    刑事としても、どうよって感じだけど、人間臭くていいのかもしれないなぁ。。。読めてよかったです、ってことでw

  • 真夏の太陽の熱でじりじりと焼けたコンクリートから立ち上る陽炎の向こうで男二人がもだえ苦しむシルエットが浮かぶ。彼らが追いかけてやまないのは目の覚めるような青いスカートの涼しげな女。その女を追いかければ追いかけるほど彼らの魂は腐った柿のようにドロドロと腐敗してゆく。読後一ヶ月以上たってもそんなイメージが焼きついて離れず視覚と感覚に深く刻み付けられている。

    一人の女を通して嫉妬に狂うのはほんのきっかけで、お互いを照らし合わせ自分に無いものを相手の中に見て憎しみを抱きつつ精神を崩壊させてゆく。達男は彫刻をやり合田はバイオリンを弾き、本質的に持っている芸術志向の対極にあるような世界で彼らは自分を埋没させながら暮らしており、気づけばなんとなく成り行きで築いてきた己の人生に「何故、今、自分はここにいるのか?」と疑問を投げかける。

    人間がズレを修正しながら生きていたら完璧なのは当たり前で、それができないから個性が生まれ、取替え不可能な自分だけの人生が存在する。そのズレを見てみぬふりをするのも簡単だけれど、不器用で愚直な人間であればあるほど、いずれはそのズレが引き起こす崩壊に直面する。まるで適正な温度で熱せられなかった亀裂の入った部品のように、幼少期に背負った傷がきちんと対処されないまま長い年月を経て、突然平坦な人生に亀裂を起こすこともしかり。いつどこで間違ったのか。人生という名のベルトコンベアのどの時点で。達男は亀裂の入った部品を握り締め、睡眠不足と頭痛を抱えたふらつく体で工場を駆け回り奔走する。どこで狂いが生じたのか?何がいけなかったのか?早く対処しないと手遅れになる、全てが駄目になるという強迫観念に追われながらの必死な姿が、達男自身の人生とだぶり切なく思う。突然何かをきっかけに、例えば葡萄のような目をした青いスカートの女をきっかけに、歯車を狂わされ壊れてゆくのは遅かれ早かれ必至なことだったのだと彼らは知っていただろうか。

    各々が知覚し感情や思考で都合良く創造された物語を事実とする人間の性質を、信じがたいほどに妄想を抱いて暴走する男達をみて、痛いほど実感する。二人の意識の流れが必要以上にトレースされた文章を執拗に追わされた私達は作品全体に漂う茹だるような熱さと共に眩暈を起こす。全ては彼らが何を見て何を想ったかの連続の世界だ。今でも蘇る疲労感。それと引き換えに、一瞬の莫大な想像と可能性や推測を行い、情報をインプットし、間違ったアウトプットをするという人間の面白さ、愚かさを見せてもらった。文庫ではそれが顕著であり見事なまでに客観的事実が省かれ二人の意識に重点がおかれているようだ。実際そこで何が起こったのか?を見失いやすいのが文庫で、ハードカバーで情報を捕捉するといった、想定外の作業が発生した。

    女同士の争いごとは醜いねという結論で落ち着こうとする中「いや男のほうがすごいぞ」と説明なく言い放った男性がいるが、確かにこの作品の中で魂が熟れて腐った柿のようでありながらも自分の人生にどれだけ正直にいきているかを競う二人を見ると、女達が体の一部や所有物で競う動物的レベルの争いごとと比べれば、本当は各々が自分自身と戦っているだけなのに、やりきれない思いを相手にぶつけ、第三者が止めようにも止められない戦いを、確かに女のそれよりも"すごい" と気づく。ただしお互いの中に自分が憧れていたものを認めていたからこその争いで、そこに気づけば争いが収束するどころか男の友情といった言葉をあてがうには物足りない、熱い関係へと昇華するというドラマの筋書きはいつも待ち遠しい。

    合田の叫び「達男、好きだ.....!」は達男の耳に届いたのかどうか。雨の音でかき消されたか。届いていてほしい。この台詞、ハードカバーにしかなかったけれど。

  • 合田も達夫も壊れてゆき・・・
    なんかもう一緒に濁流に飲み込まれ、気付いたらココにいました的な感じ。
    自分とは、かけ離れた所にいる人達なのに、よく解らされちゃう。
    この独特なゴリッとした文章も良いし、色々踏まえた上でまた読もう。

  • 暑い夏にジリジリ焼かれながら読もうと思っていた本。
    高校の時、マークスの山や、我が手に拳銃を、を読んだ時は、誰かが評したとおり、鋼のような文章がよくわからないけれどかっこいいと思っていた。今この作品を読んで感じる印象は、固いフランスパンのサンドウィッチみたい。どうにかこうにか噛んでいるうちに味が出てくるような。そして時々ハッとするほどみずみずしくて、色彩も鮮やかで切ない話だった。
    作者は、人格を形成する要素のなかでも、とりわけ生い立ちを重視しているようで、それが作品を暗くしているように思う。それが好き嫌いを分ける作品かもしれない、と思う。

  • 読み応えはそこそこあったのだけど、1人の男が殺人を犯すまでの経緯が事細かく描かれているが…私には理解出来ない。
    合田刑事が偶然出会った1人の女に執着し、女と愛人を引き離そうと妄想して画策する所も、やはり理解しがたい。

  • 苦痛だった。ドストエフスキーの「罪と罰」を思わせる緻密な描写。最後の解説に日本のドストエフスキーで罪と罰を意識してかかれた作品と書かれており納得した。

  • 照柿「上」のレビューご参照。

  • 「照柿(上・下)」髙村薫◆殺人事件を追う合田の前で電車への飛び込み事故が発生。現場にいた女と、18年ぶりに再会した幼馴染が合田の心を揺さぶるー。狂ったように暑い夏、熱処理工場、渦巻く感情、作品全体が熱く赤く燃えているようです。冷静なイメージだった合田の感情の動きが生々しい。合田雄一郎シリーズ一作目の「マークスの山」が雪山の話だったので青黒い氷に覆われたイメージでしたが、二作目の「照柿」は赤黒い炎が燃え盛っているイメージ。意識が朦朧としそうな今の季節にぴったりでした。

  • 下巻。第三章の前半は少し疲れたけれど、後半そして第四章とヒートアップ。
    最期は大阪で二人で・・・と思ったけど良い意味で期待を裏切る高村ワールドです。
    合田雄一郎は、ここからレディ・ジョーカー(既読)に繋がるのですね。
    照柿、臙脂色、青。象徴の色です。
    達夫が見た燃える雨。
    合田の白いスニーカーは出ないけれど色彩が鮮やかな見事な小説でした。

  • 2014/01/14
    高村薫作品3作目。
    徹底的にリアルで、登場人物の心の機微を微細に描き出す。
    とにかく、前半は暗く重苦しい印象が拭えず、やめようとも思うが、クライマックスの最後の最後に話が一気に動きだす。それまでに登場人物の心の動きをずっと見ているため、この動きだしに心が奪われ、必ず涙なしでは読み終えることができない。
    マークスの山の再読と他の作品も読んでおきたい。

  • この読後感をどうしたらいいのかわからない。
    不条理に満ちた世界をつきつけられ、そこにカタルシスはなく、その不条理さを受け止められなくて、やりきれない。
    達夫に共感出来るかといったら、同情がせいぜいだけれど、落ちていく姿には、「人間、こういうものかも知れない」と思わされる。
    合田刑事は……あなた、それやったら刑事としておしまいでしょう、という行動ばかりで、さまよう彼に、ついていけなかった。
    『マークスの山』のときの、迷いながらも突っ走る刑事の姿は何処に……

    高村さん、「隠微」っていう表現が好きなのね。
    と頻出するので思うのだけれど。
    合田刑事の元義兄、加納検事。
    結局、合田と加納と合田の元嫁であり加納の妹である三人の関係は何なの……加納と合田の間が隠微なのか、加納と双子の妹の間が隠微なのか、すっきりしない。


    画伯にこの不条理感を訴えたら、
    「レディ・ジョーカーで、少しすっきりする。雲間からのぞく光くらいだけど、それでもすっきりする」
    だそうで……読むよ!

  • なるほど。
    やはり後半で話が動き始めると心揺さぶられますね。

    最後の雨が照柿色ってのがグッときた。

    合田の少年時代が見えてきて、自分にはない達夫の才能に嫉妬していたのがよくわかった。
    達夫もうまくいかない葛藤などもリアル。

    それが照柿でうまくつながっていると思う。
    そのつながり方はひどいものだが。

    合田の続編も見ていこうと思う。

  • 変調から崩壊の体を成してくる達夫と雄一郎。

    二人が会って話したのはほんの少しだったのに、過去の繫がりからものすごく張り合い意識し合う様子が分かるような分からないような。
    濃厚に繋がっていた過去があれば、18年も経っていても関係性は急激に引き戻されて濃くなるものなのか。

    美保子に対する雄一郎の気持ちもよく分からなかった。
    一目惚れだからと言えばそうなのかもしれないけど、執着し過ぎ・・

    下巻の半分位から一気に話が動き出して、読むスピードも格段に上がりました。
    「照柿」という色の話が出てきた事の意味が最後でやっと分かる。
    黄昏時っていうのは不安定な時間帯だよなぁと思いました。
    それ以前に疲労と寝不足が変調に一番影響していると思ったけど。。

  • ほぼ工場の説明(^^;)

  • レディジョーカー(文庫)を読んで、合田中毒になり再読。2006年第1刷。前読んだ時は重暗い印象だったけど、今回読んだらかなり面白い。雄一郎いくらなんでもバカすぎって感じで思わず笑っちゃうところも。そんなところもかわいすぎる。
    無意識の内に達夫を破滅させた罪な奴。でも手紙書いたり、フォローする心遣いが泣かせます。

  • うーん、合田が女に執着する理由がどうにも腑に落ちないんだよねー。
    男と女なんてそんなモンかも知れないとは思いつつも、何だかなぁ?

    上巻の方だったかな、合田がヤクザから情報得るために博打打つシーンが作中一番官能的だったね。

  • 中盤は淡々と話が進むだけで、事件が起こらないのだが、
    後半急展開で進む。雄一郎と達夫の心の中が、うまく表現されていて、引き込まれていた。昔住んで場所が出てきて親近感が持てた。次はレディージョーカーを読もうかと思案中。

  • 終了日:2010・6・1、これは、とにかく疲れた、の一言に尽きる。いい意味で。
    リヴィエラ の時みたいな顕著な身体的反応はなかったが、変わりに茫洋とした体温の上昇に思考の縁がにじむ感じがした。
    とにかく字を追うしか頭が動かない。
    最後は、予想してたより何倍も白く静かな、寂漠感だった。

    話の行方と同時に、森君が気になってしかたなかった。
    うわーん森君いっちゃヤダー!と結構真面目に悩んだ。
    てか七係、印象薄かった今回。
    マークス の時のあの感じが好きだった…
    まあ、照柿はそれに負けないくらい、別の意味で没頭したけど。

  • 大好きなラストシーンが単行本版と変わってる~!
    手ホンビキのところももっと長かった記憶があるんだけどな。
    それはちょっと残念だったけど改定で削った部分が多いせいか
    後半の疾走感が増している気がする。
    緻密で重厚で官能的なのは変わらないけど
    こちらの方が高村作品を読み慣れない人でも抵抗ないかもしれない。
    改定と言うよりもシェイプアップされた感じ。

    高村薫の作品は登場人物が多くて、それぞれが苦悩してて
    緻密な描写が続いて濃厚で、長大な物語で…ってこれってロシア文学じゃんっ!
    とか思っていたら解説に書かれてましたね。
    まさに現代版ドストエフスキー。

    それにしてもだ。
    高村女史の作品はその取材力でも評価されているけれど
    手ホンビキなんかどーやって取材したんですかーっ!?

  • 今の時期に読むと丁度いいかも。最初はやはり綿密すぎる描写がしんどく感じるところもあるけど、それがバネになって、後半一気読み。皆病んでて皆どうしようもない。

  • 上巻からは想像もつかない展開になるが、なぜこんな風に考えるのだろう?と思いを巡らせても自分には理解できない世界観であった。
    なぜ?という思いが最後まで払拭されなかった。

  • 20年以上も昔にかけた呪いがまさか継続していたなんて誰にも想像できない。その呪縛をかけた本人でさえも。まさに、全てのタイミングが悪かったとしか言えない事件だった。野田達夫を救うことができたのは、一体誰だったのだろう。

  • 昔、赤ちゃんの思っていることが吹き出しで出るというコメディ映画があったと思うのだけど、この小説の登場人物にそれを当てはめるとすごくホラー。また相対して話している人、袖擦り合う人の誰のことも考えず、自分の心情ばかりを追い求める主人公2人も、読んでいて陰鬱になるばかりである。照柿というより爛熟過ぎて腐った柿。
    タイトルをはじめ、炉、工場、絵など色の使い方はすごく上手いと思うが、表を取り繕う標準語、本性をむき出す関西弁というのはいただけない。
    こんな作品を書く作者は実はすごく陽性な人だったりするのかと思う。釣りこまれて自身の暗部を増大させる読者が居たら気の毒・・・。

  • 気長にいくとか思っていたのに憑かれたように読んでしまいました・・。
    誰もかれもが言っているけれど高村薫にはドストエフスキーに通じるものを感じます。
    じりじり進んだ先で訪れるべくして訪れる破滅!
    その鮮やかさといったら!
    最後の章はほぼずっと泣きそうになりながら読んでました。
    はやく終われ、なにもかも安らかになれ、と念じたくなるこの感じ。
    すばらしかったです。
    マークスの山も読みます。

  • 濃厚。
    もう非常に濃厚。

    暗いよ。
    面白いけど気分は重くなる。
    濃厚で重厚です。

全81件中 1 - 25件を表示

照柿(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする