文庫版 今昔続百鬼 雲 〈多々良先生行状記〉 (講談社文庫)

  • 1408人登録
  • 3.59評価
    • (94)
    • (174)
    • (256)
    • (21)
    • (8)
  • 107レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 講談社 (2006年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (770ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062754200

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

文庫版 今昔続百鬼 雲 〈多々良先生行状記〉 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ひっさしぶりに、面白かった!京極夏彦の百鬼夜行シリーズは第一作「姑獲鳥の夏」に始まって、「女郎蜘蛛の理」までの五大長編で実質的に終わりなのかと思っていたけど。まさかあの地味なサブキャラ、多々良勝五郎先生をフィーチャーして、これほど密度のある妖怪風土ミステリーの作品集を編み上げることができるとは。
    シリーズの第6長編「塗仏の宴」を読んで失望した人にこそ、この短編集は躊躇なくお薦めできます。いやむしろここにこそ、本来の京極夏彦の筆致があるといっていいと思う。いたずらに怖くない、しかし怖い。あらゆる局面に地域性や風土性の裏打ちがあって、じっとりと纏わり付き、迫ってくる。地に足の付いた、本物のミステリーホラー小説、なのです。

  • 多々良よりも沼上にイライラさせられた。
    自分と同レベルの妖怪バカがいてくれるからこそ旅ができるんだから多々良の性格が酷いくらい多めに見なさいよ、と。彼だって富美さんからの扱われ方から考えるに多々良さえいなきゃラクに旅ができるというほどのしっかり者ではないみたいだし。
    そもそも妖怪関連の本を貪り読んで妖怪欲?を発散させるという選択肢だってあるのに、多々良の旅を選んでいるのは彼自身だよね?
    多々良の性格が常人離れしてるから沼上が苦労人に見えるだけ。彼の苦労は突き詰めれば自己責任。雪絵みたいなもん。(女から離縁を切り出すのは難しかった時代とはいえ、夫が精神病患者であれば縁を切ることができるハズ。なのにしないってことは自分の意思でやってるってこと)

    それにしてもレギュラー女性登場人物がまた美少女でガッカリ。1人くらい醜女のメインキャラがいてもいいと思うんだけどなー。男キャラは美形なんてほとんどいないのに。

  • やだ。こんな我が儘にして偏屈なお調子者で、デブで器量も悪いセンセイと付き合いたくないし、ましてや一緒に旅行なんてゴメンだ。でもおもしろい。元来建築が専門で理工系に造詣深いのに、妖怪狂いの民族学者である多々良センセイ。そんな彼を疎ましいとぼやきながら、フィールドワークと称する行き当たりばったりの貧困旅行に付き添う沼上君。二人はセンセイのお宝本・鳥山石燕の『畫圖百鬼夜行』に登場する妖怪が現出したかと思わせる事件に重ねて遭遇する。そして、センセイの博学なれどピント外れでトンチンカンな推理が始まる。推理というより無責任な思いつきを口にしているんだけなんだけど、あたかも道理が通ったかのような偶然的解決を見てしまう。これが愉快。もっとも、京極堂との出会いとなった事件の妖怪「古庫裏婆」は本物だった。京極堂にしては淡白な救済劇だったけど、ここじゃ彼でさえワキ役だからね。

  •  頑固+頑固で読むのが少ししんどかった。主観によってキャラクターの見え方が違うのは楽しいんだけど、この調子で続刊出たら読めるかなぁ……という感じ。もうすこし静かな目線からふたりを見てみたいなあと思った。

  • (2015/05/30読了)

    自称妖怪研究家の多々良勝五郎とその助手?との名コンビ二人による冒険譚、というか珍道中物語。センセイのぶっ飛び具合は榎木津に負けず劣らずいい勝負。語り手の沼上のツッコミや指摘がイチイチ面白い。本書の内容がミステリーとして面白いのは勿論、マイナーな妖怪をしっかり研究し、かつ本書ストーリーと合わせて解読しているところは本当に凄い。

  • ひさしぶりにこのシリーズを読んだ。とはいっても、主人公は副題にもあるとおり「センセイ」こと多々良勝五郎と、「俺」こと沼上蓮次であり、おなじみのあのキャラクターたちは登場しない……と思いきや、最後の最後であの人が登場。うれしかったことはいうまでもない。ただ、いつものキャラクターに頼らなくても、今回の主人公2人も負けず劣らず個性的で、今後のシリーズ本篇にも登場してほしいと思う。もちろん、本作はキャラクター小説ではなくいちおう推理小説なので、筋書もハッキリしている。やたら衒学的な部分などもすこしも変わっていないが、妖怪智識と事件がうまくリンクさせてあるあたりはさすがにおもしろく読ませる。最初はこのシリーズの短篇集は省こうかと思っていたが、読んでよかった。さて、シリーズの次作はいよいよ『陰摩羅鬼の瑕』である。そうはいっても、やはり長篇を読めるのはうれしい。すぐに次作を読むことはないだろうが、本作の主人公たちがふたたび登場するのかどうかも含めて、次作を楽しみにしたいと思う。

  • 京極堂メインとも、榎木津メインともまた違った雰囲気。語り口が軽快で読みやすい。

  • やはり最後の古庫裏婆が一番読み応えありましたね。
    なんといってもあの人が出てきますし(*´艸`*)

    他のお話も面白かったんですが、やっぱりあの人には敵わない。

  • このシリーズで「俺は~。俺が~」は初じゃないでしょうか?初対面の何か知らん人に「俺」って言われるのは嫌いです。なので沼上は嫌い。それに愚痴ばっかり言うし。 多々良先生のイメージは『塗仏の宴』の時と比べて何か違う気がしました。目的地まで直線距離で行くって男塾出身者か!? どこにでも駆けつけてくれる富美ちゃんはカワイイので好き。 京極堂が登場する『古庫裏婆』が好き。その他の事件は同じ様な解決の仕方なので飽きます。でも、そこがこの作品の売りやと思うので否定はしません。

  • 多々良センセイのお話し

    そう言えば、ウブメのときに里村さんが出羽で木乃伊をどうこうと言ってたなぁ
    あんなときからこんな設定を考えてたのか?

    つまりは全て京極堂シリーズ以前のお話

    妖怪の解釈はこじつけというか、無理があるというかだけど、「どすこい」を読んでいるような感覚に似ていて面白い

  • 多々良先生の本編とのギャップにびっくりしました。あれ…こんなにぶっ飛んだ人だったかな…と。本編とはまた違った雰囲気で笑い要素が多くて好きです

  • 百鬼夜行シリーズのスピンオフで、多々良先生が主人公。いいキャラなのだが、先生には苛々させられる。百鬼夜行本編と違い、気軽に読める。

  • 可もなく不可もなく。が、旅をするセンセイと「ぬ」の道行が、友人と私の旅の仕方にあまりにも似ていて、「あるある」と笑いながら読んだ。「行きたいなあ」と言ってると「行くでしょ」という既成事実を先に作っちゃうんだなあこれが・・・

  • ラストの京極堂がにくいね。読ませる。

  • 多々良氏が主役の話。

    キャラは良いんだけど、なんか面白くない。途中挫折。

  • まさかの多々良先生の短編でした!
    榎さんとはまた違った感じのはっちゃけ具合で面白かったです。

    いろんなところに旅行に行ってたんですねえ。

  • 面白いっちゃあ面白いけど…多々良くんにイライラして進みません。

    物語はシンプルで分かり易く、さくさくと進んで楽しめるけれど、とにかく多々良くんがムカつくので読む気力が減る。

    そんな人多いんじゃないでしょうか

  • 読んでいるとだんだん沼上君目線になってしまってセンセイのことが若干ながら鬱陶しく思ったり思わなかったり。
    ですが、やはり息巻いて行動をおこそうとするときに転んだりするセンセイに可愛さを感じてしまいます。
    妖怪談義にはふむふむなるほどーとひたすら感心しきりでした。
    最後の話にはあの古本屋が登場!だったので最後の話が一番安心して読めました。
    また多々良センセイと沼上君が活躍する作品待ってます。

  • 本編でも時々出てきてた多々良先生のお話です。

    ガッツリ妖怪と絡んだ感じの事件だったので
    久々に京極らしくて面白かったです♪
    京極はほとんど出て来ないケド(´ω`)

    多々良先生、読んでてもイラッとするくらい
    良いキャラしてて好きだなぁww

    このコンビはゼヒ続編も出してほしい!!

  • ドSのあのアイツから比べれば
    ちょっと存在感は落ちてしまうかも。
    だけれど面白いのは変わりありません。
    しかしふりまわされるあの方は…
    最後の作品でかわいそうなことに「痔」に
    なられてしまいます。
    チーン…

    面白いのはある特別ゲストが
    ちゃっかり出てきている
    「古庫裏婆」でしょう。
    パターンもかなり複雑で
    ぞっとするものとなっています。
    特別ゲストはって?

    本編を読んでれば
    名前が出てきた時点で
    おおっ!と思うはずです。
    もうおわかりですね。

    ちょっといらいらさせられる可能性があるので
    そこのところ要注意。

  • 在野の妖怪研究家・多々良勝五郎センセイが
    伝説求めて行く先々で巻き込まれる不思議な事件の数々。

    老人は河童に噛み殺されたのか――「岸涯小僧」。
    物忌みの最中に死んだ男は誰に殺されたのか――「泥田坊」。
    絶対に負けない賭博師の謎――「手の目」。
    即身仏にまつわる恐怖体験――「古庫裏婆」。

    四六時中妖怪のことしか考えておらず、
    人の迷惑など一切顧みない多々良センセイと、
    そのセンセイにいつも振り回されている
    「俺」こと沼上蓮次が怪事件に巻き込まれて、
    毎回毎回まぐれながらも事件を「解決」するというお話。

    鳥山石燕が描いた妖怪画の絵解きも毎回行われる。

    とにかく自分勝手なのにどこか憎めないセンセイと、
    そんな自己中心的なセンセイにいつも憤っている
    語り部の「俺」の珍道中が微笑ましい。

    京極夏彦の描くキャラクターは、
    どれも個性的で魅力的なので、
    スピンオフ企画でも充分すぎるほど楽しい。

    分厚いのに分厚さを感じさせない流れの良さなど、
    やはり京極夏彦はいつ読んでも面白い。

  • 最後のミイラ話がよかった。
    京極堂登場。やっぱり京極堂がいたほうが話がしまる。

  • 塗仏の宴に登場する多々良センセイが主人公の京極道シリーズ番外編。
    塗仏を読む前にこちらを先に読んでしまいました。
    多々良センセイ、沼上君コンビが非常に面白いです。内容も難しすぎないのでサクサク読めます。
    次は塗仏を読み始めます…先は長いですね…

  • 京極堂シリーズの登場人物、多々良先生の冒険譚。キャラが立ってておもしろい。気楽に読める。

  • 京極堂シリーズ番外編で,多々良先生が主役のゆる妖怪モノ。
    Dr伊○部っぽいキャラがイイ味出している。

全107件中 1 - 25件を表示

文庫版 今昔続百鬼 雲 〈多々良先生行状記〉 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

文庫版 今昔続百鬼 雲 〈多々良先生行状記〉 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文庫版 今昔続百鬼 雲 〈多々良先生行状記〉 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文庫版 今昔続百鬼 雲 〈多々良先生行状記〉 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文庫版 今昔続百鬼 雲 〈多々良先生行状記〉 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

文庫版 今昔続百鬼 雲 〈多々良先生行状記〉 (講談社文庫)のKindle版

文庫版 今昔続百鬼 雲 〈多々良先生行状記〉 (講談社文庫)の新書

ツイートする