理系白書 この国を静かに支える人たち (講談社文庫)

  • 381人登録
  • 3.37評価
    • (16)
    • (44)
    • (98)
    • (8)
    • (3)
  • 55レビュー
制作 : 毎日新聞社科学環境部 
  • 講談社 (2006年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062754354

理系白書 この国を静かに支える人たち (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 理系ってこんなに報われていないのか。少し古い話ではあるけど、読んでてとても悲しい気持ちになった。就職のこの時期に読むのは少しアレです。

  • 毎日新聞連載の書籍化。如何に日本で理系が雑に扱われているかというのが、これでもかというくらい例示されてます。
    個人的には高等教育無償化は理系限定でよろしいかと。

  • この本は2002年から2003年にかけて毎日新聞に連載された記事がモトになっています。理系人間に対する社会の扱いが今と昔と違うのか?比べながら読んでみるのもおもしろいかも。
    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50071486&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 随縁真如の智、不変真如の理

  • 2006年発行の本書。現在の状況とは全く異なる印象を受けた。
    海外のエンジニアが恵まれていて国内はそうではない。これは本当だろうか。国内メーカーでは分業が進められ個人の力量による発明、成果が少ない事が要因ではないかと思う。
    研究者についての話は大学で研究していた人間にはそこそこ読めるが文系の人間にこの雰囲気が伝わるだろうか。著者の個人的趣向だろうがあまり面白みは感じなかった。

  • 日本という国が、文系の王国であることを初めて知った本。いかに、理系出身者が、この国で報われていないのか、その実態を綴ることから始まっている。あまりに報われないため、多くの優秀な人材が海外に流出してしまっている。日本社会全体を覆う「文理格差」。この本の最終章では、文理融合が模索され、その実現が、日本の再生の鍵になるだろう。と、結ばれている。

  • 日本の高度経済成長を支えながらも、文系優位の社会で、その存在がかすみがちな「理系」。深刻な科学離れが叫ばれるいま、その地位、報酬、研究、カルチャー、教育、結婚など、理系のすべてを初めて浮き彫りにした渾身のレポート。果たして、理系は報われているか?〈第1回科学ジャーナリスト大賞受賞〉

    研究室お先輩が置いていった本。理系は報われないとはよく聞く話。とくに理系女子は大変。高校一年の秋ぐらいにこういう本を読んでいればな……と思った。それでもまず間違いなく理系に進んだけれども。この本が出てから10年ほどたったけれども、多少改善されたとはいえ、なんやかんや日本は今でも技術者に対する扱いはまだ悪いと思う。

  • 【推薦文】
    とりあえず理系来ちゃった
    文系は楽そうでいいなー
    文系就職しようかなー
    研究者ってなれるもんなの
    研究室が家です
    研究楽しいけど、将来不安です

    そんなあなたの未来を一緒に考えてくれる1冊
    (推薦者:生命工学科 B3)

    【配架場所】
    すずかけ台:2F-ペリパトス文庫 402.1/M

  • 理系白書第一巻、実に多岐にわたって、理系という存在が日本でどういう立ち位置にあるのかを描いています。
    理系を理解しない従来の社会への批判もある一方、理系の社会も狭い世界を作ってきた事実、なにより教育制度への批判が示唆されています。

    社会全体の問題にまで話を広げていると感じました、文系の方でも読んでみる価値はあります!

全55件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

理系白書 この国を静かに支える人たち (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

理系白書 この国を静かに支える人たち (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

理系白書 この国を静かに支える人たち (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

理系白書 この国を静かに支える人たち (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする