文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)

  • 2900人登録
  • 3.60評価
    • (253)
    • (335)
    • (614)
    • (53)
    • (12)
  • 237レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 講談社 (2006年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062754996

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 『絡新婦の理』まではいくつかの並行する事件がやがて絡み合うという性質上、その長さ・分厚さにも必然性か感じられたが、どうも本書はいたずらに厚いというだけな気がする。
    無駄な語りが多いわりにたいした事件も起きず、存在や死に対するいくらか哲学的な対話はあまりに露骨に結末を暗示している。
    『魍魎の匣』を読んだときの衝撃をもう一度味わいたいなぁ、などと思う。

  • 独特な世界観に引き込まれます。

  • シリーズの中で1番好き!たぶん一番知識がいらんのだろう(笑)
    初めて読んだときは気にならなかった伯爵の言葉の不自然さは、前半から実は随所にちりばめられてたのね。
    しかし今作は榎さんの活躍があんまないのが唯一ちょっと不満。
    そして関口の語りはなんて感情移入しやすいんだろう…しやすいというか、してしまう。鬱仲間だから…。

  • 京極堂シリーズの中では一番先の展開が読めてしまったので辛口評価。「鳥の館」と呼ばれる白樺湖の湖辺に佇む巨大な屋敷。主人である伯爵の元に嫁いだ花嫁達のいずれもが、新婚初夜の明ける頃には何者かに殺されていた。5人目となる花嫁の婚礼が迫る中、謎の解決のため屋敷に招待されたのはあの榎木津礼次郎と関口巽。果たして犯人はだれなのか。そして黒鳥の妖、陰摩羅鬼の祟りは解けるのか。冗長な部分を削れば半分くらいの長さに出来たのではないか。でも募るものはあったのか、最後は少し泣けた。

  • 犯人はなんとなくすぐにわかったが、動機がわからなかった。
    関口の鬱々した思考や伯爵の頭の中がキモい。でも彼の思っていることの中には自分でも思い当たる部分や同意できる部分もあってそれがまたなおさら嫌だった。
    雪絵さんはどうしてこんなエンガチョ盲導猿と結婚したんだろう?共依存?マゾ?それとも若い頃赤線にでもいて結婚相手を選べなかったんだろうか。
    サングラスかけてメイドを両脇に侍らせる榎木津デストロイヤーは是非コミックス版で見てみたい。
    由良公爵だけでなくその婚約者である奥貫薫子にもかなりの異常性を感じる。彼女が伯爵を褒めたたえるセリフを読んでいると、2人の結婚は身分と偏見を超えた美談のように感じるが、よくよく考えてみると50年以上屋敷から出たことがない男と結婚するなんて狂ってるよな。子供の頃からの知り合いとかならまだしもさ。
    狂人を理解できるのは大概狂人である。よって薫子も狂人、というか相当の変わり者だと思われる。小学校の教員だったとはいえあの時代の田舎で聡明で清楚で美人な彼女が24歳(昭和20年代の田舎ではもうオバさん)まで独身だったというのも周りから変わり者だと思われてたからなのかもね。校長夫妻や幼馴染の女性は良い子だ良い子だって褒めてたけど。

  •  伯爵の目から見た関口君がとても素敵な人に感じられたのが印象的というか、好きだとか好感だとかいう言葉をまあ偶には使うけどそれほど頻出させないでここまで「好意的な解釈」を表現、実践出来るのかと感心した。読んでてこちらが照れてしまう。書斎の対話がとても好き。

     面白くない事態になって、あいつらがちゃんと依頼すればちゃんと出来たんだって拗ねる榎さんが、見ていてとても可哀想に感じた。目も見えないし、分かることは多いけど何をしたらいいのか分からないし、振る舞いはいつも通りでも大変だったんだろうなあと思う。

     関口君がずっと言葉に出来なかったことを、みんなの前で言葉にさせてあげた京極堂の優しいとこ好き。

  • 死とはそれを認識できる生者の精神世界であって「人は生と重ね合わせることでしか死を認識できない。死後の世界は生きる者の中にしかないし、それは即ち生きること、生きたことに対する敬意」時間と経費を大いに費やし、多くの他人をも巻き込んで催す葬儀とて、死者のためと思い疑わぬものの、実際には生者が自らのためにするもので「人は、亡き人の生に対し篤き敬意を払うことで自らの生の尊厳を保証する」儒仏混合ともいうべきか、魂が依り付く位牌と、魄すなわち肉体が寄り付く墓の二つを別に祀る日本の簡易複葬の成り立ちなど、死生観を学ぶ。しかし、我が敬愛する榎木津よ、いくら体調が芳しくないとはいえ何たる体たらく。自分への依頼が明確でないとばかりに、存在価値を示さぬとは。京極堂曰く「この世には不思議なことなど何もないのです」否、君だけは不思議の権化でなくてはならん。

  • ミステリとしての意外性や衝撃はいつもよりかなり少ないかな。
    読者も読んでる最中に気付ける部分が多いと思います。
    でも京極堂の講義が自分の興味があるところどんぴしゃだったのと、関口が前回よりは行動的で元気になったかな…?という点がシリーズファンとして嬉しくて大満足です。

  • 大好きなシリーズであるが、さすがにネタ切れを心配させるほど、今回はクオリティが落ちていた。『このミス』でもやはり評価はさほど高くないようである。もちろん、中禅寺秋彦や榎木津礼二郎など、お馴染のキャラクターが登場し、いつもどおり「憑物落とし」のシーンなどもあるため、そういった点で楽しさはあった。しかし、肝腎のミステリイとしての要素がどうにもいただけない。真犯人をあのような「特殊」な人物に設定してしまえば、それこそ「警察相手にウソを吐いてはいけないと知らなかった」とか「じつは日本語がよく理解できなかったので適当に頷いておいた」とか、そういった真相でも許されてしまう。そもそも、真犯人が容疑者から外されていた根拠じたい、「とうていウソを吐いているようには見えない」という、感情論に基くひじょうに薄弱なモノで、論理性の欠片もない。そんな貧弱なロジックが破られたところで、なんの驚きもなかった。それ以外の周りを固める小さなナゾにかんしても、由良公滋が覗き行為をしていたことは簡単に推測できるし、由良昂允がじつは屍姦しているのではないか――コレは真相とは異なるけど、まったく的外れでもない――のようなことも、想像の範囲内である。わざわざありえない世界観を築き上げた挙句、わりと妥当な線でまとめて来るのであるから、さすがにコレでは高く評価できないであろう。それでいて、いつもどおりの作品の長さ。このシリーズにかんしては、ペダンティックな部分も含めて評価すべきであろうから、たんに長いことだけを取り上げてことさら批判するつもりもないけれど、それにしてもやはりこの長さでこの結末では納得がゆくものではない。せっかくココまで辿り着いたので、今後もシリーズは読みつづけるとは思うが、それだけに余計にこの内容は残念に感じる。

  • 2015年9月20日読了。
    2015年142冊目。

  • 陰摩羅鬼。
    おんもらき、で変換出てびっくり!(笑)
    難しいよー!読み仮名。(笑)

    相変わらず、面白かった。
    いっきに読みました。
    中盤の榎木津や、木場のかけあいが面白い。

  • 塗仏と同じでわるくは無い。
    でも、百鬼夜行シリーズの中では微妙。
    このシリーズ自体ミステリーではないので、犯人が誰かとか、トリックは何だとかいう時点で論点はズレるってことになるけど、これは分かり易すぎる。
    最初の自分の予想が覆らなかったのが残念だった。

    それでも、本としては十分面白い。

  • 長すぎて遅すぎて無理でした。

  • 長いみすてりー小説。

    以下は読み返して作った整理のためのメモ。登場人物と名詞が多いので。
    【目次兼メモ】 [章--頁数--視点-]
    プロローグ 0012頁  関口
    01章 0036頁  康允
    02章 0096頁  関口
    03章 0218頁  伊庭
    ・0326 『獨弔(どくてう)』
    04章 0338頁  関口
    05章 0422頁  伊庭
    06章 0540頁  関口
    07章 0628頁  康允
    08章 0688頁  関口
    09章 0808頁  伊庭
    10章 0940頁  関口
    11章 0992頁  康允
    12章 1022頁  関口
    13章 1188頁  伊庭

  • 本屋大賞、2004年度9位。珍しく、このミスベスト10には入ってないだけあって、途中で大体、結末が見えてくるし、探偵の榎木津もなんだか邪魔な感じ。ミステリー的にはいまいち。いつものうんちくをベースとした、難解なやりとりも、あんまり興味持てない。関口が真相を認識するあたりで、議論についていけてれば楽しいかとも思うけど自分には無理。いつもながら製本技術には感心するほど、分厚くって電車で読むのとかも苦労するけど、ブクログとか見ると上下分冊版より分厚いやつの方が人気あるのね。確かにミステリーだと、何度か、途中で振り返りたいときがあるので1冊の方ば便利とも言えましょう。

  • まあ榎さんと関さんが2人で旅してるだけで最高だから……

  • 儒教と仏教と死生観が至る所で論じられている。
    色々と目からうろこ。
    実は読むのは2回目だけども、ただ驚かされた1回目とは違う視点でじっくり読めて面白かった。

  • 長すぎる。挫折した。。
    やはり持ち歩けないのが痛すぎる。
    そして、話の展開が遅すぎる。

  • シリーズにしては珍しく先が読めてしまったことが印象的。
    比較的わかりやすく、するするっと読める作品だとおもう。
    おもしろいです。

  • 時間と、命。
    生きることと、生きて居ることと、なくなること。

    白樺湖畔に佇む「鳥の城」では、主が婚礼をした翌日に必ず花嫁が殺される。23年前、19年前、15年前、8年前――。そして今日、5回めの婚礼が行われる。花嫁を守るために呼ばれた榎木津と関口を巻き込んで……。

    榎木津さんが体調不良で目が見えなかったり、関口くんがどんどん悪化していたりする感じの第八弾。前回死にかけてた関口くんが心配で読み始めたのに、やっぱり関口くんの独白は陰鬱すぎて、読んでるとこっちまでどんどん陰鬱になっていく‥。鬱だ。でも、今回は花嫁のために奔走したり、榎木津を叱ったりと精一杯頑張ってて良かったよ。

    いつもの面子ももちろん好きだったのですが、退職警官の伊庭さんがとてもかっこよかったです。

    今回は、かなり早い段階から、事件の全容が見えてしまったので、謎解きのビックリは弱め。その分、「こんなに悲しい結末をどう決着つけるのか」が重点だったように思う。

    儒者・儒教の考え方は丸山天寿の琅邪シリーズを思い出したので比較的さっくり読めた。

  • 犯人も動機も結構早い段階でわかってしまうお話でしたね。
    そこに至るまでの過程も過去作と比較するとあまり盛り上がりがなかったような気がします。
    中盤の蘊蓄と獨弔が好きです。

  • 珍しく、あんまり難しくなく読めました。

  •  読み始めた時は、絶対に伯爵が犯人じゃなく、何か複雑でややこしいトリックとかあるんだろう、と思っていた。何故かそういう気にさせられてしまう小説だった。この世に不思議なことがなくて、怪奇現象なんてものがないとするなら、真相はひどく簡単なはずなのに、そんなことはない、という固定観念のもとに読むからそういうことになるんだろうな。
     死の概念とか葬送儀礼に昔から興味があったので、それ系の話がふんだんに出てくるこの小説は相当に楽しめた。まさか横溝さん出てくるとは思わなかった!!
     塗仏の宴に比べて読み進めるスピードが早かったのは、塗仏の宴に比べて登場人物が少なくて、舞台も狭かったからだろうと思う。私は人が多すぎる小説は苦手らしい。

  • 皆様のレビューにあるように、犯人は非常にわかりやすい。
    だからこそ、京極堂がいかにして犯人の瑕を癒すのか、果たして癒せるのかに注目して読むことがでした。
    ラストにかけて家族を失っていく伯爵の様子がいたたまれなかった。

全237件中 1 - 25件を表示

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)に関連するまとめ

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする