金糸雀が啼く夜<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫)

  • 599人登録
  • 3.62評価
    • (61)
    • (47)
    • (158)
    • (2)
    • (0)
  • 55レビュー
著者 : 高里椎奈
  • 講談社 (2006年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062755122

金糸雀が啼く夜<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この巻はリベザルと秋くんのやり取りをしている印象がほとんどない。秋くんがほとんど出てこないんだから当然っちゃ当然。カイさん(漢字が出てこない)とイエンリィ(同)の2人組は、萌えですよネ(またかよ)。

    カイさんに欲しいものはないかと問われたとき、師匠が貸してくれた白い帽子を失くしちゃったから白い帽子が欲しい、とリべくんが言ったところがとってもかわいい! 確かに、冒頭部分で秋くんはリベザルに白い帽子を貸してあげてましたよ。買ってもらった白い帽子を嬉しそうに被ったり脱いだりする姿もキュートでしたv

    あと、ビスケットとプラムが美味しそうな印象が強く残っている。卵とビスケットという表記で、なぜかすごく食べたくなってくるんですよ……!

  • 今までの作品の中で結構好きな部類に入るストーリーだった。
    今まではずっと秋とかリベザルがメインの話が多かったけど、今回は麻木さんがメインっぽくて、そこがポイント高かった。

    事件もそこまで残酷ではないかなと思ったし、何より秋と対立してしまったらどうなってしまうんだろうっていうワクワク感が楽しめた。

  • 座木ファンにはたまらん巻でしたね…!今までとは違う雰囲気の物語でした。読後感もさわやかで好きです。新キャラ二人がまた個性的で楽しいです。再登場はいつなんだろう…。

  • さくさく読めたけど、長生きしてる(笑)だけあって時間軸がわかりづらいかも…

  • 座木の出番が多く、ラストの警察組と薬屋組に和みました。特にリベザル。
    今回はやたらと「癖」が出ることが多かった気がします。高遠親子だけじゃなく、リオンはカイなのか?、と思わせる描写もあったり。そんなふうにによによしながら楽しめました。

    胭李の昔話もかわいかったけれど、切ない。

  • シリーズ4作目。 ファンタジー色の強いミステリー。 登場人物の会話が好き。 今回は少しせつない話。 

  • 借り物。
    カイはぱっと見は好み。

  • 今回のも面白かった。座木寄りかな。そして、公判で明かされるエピソードが切ない…。アニメっぽい表紙だけど普通のミステリです。

  • 薬屋探偵シリーズ第4弾。

    カイの犯罪計画に巻き込まれ、展覧会からサファイアを盗み出すことになった座木とリベザル。一方秋は盗難警備の依頼を受けており、敵対することになってしまう。更に殺人事件が起こり、事態はますます複雑に。

    終わってみれば全てあの人の手の平の上。やっぱり誰も敵わないのか……。座木は複雑でしょうね。この話はサファイアがメイン、殺人事件がおまけのような位置付けになっています。座木の過去も語られていて、ミステリというよりは『薬屋達の物語』といったほうがいいかもしれません。
    殺人事件は座木、高遠、葉山が地道に捜査して解決しました。葉山の夢も明らかに。葉山だって悩むことはあります。言動がアレなせいで理解されにくいけど(笑)ちょりっすって……。
    今回は秋とリベザルの絡みが少なかったのでちょっと寂しかったです。ラストの秋に悪戯されて原型でぴょんぴょんはねるリベザルが可愛い。

全55件中 1 - 10件を表示

高里椎奈の作品

金糸雀が啼く夜<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金糸雀が啼く夜<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

金糸雀が啼く夜<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫)のKindle版

ツイートする