アフターダーク (講談社文庫)

  • 11708人登録
  • 3.15評価
    • (377)
    • (948)
    • (2695)
    • (623)
    • (180)
  • 1034レビュー
著者 : 村上春樹
  • 講談社 (2006年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062755191

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

アフターダーク (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 真夜中に視点をあてて描かれているところが面白かった。
    全体に暗い印象だけど、マリがコオロギや高橋と出会い、会話を交わすうちに、物語に光が射してくる。次第に夜が明けてゆく。
    そしてまた次の夜がやってくる。
    深海を彷徨っているような感じの、不思議な小説。

  • 相変わらず、村上春樹さんの小説は、よくわからない世界観なのに読みやすい。どんどん読んでしまう―。不思議だ。

    私は夜が怖い。
    とっても楽しい1日を過ごしても、ハワイのような楽園にいても、家族みんなが1つ屋根の下にいても、夜が来て1人で寝るときは怖くなる。
    この小説を読むときは、そういった夜の怖さを即座に思い出した。
    それぐらい夜の静けさ、孤独、怖さがリアルに描写されている―。
    そして、朝が来る頃にはそんな影は全くなくなってしまうところまで。

    私にとって、この小説の内容はどうでもよかった。
    ただ、闇が訪れる時間帯の空気感が伝わってくる。それがやたらリアルで、感動した。

  • 23:56から6:52までの話。

    昏々と眠り続ける姉と、一晩中目覚め続ける妹。
    そして彼女たちに関わる人々と、世界を見渡す「私たち」という視点。
    語り手と登場人物の構造が、とても面白い。

    妹が一晩を過ごす間、彼女は夜を生きる人たちと接触する。そして見出した小さな手がかりを元に、ラストシーンへと夜は明けてゆく。

    この姉妹と関わりのあるトロンボーンの男「高橋」は、バンドを辞めて司法試験を受けることを妹に告げる。
    そこで挿入される、死刑という巨大な司法の力について考えさせられた。

    我々は社会に存在する限り、安心と引き換えに束縛を受け入れなければならない。
    受け入れるとは積極的受容ではなく、生まれた瞬間からそう約束されているようなものだ。
    そして一旦システムに違反してしまったならば、私たちは次の生を受けるまで「逃げ」続けなければならない。
    見えない力に捕まった瞬間、生きることは意志と関係なく奪われてしまう。

    逃げなくてはならなかったコオロギと、逃げたいと望んだ姉と、逃げることを許されていない白川。
    この三者の在り方と司法に例えられる「目に見えない力」の働きが、まだ上手く掴みきれないけれど、イイ。

    姉妹を取り巻くコンプレックスと自立のテーマなど、読み返せばどんどんと魅力が溢れてくるであろう一冊。
    それから映画「いちばんきれいな水」との関わりも本当は述べたい(が長いので省略)。

    眠れない夜にもう一度味わいたい一冊。再読前提。

    20130808再読。

    やっぱり、この作品が好き。
    初読の時より、マリが幼く感じた。

    村上春樹に触れるようになってからも、私の中でこの作品は特別な意味を持っている。

    女性が主人公だからだろうか?
    彼女が他の人々を、独特の引力でもって惹きつけていく流れはとても好きだ。

    そうして、夜明けと共に自分の中にある何かも浄化されてゆく、そんな予感に満ちている終わり方も好きだ。

  • 何がおもしろいだとかそういうことではなく、すごく共感した。そしてその共感がわたしの感覚と共鳴して、ただただのめり込んだ。
    村上春樹の世界観が理解できる、共感する、といった人にはものすごく共感できておもしろいし、理解できない人には結局何なのかわからない作品だと思う。

  • 深夜のファミレスで一人、コーヒーを飲みながら、時間をつぶすのが割と好きだ。
    本読んだり、アイデア練ったり。
    多くの人々が寝静まった後、少ない人たちだけで引き受けた夜。小さな優越感に浸りながら、そんな貴重なひとときを味わうのだ。

    この物語も深夜のファミレスから始まる。
    都会の闇とファミレス店内の人工的な明るさ。
    近くにありたいと思う心と対照的に、遠く離れてしまった気持ち。
    心を求める登場人物たちの切実な願いが胸を打つ。

    クライマックスは夜明け。
    何故か、少し前にコーヒーのCMで使われていた谷川俊太郎の「朝のリレー」を思い出した。
    漆黒の闇に現れる一筋の光。
    とてもクリアな気持ち。
    心が洗われる。

    新しい一日は、誰にも平等に訪れるんだよね?

  • 最初に発売したころは、何が面白いのだか全く解らなかった作品。表紙、帯に惹かれたけど、結局図書室読みしました(当時高校生だったので)。


    しかしあの意味のわからなさがなんとなくクセになってる気がして、気になって気になって仕方がなかったので買いました。

    何気なく読み返したら、ものすごく気に入ってしまった。何が面白いのか今でもわからん。でも大好き。個人的に都会的な夜の細かい描写が、好きなんだと思いますけど。それにしてもなんだろう…何が面白いのだろう。登場人物の名言がやたら多い作品だと思う。コオロギといいタカハシといい。



    これが最初に読んだ村上春樹だったら、間違いないなく「インテリっぽいひとが書いた典型的なインテリ小説で意味がわからないし気に入らない」ってなってたろうなぁ、と。
    だっていちいち言い回しが難しい。
    色々とトリッキーな書き方をしているけれどわたしには全く解らなかった(ジョージ・オーウェン的チキンとか。なにそれ)。



    ストーリーの意味不明さは、メタファーだと作者は仰ってるらしいので気にしたことあまりなかったんですが、いつにもましてよく解らない。個人的には気に入ってる解釈もあるのだけれど、それもメタファーってことで。

  • 個人的に、夜を過ごすのはあまり好きじゃないけど、夜を考えるのは好きです。





    淡々と夜から朝に更けゆく時の流れを綴ったこの物語は、そんな僕にとっては心地良いものでした。





    デューク・エリントンやらフランシス・レイやら著名人の名前やレコードが出てくるあたりが更にワクワクさせます。





    今更ですけど、村上春樹の小説は音楽好きにはたまらないですね。

  • ここまで読んできたハルキ本とぜんぜん違ってたけど、面白かった( ´ ▽ ` )ノ
    きほん風俗小説で、同じ村上でもリュウの方に近い感じ( ´ ▽ ` )ノ
    (眠り姫は別として)すべての人物がリアルでイキイキしている( ´ ▽ ` )ノ
    「ノルウェイ」なんかより、こっちのほうがいいな( ´ ▽ ` )ノ
    パソコン屋さんの話は途中で終わった感( ´ ▽ ` )ノ
    楡周平なら、ここから血の報復劇が展開していくところだけど( ´ ▽ ` )ノ

    しかし、「一人称複数」視点の主観描写って珍しいね( ´ ▽ ` )ノ
    まるで脚本みたいな文体になるんだ( ´ ▽ ` )ノ
    筒井康隆「本の森の狩人」でこういう手法もあることは知っていたけど、実作でお目にかかったのは初めて( ´ ▽ ` )ノ


    ところで、157ページの「思惟」に振られたルビだけど、「しゆい」?……「しい」じゃないの?(;`・_・´)ン-
     ……と思って調べたら、
      『「思惟」は「しい」(漢音読み)とも「しゆい」(呉音読み)とも読むが、前者は「考えること。思考」、後者は「仏教語として、一つのことを思いつづけること。よく考えること」の意で使われることが多い。』
     ……ですってよ( ´ ▽ ` )ノ
    やっぱり、じっくり考えて言葉を選んでいるんだね( ´ ▽ ` )ノ

    2017/04/25

  • すんなり読めた 何も思うことは無かった

  • 村上作品にしては、物語の奥行きを感じられなかった。設定があまりにも現代的というかリアリティがあるというか、ティーンエイジャーに好まれそうな、少し宿命的でありでも少なからず自発的な頽廃、みたいなバックグラウンドに寄り添えなかった。
    ただ、ものすごく淡々と読み進められるし、決してつまらないわけではない。

  • ファミレスのBGMや、バーでマスターがかけるジャズのLP、男が深夜残業しながら聴くクラシックなど、いたるところにリアルな音楽があって、それが、物語全体のリアリティを高めているような気にさせるのか。
    村上春樹を読むのは、これが初めて。
    面白かった。

  • 処分


    不思議なお話
    結局よく理解できなかった
    誰かとこの話したい

  • 実は、これまで村上春樹には全く興味がなかったのですが、
    気まぐれで購入したのがこの作品。
    最初は、会話がアニメみたいに軽い感じがして、
    抵抗があったのだが読み進めるうちにはまってしまい、
    あっという間に読めてしまった。
    今更ながら、他の作品も読んでみたいと思った。

  • なるほど。
    村上春樹は初めて読む。
    たくさんの人に支持されているからあえて距離を置いてきた。

    予想に反して読みやすかった。
    情景を丁寧書いていて想像できる。
    会話がまどろっこしい感が最初はあったが、その積み重ねで親しくなっていくのがわかってくる。

    この空気感が皆に受けているのかもしれないなぁ。とも思う。

    コオロギのセリフで「人間は記憶を燃料にして生きている」
    ってのはかなり印象深い。

    村上春樹もこれから読んでいきたい。

  • 夜の帳がおりても、それぞれの事情を持った人間生活が息づく。誰もが経験したことがあるであろう、徹夜中の、あの独特な気だるさ。それが村上ワールドに妙に一致する。

  • ほとんどを病院の待合で読了。家で読んでいたらもっと読み終えるのに時間がかかったかもしれない。私たちという視点から始まる。どこえでも自在に行ける視点のようで、天空から見るは、勝手に部屋にはいってくるは、、、登場人物は少なく、深夜のデニーズから始まる、その一夜を切り取った物語、長編と言えない短編小説のような、切り取り感。本当に切り取っただけの物語、又ほったらかしで終わっていると言われそうなお話。でもリアルな日々の生活で私に見えているのはそんなほったらかしのストーリーの連続だからそれでいいのだと最近思えてきた。

  • 村上春樹作品の特徴は結末があいまいなことでその曖昧さは何故かもやもやとした気持ちより浮遊感をもたらしてくれる。それは決して単に落ち着かないという意味ではなく読み終えたあとに、すべてのページを思わず思い返したくなるほど。内容が濃厚な分、結末の薄さはある意味では良い方向へと作用していると思う。綺麗にまとまらないところが好きです

  • 村上春樹の本を最初から読もうと思って、「1973年のピンボール」で挫折したが、やはり読んでみたいと思って友人の薦めにより読んだ一冊。

    読んでいる時に、ちょうど個人的に恐らくこれまでの人生で一番ショックな出来事が起こったこともあり、ラブホテルの店員コオロギの言葉がいくつか印象に残ったので記録しておく。

    「人間ゆうのは、記憶を燃料にして生きていくものなんやないのかな。その記憶が現実的に大事なものかどうかなんて、生命の維持にとってはべつにどうでもええことみたい。ただの燃料やねん。・・・大事な記憶も、それほど大事やない記憶も、ぜんぜん役に立たんような記憶も、みんな分け隔てなくただの燃料」
    「それでね、もしそういう燃料が私になかったとしたら、もし記憶の引き出しみたいなものが自分の中になかったとしたら、私はとうの昔にぽきんと二つに折れてたと思う。・・・大事なことやらしょうもないことやら、いろんな記憶を時に応じてぼちぼちと引き出していけるから、こんな悪夢みたいな生活を続けていても、それなりに生き続けていけるんよ。もうあかん、もうこれ以上やれんと思っても、なんとかそこを乗り越えていけるんよ。」

    人間生きていれば、それぞれ心の中に何かしらの重い秘密、誰にも言えない秘密を持っていて、苦しんでいる。
    それでも何とか生きているということを、自分の体験も通して感じさせられた一冊でした。

  • 人間は記憶を燃料にして生きていくもんだ、というのと、だから頑張っていろんなこと思い出しなさいっていうのが印象に残った。

  • カメラワークのように視点が動いていき、映画を見ているような気分になれる映像的な文章。

    浅井マリ、浅井エリ、高橋、カオル、コムギ、コオロギ、白川、中国人の女の子(グオ・ドンリ)、顔のない男…。

    静かに、けれど確実に今日も夜が明けていくのだという感じの読後感で、読み終わるとなぜか安心してしまった。こちらの世界に戻ってこられたんだという安堵感に近いかもしれない。何かが起こりそうで起こらない。しかし、微かにかもしれないが、何かが変化しているという気がした。
    私達が眠っている間にも、街では色んな人が動きまわっているんだなと思うと不思議な感じがした。自分の知らないところで何かが起こっていると思うと怖い気もする。
    夜の街の水面下で一体何が起こっているのか。あちらとこちらの境界って何なのか。何かが起こっているのに知らない振りをしていてもいいのか。本当に自分とは関係の無いことなのか…。色々と疑問が浮かんでは消えていく。
    「逃げられないぞ」という呪いのような言葉が怖い。夢に出てきそうだ。

  • 日付けが変わる、そのほんの少し前――ある視点の集団が、デニーズのエリを、寝室で眠り続けるマリを捉える。決して物語に介入することの無い視点で綴られる、真夜中の物語。きっと、何かが、どこかで、動き出そうとしている。

    古い春樹を読んできたので少し読み進めて「なんじゃこらー!」な文体にびっくり。時制もほぼ現在形だし、淡々としまくってるし。とにかく今までとは全然違った書き方をしていて超斬新でした。春樹にしてはちょっとチャライ書き方もしてるなーっていうのも思ったけど、現代舞台だからか…最近ずっと80年代くらいが舞台の読んでたからあはは…
    視点はあくまでも視点としてあるだけで、全然介入してこない。ただ物事が淡々と進むだけで、つまんないって感じる人もいるだろうけど私はこういう実験的な文体好きなので特にそうは感じなかったです。劇的な何かが起こるわけじゃないし、あるいは不思議なことが起こっていてもただ視点は客観的に説明に徹するだけで、何も出来ない。読者に象徴や記号を与え続けている文章のような気もします。
    ただ、何かが起こるわけではないけど、物語が朝が訪れるところで終わるので、もしかしたら「何かが起こる予兆の物語」なのかもなあ、という感じ。マリとエリの距離が縮まるといいなと思うし、マリと高橋にも何か進展があったらいいと思う。そしてそれはもしかしたらもう始まっているのかもしれないな、なんかそんな感じです。個人的には白川がどうなるのか……ケイタイ怖すぎです。

  • 深夜の都会で不穏に流れる淀みのような中にあって、高橋の平気さが明るい。

    ゆっくり歩き、たくさん水を飲む。

  • ショートショートとしての落ちを期待している読者にとっては、物足りない作品だと感じるだろう。私自身も落ちのないこの作品を、一瞬駄作なのではと思ってしまったが、一夜の内に繰り広げられる様々な人間の生活のとある一辺を切り出している形の作品なので、始まりも、終わりもあいまいなこの作品は、この終わり方が一番なのではないだろうかと読み終わった後に感じた。どの登場人物の物語も完結していないために、ある意味読者側でイメージを広げる事が出来るし、カメラ的な視点として登場した我々としても、全てを見届けるのではなく、一部だけを垣間見る事が当たり前なのかと思った。いずれにせよ、村上春樹らしい空気感が出ている作品の一つだと思った。

  • 夜中の時間の流れから朝になる様子がとてもリアルだった。

  • 全体的な印象としては「簡素」。
    ハルキ節は影を潜め、無駄なものを削ぎ落とし、小さく細かく区切って創り上げたストーリーが形成されていた。

    舞台は深夜のファミレス。ここで読書をしているマリと店に入ってきた高橋との会話から物語が始まる。
    深夜0時から早朝6時過ぎまでの、様々な人々のある意味でいつも通りの生活が描かれている。
    マリにはマリの価値観があり、姉のユリにもそれは言える。高橋と白川はその点に於いて正反対の価値観や基準を持ちその行動規範からもそれは明らか。

    彼らを比較することで本書の解説をしている文章を発見したので、よかったら是非読んでみてほしい。

    http://zoukichi.exblog.jp/1071883/
    http://zoukichi.exblog.jp/1088769/

    この人の考察が村上春樹の主張と同一であるかは分からないが、非常に興味深い考え方をする人ではある。
    もうね、この人の考察を読んだ後で自分自身の考えをまとめ上げようという気が失せてしまったんすよ。
    多分勝ち目は無いなと。


    まあでもせっかくだから簡単に本書について触れることにする。

    世間的には名作「海辺のカフカ」の次に発売されたことで、大きな期待を裏切ったとして軽く批判されたりもした。
    そんな実状だったので、私もほとんど期待せずに購入した。しかし、個人的には本書は村上春樹の思考や思想、観念などを凝縮して創り上げた作品であり、かなり完成度の高いものであると感じた。村上作品の特徴でもある機知に富んだ比喩表現を極力省き、得意とする一人称主語ではなく敢えて多人称で綴られている。(むしろともすれば神の視点から語られていると受け取ることも可能)

    ここで村上春樹はシンプルに彼なりの問いかけを掲示してきたのだ。文学的価値という賞賛に背を向けても書き上げたかったのが「アフターダーク」だったのだろう。今日本人が、いや世界中の人々が抱えているであろう閉塞感を捉え、希望という火を灯すための作品であるとさえ思うんだ。これは大袈裟ではなくね。

    高橋がマリに言ったセリフがある。

    「ねえ、僕らの人生は、明るいか暗いかだけで単純に分けられているわけじゃないんだ。そのあいだには陰影という中間地帯がある。その陰影の段階を認識し、理解するのが、健全な知性だ。そして健全な知性を獲得するには、それなりの時間と労力が必要とされる。」

    このセリフがとても好きだ。手離しで素晴らしいと言うべきセリフ。簡単に人間の存在を画一することはできないんだ。陰影を排除せずに見守ることができる社会こそを人々は真に求めるべきなんだ。

    前述した通り私は「アフターダーク」という小説は「ノルウェイの森」や「海辺のカフカ」に勝るとも劣らない作品であると感じている。
    以前村上氏を毛嫌いしていた自分に教えてあげたい。
    「村上春樹はスゴイぞ」とね。

    話は変わるんだけど、本書「アフターダーク」と伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」がとても似ていると思ったんだ。物語の構成が近似しているのはもちろんのこと、リズムだとかテンポだとかそういうのが。でも、伊坂さんは今まで一度も村上春樹について語ったことがない。影響を受けた作家にも挙げられていない。
    そうなると、年代の異なる二人の描く世界観が似ているのは、彼ら自身の持って生まれたパーソナリティに共通部分が多いと考えるのが自然なんだろうな。

    何にせよ「村上春樹」と「伊坂幸太郎」はスゴイんだ。彼らとはこれからも絶対不可侵である活字で繋がっていたい。

全1034件中 1 - 25件を表示

アフターダーク (講談社文庫)に関連する談話室の質問

アフターダーク (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アフターダーク (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アフターダーク (講談社文庫)の作品紹介

時計の針が深夜零時を指すほんの少し前、都会にあるファミレスで熱心に本を読んでいる女性がいた。フード付きパーカにブルージーンズという姿の彼女のもとに、ひとりの男性が近づいて声をかける。そして、同じ時刻、ある視線が、もう一人の若い女性をとらえる-。新しい小説世界に向かう、村上春樹の長編。

アフターダーク (講談社文庫)の単行本

アフターダーク (講談社文庫)のKindle版

ツイートする