霧積温泉殺人事件 (講談社文庫)

  • 16人登録
  • 2.78評価
    • (0)
    • (0)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉村達也
  • 講談社 (2006年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062755467

霧積温泉殺人事件 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 志垣警部&和久井刑事シリーズ
     いきなり離婚を突き付けられた志垣警部。家族再生のために温泉旅行に。そこで起きた殺人事件。発見者は妻。被害者の身元が分かるものをわざと置いた犯人心理。

     2009年9月15日再読

  • 新規購入ではなく、積読状態のもの
    2011/6/1〜6/2
    お馴染み、志垣警部の温泉殺人シリーズ。
    家族サービスも顧みず、仕事に精を出す志垣警部が、突然妻の素子から離婚を切り出される。慌てた志垣は休暇をとって、家族で温泉旅行に出かけることに。嫌がる家族を何とか説得力して、森村誠一の人間の証明で有名になった霧積温泉の宿に宿泊した。翌日ハイキングに出かけた途中、全裸の女性死体を見つける。果たして犯人は?

    相変わらずの軽いノリのミステリ。トリックには目新しさは感じないが、そんなことは良いのだ。志垣警部のキャラを味わえば。

全2件中 1 - 2件を表示

霧積温泉殺人事件 (講談社文庫)はこんな本です

霧積温泉殺人事件 (講談社文庫)の新書

ツイートする