四季 夏 (講談社文庫)

  • 2979人登録
  • 3.73評価
    • (251)
    • (332)
    • (494)
    • (29)
    • (1)
  • 218レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2006年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062755696

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

四季 夏 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「春」が難解だった為、あまり期待もせずに読み始めたが、
    こちらは「春」とはまたガラっと変わって面白かった。

    この「夏」は、これまでのシリーズを読み進めてきた人には
    ご褒美的なお話。

    「保呂草」さんと「各務亜樹良」の意外な関係。

    そして、「林」さんのフルネーム!!


    真賀田四季が一人の男性を愛し、そして両親を殺害するに至るまでの話。
    真賀田四季の妊娠・・・・

    あらゆることが起こりすぎて、展開も早く
    あっという間に読み終わってしまった。

  • 面白かった。
    登場人物同士の会話も、四季の思考も、すべてが面白くて意味を探ってしまう。
    春の章では、人間離れしたというか年齢不相応な姿が描かれていた四季だけれど、この夏の章では十三歳という思春期にふさわしい姿が所々見られる。
    感情がコントロールできなくなったり、スリリングで面白そうだという理由で一人旅をしてみたり。
    きっと旅の途中で出会った人たちは、彼女の事を特別な存在ではなく、普通の少女としか見ていなかったと思うが、それも新鮮で面白い。

    とある出来事の真実も明かされ、様々な別シリーズとの繋がりも楽しい。
    芽吹く春。燃える夏。
    秋と冬を読むのが待ち遠しい。

  • 【あらすじ】
    四季、13歳。 あの夏、あの島で何が起こったのか? 孤島の事件、その真相を描く「四季」4部作、第2弾。 13歳。四季はプリンストン大学でマスタの称号を得、MITで博士号も取得し真の天才と讃えられた。青い瞳に知性を湛えた美しい少女に成長した彼女は、叔父・新藤清二と出掛けた遊園地で何者かに誘拐される。彼女が望んだもの、望んだこととは? 孤島の研究所で起こった殺人事件の真相が明かされる第2弾。
    【感想】
    この話で、四季の叔父さんに寄せる密かな想いの大きさを知り、「すべてがFになる」で明かされなかった真実を知ることができた。正直、ここまで深く掘り下げてくるとは思っていなかったので、感嘆させられた。そしてこの話には、今までのシリーズで出てきた登場人物が四季と接触する。それが新鮮で読んでいてすごく面白かった。そういうところも含めて、四季の行動力や判断力の強さには、改めて感心したし凄すぎるなと思った。

  • 面白かった……!
    《春》はちょっと難しかったけど、この《夏》はテーマが恋愛?だからかわかりやすい。
    四季も少し普通の少女っぽい場面があるから感情移入も少しだけだけどできるし。

    以下ネタバレ。

    まず、犀川、喜多コンビにニヤニヤ。高校生の二人キター!!
    林さんが苗字を名乗るのもいいし、保呂草(違う名前かもやけど)登場シーンも大変美味しくいただきました。
    各務がこんなに保呂草のことを想っていたのに驚き、紅子さんが早くに出産した意味がふんわり匂わされたのも楽しい。
    『すべF』の舞台裏も観れて、薄いわりにかなり濃厚な一冊。

    ほんと、S&MとV、二つのシリーズを読破してから読むとニヤニヤしっぱなしになるわ。
    次の《秋》も楽しみー。

  • これは本当に面白い!!
    四季のキャラクタがとても魅力的に書かれていると思う。

    ・躰と精神は別(影響しあっているけど本来は切り離されるべき?)
    ・躰は遺伝子により複製される(生物はそういうもの)
    ・精神は躰に隷属している

    ここらへんの考え方は興味深い。

  • 四季の成長を感じる事が出来ます。
    また、「すべてがF~」につながる部分もあり、S&Mシリーズを読んだ人なら、楽しめます。

    前作からも思ったけど、この「四季シリーズ」はミステリーとしての要素は少なく、四季の成長に趣を置いていると思われる。

  • ああ、そういえば、胃袋の中というのも、トポロジィ的には人間の外側だ。

    画竜点睛?でも、瞳を描き込んだら、竜は天に昇ってしまうのでは?

    赤らしく、最後が血で覆われてるのが良い。すべてがFになるで触れられていた四季の両親殺害のシーンがこうやって描かれるとは。

    あとVシリーズの時はわからなかったけど、各務がこんなに保呂草のことを好きだったとは。

    犀川草平と喜多くんがでてきてニマニマしてしまった。

    瀬在丸紅子の林への思いと、四季の叔父への思い、なんだか似ている。それぞれの相手のことになると全人格がそちらへ向くイメージ。

    すべてがFになる、読み直そう。

  • うーん?理解しがたい。なぜあの事件が起きたのか、はわかったけど真賀田四季が非リアルなうえに全然魅力的に見えないしよくわからん。超スーパー人間がどうしようと感情移入もなにもできん。

  • 四季シリーズ二作目。これであの「すべてがFになる」に繋がる訳ですね。森先生が言ってたように四季→S&Mシリーズ...と読んでも問題ないんだぁと納得した(^^ 早く秋・冬と読んでS&Mシリーズの再読に入りたい。ホント。

  • どんな脳みそを持ってたらこんなキャラが書けるんだろう。もうそれだけ。

  • 叔父さん逃げられませんでした。
    Vシリーズ未読なのでん?と思う点はあれど春よりは引っ掛かりもなく読めました。林さんが犀川って名乗った理由とかはVシリーズ読めばわかるのかしら。

  •  ときどき、彼女の本性が悪魔のように邪悪で、見えるもの、表面に顕れるものはすべて、我々を騙すために彼女が作り上げた仮面ではないか、と思えるのだった。
     人々全員を騙そうとしているのではないか
    まるで、神のように
     ――まるで神のように?、?…。まるで悪魔のように、じゃなくて?


    《――まことにこの神、大地の上を歩まぬはもとより、さらに、人の頭の上を歩まず。なぜなら、人の頭とて、さほど柔らかきものとは言えませぬから。
     むしろこの神、万物のうちでも、かぎりなく柔らかきものの上を歩み、そこに住まう――と。
     かぎりなく柔らかきもの、というのも、ほかではありません。この神は、神々や人間たちの、心情と魂とに住居を定めるからなのです》

    読んだよ 
    レビュー? 今は書けないな。
    なんか虚しさが残る読後感だな

  • 春よりわかりやすくてよかった。
    真賀田四季のこと好きになったかもです。

  • 真賀田四季の思春期を描いた作品。
    自身の恋愛感情を理解できず年頃の少女らしい疑問を抱えつつ冷酷な天才として完成していく四季の姿が描かれている。また、「すべてがFになる」で語られていた四季が起こした過去の事件までが明らかになる。

    思春期といえど四季らしさが損なわれることなく、凡人らしい悩みを天才としての価値観で解決しようとする様に多少の恐怖を感じる面白さはそのまま。
    恋愛感情という感覚に鈍い人は多少の共感と一つの解答か示されるのでそういう意味でも楽しめるかと。

  • 四季シリーズ2冊目。正直、森博嗣の世界にどっぷりつかれていない自分にはますますよくわからなくなった。。という一冊だったかも。天才ゆえの考えの飛躍ってあるんでしょうね。親だったり保育士さんだったりが、その子を大切に思うがゆえかもしれませんが「転ばぬ先の杖」を見渡す限り置かれてしまうことってよくある話ですね。でも試してみたい子どもの方からするとそれを窮屈に感じてしまうことはあるんだろうなと思いました。好奇心をどこまで許容するか、みたいなところを考えさせられた一冊だったかなと。

  • 春よりは面白い。知っている名前が出てくるとワクワクするが、やはり四季に興味がないときつい。我慢の度合いが大きい。あと半分が率直な感想。

  • 交差するS&MシリーズとVシリーズ・・
    春→四季博士の幼少期、
    夏→四季博士の少女期(両親殺害まで)、
    秋→S&Mシリーズ(有限と微少のパンのテーマパークでの事件)の10ヶ月後、
    と続きます。

    ここは冬まで一気に読みきらないとだね。

  • 【内容(「BOOK」データベースより)
    十三歳。四季はプリンストン大学でマスタの称号を得、MITで博士号も取得し真の天才と讃えられた。青い瞳に知性を湛えた美しい少女に成長した彼女は、叔父・新藤清二と出掛けた遊園地で何者かに誘拐される。彼女が望んだもの、望んだこととは?孤島の研究所で起こった殺人事件の真相が明かされる第二弾。】

    再読。
    あの人もこの人も登場して、テンションが上がる。

    自分が丹精込めて作ったものを奪い去られて、勝手に形を変えられてしまったような感覚だろうか。
    そんな風になりたくない、そんな風に思いたくないけど。
    私が親だったとしても、きっと、相手を問い詰めて相手を責めてしまうと思う。

  • 森博嗣の四季シリーズ第二弾。
    13歳に成長した「すべF」の天才工学博士:真賀田四季の運命を大きく変える事件と、そこに至る軌跡を描いています。
    壮大な・・・壮大なスケール感!
    (これは読まないと解らない!)
    S&Mシリーズのスピンオフなのに、Vシリーズとの深い接点・・・森氏は、どの時点でこの構想に至ったのでしょうか?
    そしていよいよ舞台は妃真加島の研究所へ・・・さ、次を読み進めましょう(^_^;)

  • とりあえず、「すべてがFになる」を読んでないとどうにもならない。

  • 最後がなかなか衝撃的でした。

    Vシリーズとの関連が深くて面白い。

    天才も恋をするのか、色々と驚かされた内容。

全218件中 1 - 25件を表示

四季 夏 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

四季 夏 (講談社文庫)に関連するまとめ

四季 夏 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

四季 夏 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

四季 夏 (講談社文庫)の作品紹介

十三歳。四季はプリンストン大学でマスタの称号を得、MITで博士号も取得し真の天才と讃えられた。青い瞳に知性を湛えた美しい少女に成長した彼女は、叔父・新藤清二と出掛けた遊園地で何者かに誘拐される。彼女が望んだもの、望んだこととは?孤島の研究所で起こった殺人事件の真相が明かされる第二弾。

四季 夏 (講談社文庫)の新書

四季 夏 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする