最後のアジアパー伝 文庫版

  • 128人登録
  • 3.54評価
    • (7)
    • (15)
    • (29)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 講談社 (2007年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062756105

最後のアジアパー伝 文庫版の感想・レビュー・書評

  • 漫画が好きです。高校時代の辛さ、わかる…。どうでもいい話も今は好きだけど、毎日だと辛い。

  • 紛争地帯を取材する記者の話。
    合間に挟まれる脈絡のない西原マンガがよくわからなかった。

    重い機材をホテル9階の部屋まで運ぶのは大変そうだ。

  • 「最後の」アジアパー伝。鴨志田さんもハシダさんも、もう亡くなられてというのを思うと寂しい気分になる。巻頭の西原さんの漫画も切ない。

  • ハシダさんをテレビとかでよく見かけた時期に、この本読みたかったな…と思った。朝生とか、いろんなメディアで見ていたハシダさんと、カモちゃんの語るハシダさんのギャップに笑ったり、泣けたり。読み終えると、本当にサヨナラという感じがして寂しいのと、ちゃんと生きなくては…という気持ちになる。

  • 読みやすいし、色々考えさせられたりも。でも子供向けではないな(笑

  • ああ。
    西原氏のマンガに鴨ちゃんのいない影を見てしまう。切ないなぁ。
    鴨ちゃんの読みやすくて面白い描き方が好きなんだよ。一気に読めちゃうね。
    ああ、もう読めないのか。。寂しいなぁ。
    2007年9月

  • あとがきの最後の一文に心を打たれました。

    ふと
    「なんだかんだ言っても幸せな男」
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の帯でのリリーさんの言葉を思い出しました。                            

    また、橋田信介先生大好きなわたしには、興味深いエピソード満載でうれしい限りでした。

  • 作者の鴨志田さんがお亡くなりになってしまったのでもうこの人の文章が読めないかと思うと寂しくてならない。

全9件中 1 - 9件を表示

最後のアジアパー伝 文庫版を本棚に「読みたい」で登録しているひと

最後のアジアパー伝 文庫版を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最後のアジアパー伝 文庫版を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最後のアジアパー伝 文庫版はこんな本です

ツイートする