NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)

  • 2202人登録
  • 3.87評価
    • (280)
    • (261)
    • (348)
    • (20)
    • (3)
  • 169レビュー
  • 講談社 (2007年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062756358

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
あさの あつこ
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • No.6の内側で育った紫苑や、良くも悪くも疑うことをしない。ネズミは、そんな紫苑に苛立っている。
    紫苑の母と知り合いだった力河や、イヌカシとの出会いで、紫苑は何を見ていくのか。

    No.6を憎むネズミ。寄生蜂からNo.6の人々と助けたい紫苑。
    相反しながら、友情とも愛情とも言えない結びつきの二人の関係にドキドキします。

  •  どんどん面白くなってきた。

     ネズミと紫苑

     すべてを失いながら生きてきた者と
     与えられて生きてきた者。

     疑わなければ生きてこれなかった者と
     疑わずとも生きてこれた者。


     確かに、あの小さな姉弟を部屋に
     招いた時の紫苑のやさしさは、
     その場しのぎだ。
     本人にそのつもりはないのだろうけれど。

     ネズミは、自分の一挙一動に責任を
     持とうとしている。
     (気を遣っている?)
     ものすごく慎重な人だ。

     きっと、悲しいことをたくさん見たり
     感じたりしてきたから。
     だから、人との距離に敏感。
     どうすべきか、知っている。
     
     でも、だからと言ってそれが正しいか
     どうかはまた別の話。

     もちろん大半はそれでいいのだと思う。
     ただ、時には紫苑のような変化球が
     あってもいいんじゃないかなって。

     本気のバカが、世界を変えることも
     あるんじゃないかって。

     そのわずかな可能性に、きっとネズミも
     引き込まれていく。
     …もう半分は引き込まれている。

  • ネズミの方が頑なすぎる印象で、紫苑は確かに能天気すぎる。歩み寄らない感じが非常にもどかしい。
    テーマがテーマだけに簡単に歩み寄ったり妥協するとなると嘘くさいけどね。
    ここから沙布や力河さんがどう関わり話が動いていくか楽しみ。
    二人が同じ方向を向いて走り出すことができるのか。

  • 次巻に何かが起こりそうな予感を漂わせる2巻。
    ネズミの過去が物凄く気になる。
    そしてお互いの存在によって2人はどう変わっていくのか。
    この巻で一番印象に残ってるのが紫苑がリコとカランに本を読んであげる所。
    優しさはいつも正解だとは限らない。

  • いろんな意味で微妙なバランスの上に立っている感じがドキドキハラハラ。

    あとがきにあったように、NO.6 : 西ブロック=先進国 : 途上国 という図式は否めない部分も多く、一所に集中した富はその狡猾で傲慢な振る舞いによる搾取の産物だという人間のひどい部分に目を背けたくなる。
    対して、2人が正面から真剣にぶつかり合って血の通った人間同士の関係を築いていくさまは、美も醜もすべて合わせた上でやっぱり美しいと思う。

  • この作者の書きたかった世界観が何となく分かった気がする。で、私は今no.6の住人側ってのも実感。アニメに追いつかれない程度の速度で読めればいいかなぁとか思ってたんだけど入り込んじゃいますね。ネズミと紫苑のやりとりが好きです。

  • 遂にNO.6の外に出た紫苑。イヌカシといった西ブロックの住人達も出てきて物語が一気に加速する。

    閉鎖状態のNO.6に住んでいた紫苑にとっては過酷な現実が次々と襲ってくるが、それでも人に優しい紫苑。そんな紫苑に対し複雑な感情を持ち始めたネズミ・・・ツンデレですね、わかります。

    巻の最後にはさらに急速展開が待っていたわけだが、ネズミしかしらないその真実を紫苑に対し言うのか・・・次巻も気になった。

  • 2010/04/27再読
    紫苑が世間知らずなのは、別に紫苑のせいじゃないのではとおもう。そういうふうに強制されてきたからだ。自我の確立していない時期から統制された環境にいて、違和感を感じ続けるほうがよっぽど難しい。それでも何か感じていた紫苑だからこそ、ネズミの辛辣なことばにも向き合えるのだろう。
    正直とっくに大人と呼ばれるようになった今より、十代の頃に読んでいたほうが共感して読めたかもしれない。誤魔化すことを覚えたいまのほうがかなりきつい。罪悪感が刺激されてる。(わたしにとって)それを自覚するためのNO.6の世界なのかも。

  • 1ハムレット
    2テリピヌの神話。『メソポタミアの神話』
    3西鶴諸国咄
    4桜の園』チェーホフ
    5スルタン・ビン・サルマン・アル=サウド宇宙飛行士

  • 純粋培養で人を疑う事を知らない紫苑が、西ブロックという過酷な環境で踏み出す第一歩。

    さすが西ブロック。
    ちょっとした道程で、ここまで災難に見舞われるとはw。
    紫苑の経験値が、飛躍的にレベルアップしたようだゎ。

    イヌカシ、力河が、この先どう絡んでくるのか。
    沙布はどうなってしまうのか・・・・。

    早く先が知りたいのだが、2巻までしか買っていなかったので、ここでSTOP。
    あさのあつこさんの本は、なんでこんなにページ数が少ないんだーーー(T_T)

  • 理想都市を作ろうとする。そんな現実はあるのだろうか?そう考えてみるとポストモダンな世界で壁に囲まれた社会などは生み出されないと思える。

    だが、壁は目に見えないかもしれない。触れることができないかもしれない。そんなせかいならもうすでに出来上がろうとしているのかもしれない。

    ふと、そんなことを考えてみるが、どことなく透明感を嗅いでしまうのだ。不思議なことに。

  • 久しぶりのシリーズもの。通勤時間の現実逃避用。

  • 今巻 主に西ブロックでの生活を描くストーリー。新キャラとしてイヌカシと力河が登場。どちらもいいキャラで今後活躍していきそうな予感。次巻にも期待。

  • 紫苑が少しずつ世界を知っていく最中ネズミから投げられる言葉が痛い…。

  • 評価はNo.6 #1に記載しました。

  • 紫苑とネズミの置かれた状況と動向も気になるけど、№6の都市のTOP・指導者は誰で、どんな目的でどんな世界を作ろうとしているのかが、かなり気になります。ネズミはそのあたりの事、何か知っているのでしょうか?紫苑よりは事情に通じてるっぽいです。

  • 2017年。聖都市《NO.6》を追われた16歳の紫苑がはじめて目にする外の世界、そして現実。ぼくは今までいったい何を知っていたんだろう?何を見ていたんだろう?ネズミと暮らし始め、懸命に生きようとするが、「おれとNO.6、どちらを選ぶ?」と問われた紫苑は…。加速する運命が二人を襲う!

  • 紫苑とネズミは助けあって行くことが出来るのだろうか?

  • すぐ読もうと思っていたのに随分間があいてしまった。
    まだまだ物語の序盤、状況の説明…と思いつつ結構キーマンっぽいのが出てきたり、話が随分展開してる印象。
    母子の愛は強い。
    それにしてもところどころ子供向けだけど大丈夫なんかという描写があるような…。

  • 配置場所:広呉文庫本
    資料ID:93076529
    請求記号:080||A

  • 2014/7/11~7/17

    2017年。聖都市《NO.6》を追われた16歳の紫苑がはじめて目にする外の世界、そして現実。ぼくは今までいったい何を知っていたんだろう?何を見ていたんだろう?ネズミと暮らし始め、懸命に生きようとするが、「おれとNO.6、どちらを選ぶ?」と問われた紫苑は…。加速する運命が二人を襲う!

  • 【状態】
    貸出中(予約0)

    【内容紹介】
    2017年。聖都市「NO.6」を追われた16歳の紫苑がはじめて目にする外の世界、そして現実。ぼくは今までいったい何を知っていたんだろう?何を見ていたんだろう?ネズミと暮らし始め、懸命に生きようとするが、「おれとNO.6、どちらを選ぶ?」と問われた紫苑は…。加速する運命が二人を襲う。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・近未来SF・マンガ化・アニメ化

    【映像化情報】
    2011年7月-9月アニメ化
    出演:梶裕貴・細谷佳正 等


    +3+1++1

  •  #1を読んだのはいつだったかなあ。

     ちょっと時間があきすぎて、前のストーリーを忘れてしまいました(^^;。

     登場人物のキャラクターが際立ってきて、その一方で、No.6(都市)の謎解きのような部分も出てきて、ぐいぐいストーリーに引きずり込まれますね。

     面白いです。

     早く#3にいかないと。

全169件中 1 - 25件を表示

NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)の作品紹介

2017年。聖都市「NO.6」を追われた16歳の紫苑がはじめて目にする外の世界、そして現実。ぼくは今までいったい何を知っていたんだろう?何を見ていたんだろう?ネズミと暮らし始め、懸命に生きようとするが、「おれとNO.6、どちらを選ぶ?」と問われた紫苑は…。加速する運命が二人を襲う。

NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)はこんな本です

NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)の単行本(ソフトカバー)

NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする