幸福な食卓 (講談社文庫)

  • 4758人登録
  • 3.82評価
    • (520)
    • (712)
    • (696)
    • (66)
    • (17)
  • 684レビュー
著者 : 瀬尾まいこ
  • 講談社 (2007年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062756501

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

幸福な食卓 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ★3.5

    佐和子の家族はちょっとヘン。
    父を辞めると宣言した父、家出中なのに料理を届けに来る母。
    元天才児の兄。
    そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンドの大浦君がいて…。

    「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」
    冒頭のこの一文で引き込まれた。
    父は、5年前に辞さ住み水をし、父であることやめ勉強をし直すと言い出し、
    幼い頃から天才児と騒がれた兄は、人生が少しずつ歪んでずれて
    大学進学をせずに、晴耕雨読の農業をしている。
    また母は、夫の自殺未遂を防げなかったと心が乱れ、とうとう家を出てしまう。
    そして中学生だった佐和子はこの事件で父親から命の恩人と思われている。
    少し…とっても変わった家族の主人公佐和子の中学から高校へと成長を
    描いているのかと思った。
    そんな…酷い…。

    でも、人は本人は気付かなくても、気付かない所で
    色々な人に守られて生きているんだね。
    家族大切にしなきゃね。
    つい忘れてしまいそうなことを気付かせて頂きました。
    あり得ない様な家族の形ですが、皆とっても優しくて温かくて
    ほっこりしたし、フワフワしてるのに何故かすんなり受け入れられた(*´ `*)

  • ★3.5
    「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」、あまりに突拍子もない始まり方に目が点になった。が、家族が破綻しているのかと思いきや、父さんと母さんと直ちゃんと佐和子の仲は至って良い。そんな家族が、中学生・高校生の佐和子の視点で綴られる。正直なところ、学校での佐和子の苦悩が描かれるものの、結局は緩く優しく纏まるのだろうと思っていたため、「プレゼントの効用」はまさに寝耳に水。それはそうと、元気づける意図があっても、大切な人を失った約10日後の佐和子に、「ぱーっと楽しもう」と言える友達はあまり好きじゃない。

  • 父さんは父さんを辞めると宣言したり自殺未遂したり。直ちゃんはその理由は心のゆがみで、真剣ささえ捨てることができたら、困難は軽減できたからだと父さんの遺書に書いてあり自分もそう思うと言う。母さんは父さんの自殺未遂の現実に耐えられず一緒に暮らせなくなる。佐和子は自分だけは当たり前でいたいと思っているが…。
    ヨシコが佐和子に言った「家族は作るのは大変だけど、その分めったになくならないからさ。あんたが努力しなくたってそう簡単に切れたりしないじゃん。だから安心して家族に甘えたらいいと思う。───。」は心に残る。何もしないで勝手に家族は出来るものではないから、父さんには父さんの、母さんには母さんの、兄には兄の、妹には妹の役割があり、時々苦しくなりながらも役割を果たし、強い絆を持った家族になるのだと思う。

    大浦君の事故死はない方が良かった。死は何があっても絶対に取り返しのつかない事だから。

  • Dad quit dad and became student. Mom left house but visits house everyday to drop off food. Nao was the smartest kid in school but quit college and became farmer. Sawako live through life with this family and the story goes on. I liked the warm feeling when I read through this book.

  • 2017/3/16
    ちょっと不思議な家族の話。
    「お父さんはお父さんをやめようと思う」と言い出した父。
    天才と言われ続けた兄は大学に行くことに意味を見いだせず、無農薬農業の仕事へ就く。
    愛しているのに、夫と一緒にいることが苦痛になってしまって別居している母。
    普通の中学生の主人公。
    バラバラに動いてる家族だけど、不思議と流れる空気は同じで。
    こういう緩やかで平和なストーリーって、実は書くのが難しいんだろうなぁ。
    最後になって訪れる身近な死。生々しく、脳が現実を受け入れられない様。苦しみと闘う日々。
    悲しみにとらわれてしまったときに読みたい話。

  • フワフワしてるのに、伝えたいことはズッシリ重い文体に引き込まれました。
    不思議な関係の家族の物語が淡々と進むと思いきや、デッカい出来事が!
    それを頂点にして、家族のそれぞれの生き方が変わり、家族の在り方、大切さをあぶり出してくれます。
    一気に読んじゃいました。

  • あらすじ読んで面白そうだったので購入。

    知らないうちに守られてる、っていう言葉がよかった。
    家族だと当たり前と思って気づけなかったりするよなぁ、と。

    大浦くんのとこは電車で読んでたのに思わず泣いてしまった。


    映画化してたとは知らずに読んでたので、結構前に映画化されてたと知ってビックリ。
    キャストは合ってる気がしたので、今度見てみようかな。

  • ひとりひとりが痛みを持っている家族で、でもそれぞれが役割を担っている。家族ってやはりチームだなぁと思います。中学生のかわいらしい、でも繊細な日々の綴りに惹きつけられました。とてもつらいときの、私には言葉で表すことの難しい感情の流れを的確に表現されていてどきどきしました。

  • 友達にすすめられて、久しぶりに読書。
    こういう…(なんてカテゴリすればいいのか知らないけど)日常?的な話…桜庭一樹みたいな感じの話が好きなので、久しぶりに充実した時間を過ごしたように思いました。兄と妹、複雑な家庭事情、出会いや別れが、無花果とムーン に似てる気もしました(失礼なようにも思いますが、そこは桜庭一樹ファンの私の最高の賛辞だととってほしいです)。そして私はもう大浦くんの大ファンです…

  • 普通とはちょっと違うけど、佐和子はとてもいい家族を持っている。家を出た母、父であることを辞めると宣言した父、ひょうひょうとした元天才児の兄、それぞれのキャラクターがいいです。
    そして兄の恋人、小林ヨシコの存在感と言ったら!この本の中で、小林ヨシコは私の一番のお気に入り。彼女はすごくいい。兄はいい人選んだなぁ。

    「幸福な食卓」という題名通り、食卓はこの家族を結ぶ大切な場。出てくる食事が美味しそう。

    観ていないけど、テレビドラマか映画にもなったんですね。

  • 1番好きな本は?って聞かれると
    いつもすごく困っちゃうんだけど、
    1番をいくつも挙げていいなら
    この本を選ぶかなあ(´-`).。oO(


    中学生の時から好きな本で、
    最近になって久しぶりに読み返して
    やっぱり良いな〜って思った!


    本当に平凡などこにでもある家族の話なのに、キャラクターみんなが個性的で愛しい(﹡ˆᴗˆ﹡)


    佐和子の視野の狭さが、
    中学生独特の視点すぎて
    ちょっと懐かしくなった

    高校生のときも多分そうだったけど、
    本当にその瞬間、瞬間のことしか
    考えられないんだよなあ。(笑)


    どこまで捻れても、ちゃんと戻れて
    無条件に見返りを求めない愛があるのって
    家族だからこそなんだろうね。良い!


    読み終わった後は絶対ほっこりする ☺︎♡

  • 単純に、日常生活をほのぼのと描いているだけだと思っていたので、流れが変わってびっくり!
    うぉぉぉぉぉ。

    いい作品でした。あんまり書けなくてごめんなさい。
    皆さん、どういう話かわかって読みはるんでしょうかね・・

    読んでよかったです^^

  • 「今日からお父さんは、お父さんを辞めようと思う」

    お父さんであることをやめた父親
    家出したのに、ご飯や掃除に来る母親
    元天才で、現農家の兄
    そしてボーイフレンドの事が大好きな主人公、佐和子

    5年前の事件を機に、少しずついびつになりつつも
    お互いを大切に思い合っているちょっと変わった家族

    そして恋人の突然の死

    登場人物がみな優しく魅力的で泣ける。
    家族を考え直してしまう作品

  • 初☆瀬尾まいこ作品
    久しぶりに読書で号泣(ノД`)シクシク
    誰でも、いつでも、お父さんに、お母さんに、直ちゃんに、佐和子に、大浦くんに、なりうると思う
    佐和子が成長して…誰かと幸福な食卓を囲んでいますように☆彡

  • なんか段々と話が進むにつれて、まとまってきたなーと思いクライマックスに近づくとともにまさかの展開でも読んでよかった本。瀬尾まいこはやっぱり凄い

  • この人はこういう自然な感じの、平凡で温かい日常を描くのがうまいよね。まあこの家族も変わっていはいるんだけど。
    「父さんは父さんをやめようと思う」って…。「ええ!?」って始まりもなんだかステキだ。直ちゃんのキャラも。
    が、まさか主人公の彼氏がああもいきなり、あっさり死ぬとは思わんやった。まさかこんな展開になるとは。瀬尾さんらしくない。
    これ映画化されてたらしい。DVD借りてこよう。

  • それぞれ欠けてる所のある家族だけど補いあって認め合ってる姿がよかった。もう完全にお話に入り込んでたので大浦君の事が衝撃すぎてその後の佐和子の様子も痛々しくて悲しかった。こんな時はすぐにどうこうは出来ないけど少しずつでも周りの人たちのおかげで顔を上げて進めるようになる姿がみえてよかった。やっぱり悲観しそうなお話なのに読後温かい気持ちになれるこの方の作品素敵です。

  • ほとんど壊れてしまっているようで、それでもいろんな日常がある。
    生きる中の大部分を占める何気ない日常。
    幸福な食卓もそんなものの一つ。

  • 良い家族だと思う。

  • 元々は教科書に載っていたもので、私はこの本の紹介文を見ただけですぐにでも読みたいと思い、書店へ飛んでいきました。登場人物は主人公の佐和子、そして佐和子の少し不思議な家族や友達。ある日突然お父さんをやめると言い出す父、家を離れて暮らしている間も掃除をしにきたり料理を届けん来る母、天才児の兄の直ちゃん、彼氏の大浦くんなど少し変わっていても優しく佐和子を見守ってくれている素敵な家族との当たり前な毎日を描いた物語です。私が今まで読んだ小説の中で一番主人公の気持ちを理解することができた本でした。共感できるところや感情が一致するところがたくさんあり、読んでて飽きない本でした。

  • 8月

    やっぱり瀬尾さんの作品は好き。
    「今日からお父さんは、お父さんを辞めようと思う」という一文から物語は始まる。この家族はみんなバラバラで、でもつながっている。瀬戸さんは、シリアスな問題を抱えている題材をよく用いるが、そのシリアスさを微塵も感じさせない説明や、物語構成が良い。今回も、自殺未遂をした父、ノイローゼみたいになって家出をしている母に囲まれて育った兄と妹。シリアスなのに、穏やかさすら感じさせるのは、瀬尾さんならでは。

    うーん、でも突然死んでしまったのは悲しい。

  • 強運の持ち主が大好きで、瀬尾まいこ作品を読みたいと思って買った本。その影響で、めちゃくちゃハードルを上げすぎてたので、期待には応えてくれなかった。ただ、予想しなかった方向に展開していくストーリー、瀬尾さんの独特な優しい文章はクセになる。

  • えーと、何て言ったらいいのか、これ、いいんですか?まあ、家族の再生と主人公の成長ってことでしょうが、なんだか全ての設定が嘘くさく、上滑りで、言葉も出ない。
    父が自殺未遂とか、彼氏が突然の事故死とか、衝撃的過ぎる割りには深みも奥行きのある描写もないため、読者を驚かせるためのつくりものにしか思えない。
    瀬尾まいこってもう少しましなものを書く人だと思っていたため、二重の衝撃。
    この本で一番良かったのは、合唱でクラスが揉めるところで、こういうのはとても上手いと思う。リアルだ。さすが教師。こういうシーンを積み重ねて、地味でもいいから丁寧な物語を作ったらいいのに。そういう作品も書いているし。
    そんなにセンセーショナルなことは求めないから、瀬尾まいこに。湊かなえじゃないんだから。
    でも、日頃あまり読まない中高生には面白いのかな。わからん。

  • 最後には納得がいかない所もあったけど、とても読みやすく、キャラクターの個性が愛らしく、可愛い作品でした。

  • 朝が来て
    朝ご飯を食べて
    家族のそれぞれが
    それぞれの時間を過ごし
    帰る家に帰ってきて
    夜のご飯を食べて
    自分の寝床で眠る

    この物語に仕組まれた
    そんな当たり前ではない家族の状況が
    読み進めていくうちに
    当たり前であるとはどういうことなのだろう
    当たり前であることの「幸せ」とはなんだろう
    当たり前とは なにをいうのだろう

    そして
    当たり前である「幸福な食卓」の意味が
    読む者にしみじみ伝わってくる

全684件中 1 - 25件を表示

幸福な食卓 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

幸福な食卓 (講談社文庫)に関連するまとめ

幸福な食卓 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

幸福な食卓 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幸福な食卓 (講談社文庫)の作品紹介

佐和子の家族はちょっとヘン。父を辞めると宣言した父、家出中なのに料理を届けに来る母、元天才児の兄。そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンド大浦君がいて…。それぞれ切なさを抱えながら、つながり合い再生していく家族の姿を温かく描く。吉川英治文学新人賞受賞作。

幸福な食卓 (講談社文庫)の単行本

幸福な食卓 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする