新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫)

  • 1365人登録
  • 3.61評価
    • (108)
    • (199)
    • (319)
    • (15)
    • (3)
  • 191レビュー
著者 : 宮尾登美子
  • 講談社 (2007年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (417ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062756846

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 大河ドラマは見ないので、真っ白な状態で読みました。
    強い女性の話が読みたくて選んだんですが
    読み進む内に気づいたんですが、賢く優しい
    女性の話でしたね

    どの人物も実によく作りこまれていて、特に母のお幸や
    幾島が素敵です

    家定との独特の関係に揺らぐ篤姫の無意識のうちの
    度量の大きさゆえの優しさに感服。
    我が身をふりかえり反省しきり…
    篤姫のような人は本人は無言で何もしなくても
    気づいたら中心にいたりする人物なんですよね
    いつも可憐な宮崎あおいちゃんとイメージが正反対…。

    あまり時代小説は読まず歴史エッセイばかり
    読んできたので、人名でちょっと苦労しましたが
    時代小説も面白いなあと気づかせてくれました

    即下巻へGO!

  •  薦められて一気に読破。手元に置いておきたくて購入。
     歴史、それも江戸末期がこれほど面白いとは!とかく、男の視点で語られる歴史を、女の視点から見ると、こんなにも面白いのか!
     宮尾登美子さんの筆の力も大きいのでしょう。読み応えがありました。
     私の歴史スイッチを軽々とONにした作品です。

  • 大河ドラマの原作となった宮尾登美子の著作。島津家の分家から島津斉彬の養女、近衛家の養女を経て十三代将軍・徳川家定の御台所となりし篤姫の半生が上巻。十四代将軍に一橋家の愚昧な慶喜擁立を図る大奥派の老中・阿部正弘が39歳でみまかり、アンチ大奥派の堀田正睦が後任となるも大奥の陰謀に敗れ、紀伊派の井伊直弼が大老に就任せり。ペリーとの日米和親条約の後、ハリスが来日せし時、日米修好通商条約を如何にせむと思案せし折り、家定の次が聡明たる十四代・紀伊慶福(後の徳川家茂)とのお定めあり。家定との継嗣生まれず、慶喜擁立せむとする島津斉彬の密命を果たせず、窮地に立つ篤姫の運命や如何に。下巻に続く。

  •  林真理子「正妻」からのリンクで本棚に入れる。
     倒幕から明治維新、激動の時代を生きた13代将軍家定の妻篤姫。薩摩藩今和泉家に武士の娘として生まれ、18歳で藩主島津斉彬の養女となり、一橋家慶喜を次期将軍にとの密命を受けて江戸城に送り込まれる。公家にせよ武家にせよ、上流社会の結婚はほぼ政略婚。恋愛感情など感じるまもなく結婚させられ、婚家に入るともはや実父母に会うこともままならない。ましてや将軍の正室ともなると自分の時間などありもしない。トイレに行くとき寝るときにまで見張り番がついているそうな。男子禁制の大奥は女性ばかり3000人の大所帯。贅沢三昧の日々とはいえ、自分勝手にできる時間などかけらもない。部屋の端に寄って庭を眺めるとこともとがめられたとある。ほんと武士って上下関係やしきたりがめんどくさそう。
     体とおつむが弱いという家定は「おわたり」も少なかったが、寝床を共にしても男女の行為に至ることは決してない。(そんな時にも控えの間にはおつきの者が…)そんな薄~い関係でも夫婦の絆はお互いに感じていたはず。同じ敷地内に居ながらにして病気の夫を見舞うことも、死に目に会わせてもらうこともできなかったのはさぞ無念なことだったかと思う。
     そしてこの小説の見どころ(読みどころ)は十四代将軍家茂の正室和宮との確執。自分の実母を京都から江戸に連れてきて大奥内に住まわせているその甘ったれぶりと、何かにつけ公家流京都方式で生活しようとする和宮にきりきりする篤姫は大奥関連小説の大スターだ。
     しかし、崩れかかっている徳川家をなんとかして守りたいという意気込みは男子以上だ。さすが武士の娘、根性が違う。天下を取った新政府の薩摩藩から戻ってこないかという誘いにも乗らず、お金に困ってるはずなのに島津家からの年三万両の申し出も断り、徳川をつぶした人たちの情けは受けないというまさに武士の中の武士。江戸城明け渡しと同時にさっさと京都へ戻った和宮とは根本が違う。
     身も心も徳川に忠誠を尽くす篤姫にとって、部下を捨てて逃げてきた慶喜のことは相容れられないのでしょう。幕府を崩壊させたのは慶喜のせいだと思っているし、家茂は慶喜に暗殺されたと信じて疑わない。徳川宗家の人間は決して慶喜の一族と婚姻関係を結んではならぬとの遺言を残し、48歳でこの世を去る。
     篤姫が亡くなった翌明治17年、家族令が定められ、日本の華族に公侯伯子男の称号が贈られた。徳川宗家は筆頭の公爵、三家(水戸、尾張、紀伊)三卿(田安、清水、一橋)もそれぞれ侯、伯を受け、慶喜の四男は男爵となった。…そして話は「元華族たちの戦後史」(戦後の華族没落史)へと流れていく。
     

  • 綿密な資料駆使ですばらしい。

  • 感想は、下巻で。

  • 初めて読んだ宮尾登美子さん作品。大河ドラマは見ていませんでしたが、面白かったです。
    大奥のドラマでの菅野さんのイメージがありましたが、まっすぐで純粋な篤姫の成長過程は宮崎あおいさんでぴったりだなあと思い直しました。
    2016.08.21

  • はなから世継を持てないと分かっていながら家定の正室を命ぜられたのは明らかに陰謀。女としての悦びを考える間もなく大奥の統括を任され、水戸と紀州の確執に翻弄され、ハリスからは矢のような通商要求。
    かつて多くの女帝がいた。北条政子という将軍に代わって実権を握った女もいた。しかし篤姫ほど日本という国家の命運と哀しみを背負った女性はいただろうか?その思いを自分が知ってる幕末史に重ね合せると、下巻を読む前から涙が止まらない。

  • 学生時代の思い出の一冊。

  • 年上の女性から、一気に読むほどの面白さといわれたが、すごくつまらなかった。

    篤姫は篤姫なりに頑張っているのだけれど、結局時代背景的に女性の活躍の余地は小さく、箱庭の中でこちょこちょとしている感じ。和宮に対して、嫁に行った家の為に生きろと押し付けがちな部分は、全然新しくなく、むしろ和宮の方が現代女性に近い気さえする。そして主演を演じた彼女、浮気をして離婚とは皮肉。

    先日、黒田家の宝物展に行ったら、思いがけずタイムリーに篤姫の晩年の竹の絵を見た。墨の濃淡だけで書いた、男らしい作品で、骨太な女性だったんであろうとこの作品より素直に思えた。

    無理やり、女性が活躍していない時代に、女性を主人公にした話はいらないと思った。

  • 大河ドラマの配役、よかったと改めて感心

  • 2015.2.7
    大奥の政治介入。女性は怖いね。
    徳川家と島津家の間で葛藤する篤姫。
    日本の最高軍事責任者である家定の本音、弱さ。それを優しく包容する篤姫。
    家定の弱さというか、女々しさが印象的だった。同情します。

  • 江戸時代末期の徳川家。篤姫は九州薩摩の藩士の娘で、13代将軍家定に嫁ぎ、江戸城の3千人の女中を統べた。お姫様の言葉遣い、嫁入り道具や髪型や着物、娯楽やお手洗いなど、当時の文化がとても興味深かった。また、江戸末期の徳川幕府と天皇家との関係について読むのも面白かった。一番感心したのは、和宮のお嫁入りの道中で、同じサイズの鯛を毎日調達して食べさせたというくだり。
    天皇の妹で京都の生活を忘れられない嫁との不仲があったようだが、明治維新後に和解し、ほんわりとしたラストになっている。
    この本を読んだのが、大河ドラマの後だったので、主役の宮崎あおいさんの印象が強くて、常に彼女の顔が浮かんだ。
    長い小説だが、読んでよかった。お勧めしたい。

  • 大河ドラマの「篤姫」は、私の中では人生ベストドラマです。
    とてもはまりました。
    その原作を、時が満ちて、やっと読み始めました。
    サントラを聞きながら読んでいるので、各シーンも思い出されて、感動!
    「篤姫」素晴らしい女性です。

  • 幕末の動乱の中を生き抜いた一人の女性「天璋院篤姫」。今で言えば高校生くらいの時に生家を離れ、養女として藩主斉彬の下で暮らし、江戸城へ嫁ぐ。
    嫁ぐというよりは嫁がされたというのが正確かもしれない。篤姫自身も嫁いでから、江戸城に嫁ぐまでの出世が、どんな意味を持っていたのかを知る。
    つまり…養父の斉彬の密命のために、形式的な結婚であった。篤姫は江戸城にスパイに入ったようなものだった。

    この時代の女性は、旦那様と幸せに暮らし、特に子供をたくさんもうけ、子孫繁栄を願う人が多かったと思います。篤姫もこの時代としては非常に賢い女性だったが、幸せになりたい気持ちは、誰とも変わらないものを持っていたと思いました。スパイだと知った時の悲しさ、夫と交わりのない暮らし、御台所としての責任・・・
    本当に篤姫にとって結婚して何が幸せだたのだろうかと、ホンのページをめくるたび思いながら読みすすめました。

    上段は継子問題で苦しむ篤姫のところで終わりです。自分が後継を産めないことを心底悩む様子がひしひしと伝わってきました。

  • 大河になった篤姫原作。
    下巻に。

  • 最近和宮の話を読んで、それが公家言葉で難しかったせいか、こちらはすごく分かりやすく感じる。もちろん完全に理解できてるわけじゃないけど。
    篤姫は賢いばかりでなく気遣いの人なんだなあ。
    家定の体調のことを知った上で斉彬がこの結婚をさせたのだとしたら、優しそうな笑みの裏に冷淡な顔があったのかなと思ってしまう。
    女の使い道とはそういうものであったのかもしれないが。。

    「この行列は陸続と続き、先頭が江戸城へ入ったあとでも、後尾はなお渋谷邸を出発しておらず、早朝から日没まで毎日毎日、人を送ったあとは調度品送りとなって、都合六十五日間続いたという」(P273)
    どんだけすごいの!?

  • 上下巻…読了!
    NHK大河ドラマの篤姫の原作なだけに、面白い︎
    登場人物もあおいちゃんとか堺さんとか、
    キャストに当てはめてしまうから、
    イメージも掴めるんだけど、
    言葉が見慣れないから、
    じっくり読んでたら結構時間かかりました。
    幕末って、今まで、新撰組、坂本龍馬、長州藩、会津藩…とか色んな見方をしてきたけど、
    色んな立場や考えが入り混じってて、
    知れば知るほど面白い︎!
    今回は幕府、大奥からだったけど、
    篤姫のふるさと薩摩側や西郷隆盛から見たらどうなんだろうとか、
    最後の将軍、慶喜って何を考えてたんだろうとか、
    また興味が湧きました~。

    大河ドラマの篤姫は堺さんが死んじゃうとこ観たくなくて、
    その手前で観るのやめちゃったけど、
    これを機に最後まで観たいと思いました~。

  • 18歳で藩主斉彬の養女となった篤姫は、薩摩島津家分家に生まれた学問好きな姫であった。その才覚、器量を見込んだ斉彬は画策の末、篤姫を13代将軍家定の正室として江戸城に送り込んだ。形ばかりの結婚に耐え、病弱な夫を支え将軍御台所として大奥3000人を見事に統べる篤姫には、養父斉彬の密命が…。

    講談社文庫(2007.03)

  • 外様大名の分家筋のお姫様が御台所として出世を果たし、大奥を統べ滅びゆく徳川幕府を賢明に支えていった篤姫の生涯の物語。こう書いてしまえば、至極あっさりであるが、なにせ権謀術策が複雑に絡み合う幕府中枢のお話であり、故に奥といえども簡単ではない。まずもって、何故島津の姫が御台所にというとこから何やらきな臭い。そして、へたな中小企業の社員数より多い大奥の女を統率することからして難問である。上巻は島津斉彬より受けた密命により世継を水戸藩の息がかかる慶喜にするのか、はたまた自分の直感を信じて幼少ではあるが家定とするか、出身母体と嫁ぎ先のそれぞれの理で揺れる話が印象的である。

  • 再読で、ちょっと読めた感じ。
    こっちの時代ものは私には読みにくいなぁ。

  •  今更、大河ドラマの「篤姫」を見始めたので、補強する目的で読みました。映像を見てから文を追うからか、単語は難しいけれど、理解しやすかった!

  • この本を読もうと思ったのは先日「和宮様御留」という本を読んで、その中でちらっと篤姫様の名前が出てきたから。
    和宮様は意地悪をされてたと書かれてるけど、本当はどんな人なんだろう?と興味をもちました。

    篤姫様は薩摩藩島津家の分家に生を受けました。
    優しい両親と養育係のもと、すくすくとまっすぐな気性に育った篤姫。
    勝気で利発、だけど目下の者に優しく正義感の強い篤姫は周りから慕われます。
    やがて篤姫は島津本家の養女となり、そこで新しく自分のお付きとなった老女、幾島と対面。
    家来なのに自分に何かと指図する幾島に篤姫が反発を覚え、思わず幾島を「こぶ」と呼んでしまうところは笑えました。(幾島の顔には大きなこぶがあった)
    その後、篤姫は時の将軍、家定のもとへ嫁ぎます。

    こんな感じで上巻は篤姫の生い立ちと結婚してからの事が書かれてました。

全191件中 1 - 25件を表示

新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする