ひとは情熱がなければ生きていけない(勇気凜凜ルリの色) (講談社文庫)

  • 266人登録
  • 3.39評価
    • (6)
    • (33)
    • (62)
    • (2)
    • (1)
  • 28レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 講談社 (2007年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062756914

ひとは情熱がなければ生きていけない(勇気凜凜ルリの色) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者のエッセーは、ノスタルジーと博打打ちの性に満ちている。
    エッセー「霞町物語」でオーティス・レディングの「ドック・オブ・ザ・ベイ」が青春期のBGMと書いてあったので、早速YouTubeで聴いてみた。読書しながら語られている風景や音楽に直接触れられるなんて、便利になったよなぁ。

  • 情熱を持つことの大切さを、著者のウィットな言い回しで伝えてくれます。
    「訓練は誰にも等しく厳しいものであるが、苦痛を苦痛とのみ感ずる人間と、苦痛の中に歓喜や矜持を見出す人間とが明らかにいる」(P26)、「軍隊は、死なない、落ちこぼれない、脱落しないことが重視される底上げの教育。一方、一般社会の教育というのは、突出して優秀な人物をつくろうとする、引っ張り上げる教育」(P179)、印象に残る一節でした。

  • 浅田次郎という作家が好きで読んでみたんやけど、作風とはかけ離れた人物像が逆に新鮮やった。
    自分を理解して、自分を使い分けることができる人間やったら、小説家でなくても、世をうまく渡っていくんやろな。

    ただ、自衛隊の話とか三島由紀夫の話とかは、若干押し付け感があった(笑)

  • 浅田次郎が好きでもっと尊敬したいと思って読んだのに、こんなにひょうきんな人だったのかと驚いた。書くより話すのが得意、自衛隊で活躍、アパレル起業で成功、文学では20年間苦労、ラスベガスで散財…。笑けました。

  • 三島由紀夫に会った、いや「遭った」だけなのに…。とか、ラスベガスの事とか…対して知りもしないのに、全てを悟った気になって日本でベラベラしゃべってるんだろーなーと思うと…少し残念な気持ちになった。
    例えば村上春樹が走ってるところを目撃して、村上春樹の小説を全部読んでるからといって、村上春樹を理解したと勘違いなんか絶対しないと思うけどなー。

  • 浅田さんの本当にライトなエッセイ。
    浅田さんの独自の考察がエピソード交じりに本当に分かりやすく書かれていて、大変読みやすいし、お借りしたい言葉もたくさんある。
    こういう人物が日本文学のトップランナーにいる事を本当に嬉しく思います。
    真ん中辺りに母校の駒場東邦での講演が収録されていますが、これ高校時代に聞けたら自分も少しはマシな大学生活を送れたんじゃないかとw さくっと読めちゃうので、ちょっとした空き時間にぜひ。

  • 浅田さんの勇気凛凛ルリの色が好きで、今回も手にとりました。ひとつひとつは短いのに、ハッとさせられる言葉に必ず出会うのがすごいなぁ。と思っています。

  • 出張帰りの飛行機の中で読了。
    作者の小説家としての成功後のエッセイ。
    今度、三島由紀夫を読み返してみよう。

  • 寂寞の庭は三島由紀夫じゃない 誇張

  • Kodama's review
    ただただ題名に目が引かれ、本屋さんで手にした一冊ですが、想像していた趣とは異なっていました(笑)。が、とっても楽しく読めました。浅田次郎さんの人となりがわかる一冊でした。(11.04.08)
    お勧め度
    ★★★☆☆

全28件中 1 - 10件を表示

浅田次郎の作品

ひとは情熱がなければ生きていけない(勇気凜凜ルリの色) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ひとは情熱がなければ生きていけない(勇気凜凜ルリの色) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひとは情熱がなければ生きていけない(勇気凜凜ルリの色) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひとは情熱がなければ生きていけない(勇気凜凜ルリの色) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひとは情熱がなければ生きていけない(勇気凜凜ルリの色) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ひとは情熱がなければ生きていけない(勇気凜凜ルリの色) (講談社文庫)の作品紹介

いつかきっとと熱望しながら回り道をして小説家になった著者。遊びも仕事も生活も、当代のベストセラー作家は何を指針に生きてきたのか?ダンディズムの父、映画女優のような母が教えてくれたこと。後輩たちに伝えておきたいこと。痛快エッセイ"勇気凛凛ルリの色"シリーズに連なる、浅田ファン必読の書。

ひとは情熱がなければ生きていけない(勇気凜凜ルリの色) (講談社文庫)はこんな本です

ひとは情熱がなければ生きていけない(勇気凜凜ルリの色) (講談社文庫)の単行本

ひとは情熱がなければ生きていけない(勇気凜凜ルリの色) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする