黄昏の百合の骨 (講談社文庫)

  • 4222人登録
  • 3.75評価
    • (412)
    • (614)
    • (730)
    • (57)
    • (9)
  • 423レビュー
著者 : 恩田陸
  • 講談社 (2007年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062756945

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 麦の海の続編ですね。麦の海の学生達も凄かったけれど、今度の理瀬を取り巻く人間達も凄い!

    あっちの世界に片足を入れながらも、まだ年相応の少女らしさが残る理瀬はもどかしい。亘もなんですが、完璧じゃないキャラクターはこの物語では貴重。いい味というか立ち位置というか。ヨハンとパートナーになった理瀬も見てみたいですね~。

    篠田さんの解説も素敵でした。

  • 三月は深き紅の淵を 麦の海に沈む果実 のシリーズ本です。麦の海に沈む果実で主人公だった理瀬が主人公出てきます。私は三月は深き紅の淵をで恩田陸のファンになったのですごく楽しかったです。この本を読む前に三月は深き紅の淵を と麦の海に沈む果実 をよんどいたほうがいいですよ。但し少し癖があります、、、。

  • 理瀬が学園をでたあとのお話。

    恩田さんの長編は、オチがいつも残念だなと思うんだけど、これはしっかりまとまっていてよかった。あとをひくような次につながる感じもあって、続編がたのしみ。シリーズものだし、もちろん前作の『麦の海に沈む果実』があってのこの『黄昏〜』だけど、ミステリーとしてはこっちの方がおもしろかった。

    記憶がもどった理瀬がブラックで、稔も性格わるくて、とてもいい。黎二や雅雪のような善の側の人物が、ダークな理瀬のなかにしっかり残ってるのも切なくていい。

  • 恩田ワールド、どんでん返しの結末まで目が離せない。シリーズ本を読まなくては!

  • そうか、一応シリーズものだったのか。と読み終わってから気付いた。
    共通した登場人物はいても、一つのミステリーとして完結していて、シリーズがどうだとかはすっかり意識の外に追いやられていた。
    誰がどこまでを知っていて、なにを知らないか。語り手を変えながらも各々の読めない思考に心をざわつかせながら、あっという間のラストだった。
    やはり女性目線の思考が鋭くてリアルだ。

  • 待望。

    すぎて、物足りなさも。
    はやく続編を!

    この作品は、実写化などと無粋なことになりませんように。と願いつつ、理瀬ができる女優さんを探している、、

  • 「麦の海に沈む果実」の続編。

    長崎が舞台になっていて、親近感。
    丘の上に立つ、海が見える家。
    その風景が、なんだか懐かしさを感じる。

    「麦の~」と同様、ストーリーが進むにつれて、誰を信じればいいのか分からなくなる。
    主人公の理瀬も何を考えているのか、たまに分からないし・・・
    不安の中を読み進めていくのが、このシリーズの楽しみ方だと思う。

  • 強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母二人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探るうち、周囲で毒殺や失踪など不吉な事件が起こる。将来への焦りを感じながら理瀬は―。

  • 昔よんだものの内容をすっかり忘れてしまっていたので再読。
    高校生が主人公の恩田さんの話はやっぱり面白い!

    普段の表情の下に隠されたどろどろした感情、腹の探りあい、そういったものにゾクッとさせられました。
    恋愛感情も絡めているので、どちらかというと男性より女性の方が好きな話なんじゃないかな?

  • 序盤はあんまりかなぁと思いましたが、終盤に向けて面白さが増量でした。

全423件中 1 - 10件を表示

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)に関連するまとめ

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)のKindle版

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)の単行本

ツイートする