中国の歴史 近・現代篇(一) (講談社文庫)

  • 56人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (5)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 陳舜臣
  • 講談社 (2007年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062757034

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

中国の歴史 近・現代篇(一) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 日清戦争後から日露戦争あたりまでの時代。後半は日本などの周辺で活動していた革命家たちが中心。西太后の権力亡者ぶりと、先の見えなさはどうしようもないない。同時代の人間はさぞかし暗澹としたことだろう。

  • 義和団事件から辛亥革命前夜まで
    中国再生、清朝打倒をめざす革命家たちの物語

  • 甲午の役(日清戦争)での敗戦からの近・現代史。
    朝廷では変法を望む光緒帝(帝派)と、そうはさせじと実権をにぎる西太后(后派)が牽制しあう。
    外では康有為と孫文、それぞれのカリスマが革新に向けて奔走する。前者は上書を繰り返しあくまで上から変法を目指す保皇派、対して後者は士大夫以上の者とは繋がらず秘密結社を終結して地方を押さえながら清朝そのものを覆そうと目論む革命派で、対照的な両勢力の台頭は小説を読んでいるみたいにドラマチックである。そのあたり小説家・陳舜臣が書いているだけあって、主観が反映されている部分が気にならなければ歴史教科書としては読みやすさで最高の部類。

    義和団事件の発生は中国人のメンタリティーを思うと想像に易い。
    キリスト教の布教が許されている中で排外的な結社・義和団が過激な仇教運動を起こし、多くの人が死ぬ。もっとも信教者のなかには施しだけが望みでまともでない悪質な者も少なからずいたし、特別待遇をうける教会に対する民衆の反発は大きかった模様。西太后が義和団を支持したことで混乱は激化。集団ヒステリーが起こる。それを宣戦布告として諸外国が北京へ侵攻…という流れ。
    国が民衆を煽った結果のコントロール不能、外圧の激化。というのは今も見られる。

    西太后は世界史上最も長期間一国の頂点に君臨した女性らしい。義和団事件の危機にしても自分で蒔いた種であるが、失脚を免れる手腕と執念は異常。
    2008.12.20

全3件中 1 - 3件を表示

中国の歴史 近・現代篇(一) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中国の歴史 近・現代篇(一) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中国の歴史 近・現代篇(一) (講談社文庫)はこんな本です

中国の歴史 近・現代篇(一) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする