逆ろうて候 (講談社文庫)

  • 32人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (0)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 岩井三四二
  • 講談社 (2007年8月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062757256

逆ろうて候 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 一流ではなく中小企業の部長クラス、というイメージ。信長嫌いもここまで徹底すると潔いかもしれないが、何故か武将の覚悟というより自己中心っぽく見える不思議。

  • 斎藤家臣であった日根野弘就が主人公の物語です。斎藤家を滅ぼした信長を恨みながら、信長と戦うために転々としますが、そのほとんどが信長によって滅ぼされるという悲劇。反骨心をもって時流に抗い、偏屈なまでの自尊心を見せますが、それだけの実力には欠けているような。同じく斎藤家滅亡後に主家を度々変えた可児才蔵と比べると、この小説で描かれている弘就の生き方は身の丈に合っていないように感じますね。しかし、主家滅亡後の浪人はえてして弘就のような人生を送ったのかもしれません。その意味ではこの弘就像は、生々しさをもって読者に迫ってくるように思えます。

    読了日 2009年7月

全2件中 1 - 2件を表示

逆ろうて候 (講談社文庫)はこんな本です

逆ろうて候 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする