カモちゃんの今日も煮え煮え (講談社文庫)

  • 75人登録
  • 3.48評価
    • (3)
    • (6)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 鴨志田穣
制作 : 西原 理恵子 
  • 講談社 (2007年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062757812

カモちゃんの今日も煮え煮え (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ●第一章
    戦場に赴くためには尻の穴をある程度制御できるような体質にならないといけないらしい。
    ●第二章
    カメラを壊してしまった時、戦時下の国に行くのは自己責任だから全額保証できないと主張する保険会社に対して、自衛隊はどうなんだと言い返す鴨志田さんが素敵。
    ●第三章
    鴨志田さんの理想とする「夏の日本娘像」が可愛くて吹いた。
    ●第四章
    鴨志田さんによる愛人を作ろうとする友人に対する助言が秀逸。奥さんをスケベにする為には旦那も頑張らなきゃいけないよね。それが嫌ならヤリヤリだった女を嫁にもらうべし。処女性とインランは両立しない。
    ●第五章
    見所は
    なべちゃんのマゾっぷり
    ゲッツ板谷さんのおかまへの考え方
    ハックのチキンぶり
    オカマとの乱行
    ゲッツさんとカモちゃんの中学時代の武勇伝
    ●第六章
    やるせない話。
    ●第七章
    西原理恵子さんの買った家に居づらくて、某小説家(多分伊集院静さん)に「我々は間借りしてるようなもんだから」と言われて納得する鴨志田さんが可愛い。

    とんでもない人間性の人だけど、どこか憎めない鴨志田さんの魅力がたくさん詰まった本です。

  • カモちゃんに惹かれて読んたけど、いまいち(笑)

  • <>世の中は自分とまったく違った生き方、考え方をした人だらけ。そんなことわかってる、けどなお「こういう人がいるのかあ」と思うことってたまにあるよね。

  • 下ネタだらけでちょっと読むのに抵抗を覚えるときもあるけど、鴨志田さんの視点が低く低く面白い。

  • 「アジアパー伝」と一緒にまとめて読んじゃいました。

全5件中 1 - 5件を表示

カモちゃんの今日も煮え煮え (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カモちゃんの今日も煮え煮え (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カモちゃんの今日も煮え煮え (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

カモちゃんの今日も煮え煮え (講談社文庫)はこんな本です

カモちゃんの今日も煮え煮え (講談社文庫)の単行本

ツイートする